2018年10月22日月曜日

Bash on Windows10 のGUIアプリケーション

ごく普通の使い方をする範囲においては
もはやPCのOSなどなんでもいいと思ってます。
プライベートのメイン環境はMacで、
e-TAXや年賀状印刷など困ることもありますが、
日常では特に不都合なく十分です。
仕事の事務的なことはいろいろあって
Windowsを使わざるを得ませんが、
開発系の作業はUbuntuで、むしろこちらをメインとし、
どうしてもWindows環境じゃないと困ることにだけに
Windowsを使っています。
まあUbuntuで常時使っているGUIアプリケーションは
ウェブブラウザのChromeぐらいなもので、
あとはターミナルを大量に開いてCUIでなんとかしています。
テキストエディタもvi(vim)を多用しています。

そんな私なのでbash on Windowsが利用可能になっても
コンソールでbashが使えればそれで満足で
わざわざGUIアプリケーションを動かしたいとも
思っていなかったのですが、
しばらく前に[X410]なるXサーバーがWindows10のストアで
期間限定の大幅値引きで売られているのを知り、
興味をそそられてしまいました。
リモートのLinux上のGUIアプリケーションを手元のPCで操作
せざるを得ないようなことは稀にあるので、
そういう場面で役に立つ可能性も。
ということでとりあえず体験してみることに。
[ストアアプリ]で[X410]を検索し、
購入などすればいいだけの簡単インストールです。

あらかじめbash(on Ubuntu on Windows)上で
$ sudo apt install x11-apps
を実行してとりあえずテストするためのGUIアプリケーションを入れ、
[X410]を起動した上で
$ export DISPLAY=127.0.0.1:0.0
$ xeyes
を実行するといつもの目玉が表示されました。ちょー簡単。
月並みですがxlogoとかxcalcが動くことも確認し、
どうやら使えそうと判断して購入に踏み切りました。
そう言えばWindowsのストアで買い物するの初めてですね。

ストレージの肥やしになるだけの可能性は大ですが、
大安売りなのでよしとしておきましょう。
先行投資が後で超絶役に立つのもよくあることですから。

2018年10月18日木曜日

Nintendo 3DSの3Dボリュームが切れない

手元にある遊ぶゲームが枯渇してきたNintendo 3DS
それでもとあるゲームのログインボーナスをもらう程度には
毎日立ち上げていたりします。
ところがしばらく前から常に立体視状態で平面表示できなくなって…
立体視が有効な奥行きを生かしたタイトルならともかく、
何かが浮き出て見える程度の使い方だと立体視は邪魔で、
通常OFFにしていたのですが、
OFFにできなくなって見にくいことこの上ありません。

おそらく3Dボリュームが壊れただけで、構造的に取り替えは簡単、
つまり修理代は高くはないと思われますが、
約1年前にも修理してもらった3DSをまた修理に出すほどの
モチベーションはもはやなく、
見にくいのを我慢して使っていました。

ところが修理しなくても何とかなる別の方法を
ひょんなことから見つけました。
子供用の制限設定で立体視を無効にできるのです。
ということで早速設定です。

3DSのトップメニューで[本体設定](スパナアイコン)を開き、
[保護者による使用制限]メニューを選択します。
すでに使用制限がかかっているなら
[制限する項目を選ぶ]を開けばいいのですが、
そうでない場合は[設定する]をタップし、
案内にしたがって[暗証番号(4桁)]と
パスワード忘れ対策の[秘密の質問]の設定、
それに緊急時用のメールアドレスの登録
(任意、設定時インターネット接続が必要)を行います。
この直後は制限がもっともきつい状態になっているので
各項目を手動で緩めます。
その中で[3D映像の表示]項目を[制限する]にしておけば
3Dボリュームの操作は無効で、立体視にならなくなります。
ただ立体視で楽しみたいゲームだってあるでしょう。
しかし各ゲーム起動時にダイアログが出て[2Dではじめる]と
[3Dではじめる](要パスワード認証)が選べるので
わざわざ設定から変えなくてもよく楽です。

あとどれぐらい使用するか分からない3DS、
修理対応期間は相当長いと予想されるので、
また別の何か壊れて修理に出したくなったときに
一緒に直せばいいかなと。
安心の任天堂アフターサポートです。

2018年10月17日水曜日

ミライノ カード GOLD

とんでもなく大昔、香港在住だった頃の話。
香港はまだ偽物に寛容(?)で、
屋台でシャネルのバックのコピーとか平気で売ってました。
そんな中にあって、ルイ・ヴィトンとロレックスだけは
屋台街でテーブルの上に商品の写真を置いて商売しており、
実際に買ったことないのでよく分かりませんが、
購入を決めるとどこかから偽物を持ってきて渡してくれたようです。
何かが来たらすぐ逃げられるようにするためですね。
そんな経験もあって、数あるブランドの中でも
ルイ・ヴィトンとロレックスは私の中では別格のイメージがあります。
ちなみに同じ時期、タイに旅行したときのこと、
タイではさらに寛容(?)で、ルイ・ヴィトンの偽物が
ちゃんとした店でも屋台でも普通に売ってました。

さて、そんな偽ブランドの財布のカード入れには
大抵グリーンのアメリカンエキスプレスを模した
紙のカードが入っており、さらに高級感を演出していました。
ということで私にとってアメリカンエキスプレスは
憧れのクレジットカードとなりました。
実際社会人になるときにアメリカンエキスプレス(緑)を契約し、
若い頃の一時期、年会費の割引が適用されている間
アメリカンエキスプレスのゴールドカードを常用していましたが、
ガチの年会費を払うのはさすがに辛く、結局退会してしまいました。
それ以来使うクレジットカードと言えば、
年会費無料な通常カードばかりです。

前置きが長くなりましたがいよいよ本題へ。
先日取引のある銀行からゴールドカードのインビテーション、
じゃなくてただのDMが届きました。
[ミライノ カード GOLD]についてです。
最初特に関心はなかったのですが、内容を見て興味を抱きました。
海外/国内旅行時の保険が自動付帯されるのです。
内容もなかなか良さそうです。
年会費は3000円ほどかかりますが、
保険代と割り切っても大して高くはありません。
このご時世、ちょっと旅行しても何が起こるか分かりませんからね。
ということでオンラインで契約したのですが…
職場に在籍確認の電話がかかって来ました。ウザい。

ところでカード受領後規約で確認すると、
国内旅行に関しては、公共交通機関利用時の事故、
宿泊先での事故、パック旅行中の事故が保険適用対象のようで、
自家用車での日帰り旅行については
どのパートもカバーされないようです。
保険目当てで加入される方があればご注意ください。

話は変わりますが、ゴールドカードの定番特典には
空港ラウンジの利用があり、
実はこちらにもちょっと期待していたのですが、
利用可能なのは海外のいくつかのJCBラウンジのみの貧弱さです。
まあゴールドとは言え激安な奴なので仕方ありません。
たとえトランジットで数時間待ちとかなっても、
辛抱強く待てばいいのです。場合によっては立ったままで。

2018年10月16日火曜日

SUITS日本版

普段視るテレビドラマといえば海外(欧米)ドラマか
日本の2時間サスペンスな私ですが、
今月から月9でやっているSUITSにはちょっと興味があります。
というのもこれ、オリジナルは米国ドラマなのです。
最新シーズンも視てました。
先クールにも海外ドラマを元とするグッド・ドクターがあり、
こちらは結局1話も視なかったものの、
SUITSはちょっと視たいかも。
ということで第1話を視てみたのですが…

私が本家の第1話を視たのは相当昔で、
なんとなくしか覚えていないのですが、
月9はストーリーもキャラクタも本家に沿っているように見えます。
どうやらガチのリメイク+αのようです。
ただ普通の弁護士ドラマとして視たとき、
メインストーリーに法律の話がほとんど出てこなかったのはどうかと。
私が何か見逃したのかと録画していたのを見直してしまいました。
強いて言えば詐欺と脅迫?どっちも不法行為ですけど。
まあ本家もそういう部分はありますし、踏襲しているんでしょう。
あとは第1話だからと割り引いておきましょう。

そんな感想を抱きつつ、第2話も視てみたところ、
本格的にガチのリメイクのような気がしてきました。
やはり本筋はオリジナルを踏襲しています。
フォーマットだけ頂いて脚本はまったくの別物ということではないよう。
内容もSUITEっぽくてなかなかおもしろかったです。まあ当たり前。
まあ原作をよく知っているだけにキャスティングや演技に
結構な違和感は感じはしました。
しかし日本版はシーズンいくつまで作ることを前提としているのか。
ともかく、月9で興味を持った視聴者が本家を視るため
WOWOWに大量加入とかなると、株主としては大変有難い。

他に気になるとすれば弁護士事務所の制度が
完全に米国流なところでしょうか。
私は米国弁護士物は古くはアリー my Loveから視ており
何となくシステムは掴めていますが、
これ視聴者置いてきぼりなんじゃないかと。
それに門外漢なので日本のそれがどうなのか知りませんが、
現実に即してないように思えます。
ガチのリメイクならそうせざるを得ないのでしょうけど。
日本の弁護士事務所といえば、先生がいて、イソ弁がいて、
調査員がいて、真犯人を見つけて冤罪を晴らす…
って、2時間ドラマの視過ぎか?

2018年10月15日月曜日

ルートゾーンKSKロールオーバー

インターネットを黎明期から支えるDNS。
DNSサーバが配信する情報の正当性を保証するDNSSECも
始まってから相当時間が経過しています。
その正当性の保証の鍵となるルートゾーンKSKの更新は
いろいろな事情から延び延びとなってきましたが、
日本時間2018年10月12日深夜1時、
ついに史上初のロールオーバーが実施されました。
といっても大多数の方にとっては何も影響はありません。

私は借りているVPSでDNSサーバを運用しており、
主には権威DNSサーバとして使用しておりますが、
リゾルバとしても機能しており、
リゾルバとしてはDNSSECも使える設定にしているので、
一応当事者ということになります。
特に変なことをしていなければうまく動いてくれるはずですが、
更新前日VPSにログインして
# dig +dnssec jprs.jp @127.0.0.1
とか実行してみると、結果の"flags:"に"ad"が付いており、
問題なくDNSSECできているようです。
ちなみに"/var/cache/bind/managed-keys.bind"には
古い鍵(key id = 19036)と新しい鍵(key id = 20326)の
両方がすでに登録されており、きっと問題はないはずです。

そしてロールオーバー後、同じコマンドを実行して、
同様の結果が得られていることが確認できました。
動かなかったらどうしようかと心配していましたが、
杞憂に終わりなによりです。

2018年10月11日木曜日

Pokémon GOのウルトラボーナスの成果

3週間の苦行がようやく終わりました。
Pokémon GOのウルトラボーナスのことです。
フレンドから送られてきたギフトを開いてときどきもらえる
7kmたまごを実際に7km歩いて孵すことで、
地域限定のポケモンが生まれるかもしれないキャンペーンです。
私が是非欲しかった北米限定の[ケンタロス]は
わりと早期にゲットできたのでそれで止めてもよかったのですが、
[ケンタロス]たくさんいたらいいなという能天気な思いつきと、
プレミアムレイドパスの在庫がなくなって欲しかったところに
ちょうどハイパーボックスが買えるコインがたまり(完全無課金で)、
その中にスーパー孵化装置が含まれていたという要因もあり
そのまま継続し、キャンペーンの延長もあって
この3週間ほどとにかく歩かされるハメになりました。
まあその甲斐あって[ケンタロス]×3匹ゲットできました。
よかったよかった。

ところでこのキャンペーン期間中に7kmたまご39個を孵化させました。
まだ判別可能な状態なので詳細を記録として残しておくことにします。
なおイベント開始は9月14日で、この日に開けたギフトから有効です。
以下孵化した日付と生まれたポケモンを羅列します。

9/16 サンド(アローラのすがた)
9/17 ケンタロス
9/18 ロコン(アローラのすがた)
9/20 ディグダ(アローラのすがた)
9/22 ニャース(アローラのすがた)
9/22 ロコン(アローラのすがた)
9/23 イシツブテ(アローラのすがた)
9/23 ディグダ(アローラのすがた)
9/24 サンド(アローラのすがた)
9/25 ディグダ(アローラのすがた)
9/25 ロコン(アローラのすがた)
9/26 モンジャラ
9/26 ガルーラ
9/27 イシツブテ(アローラのすがた)
9/27 バリヤード
9/28 カモネギ
9/28 ベトベター(アローラのすがた)
9/28 イシツブテ(アローラのすがた)
9/29 ポリゴン
9/29 ベトベター(アローラのすがた)
9/29 ディグダ(アローラのすがた)
9/30 ガルーラ
9/30 ケンタロス
イベント延長後に孵化
10/1 ガルーラ
10/2 ケンタロス
イベント延長後に受け取ったたまご
10/3 ディグダ(アローラのすがた)
10/3 バリヤード
10/3 イシツブテ(アローラのすがた)
10/4 ベトベター(アローラのすがた)
10/4 バリヤード
10/5 イシツブテ(アローラのすがた)
10/6 カモネギ
10/6 サンド(アローラのすがた)
10/6 ニャース(アローラのすがた)
10/7 カモネギ
10/7 ニャース(アローラのすがた)
10/8 イシツブテ(アローラのすがた)
イベント終了前に孵化
10/9 サンド(アローラのすがた)
10/11 ディグダ(アローラのすがた)

集計すると
コラッタ(アローラのすがた)×0
サンド(アローラのすがた)×4
ロコン(アローラのすがた)×3
ディグダ(アローラのすがた)×6
ニャース(アローラのすがた)×3
イシツブテ(アローラのすがた)×6
ベトベター(アローラのすがた)×3
カモネギ(地域限定)×3
ガルーラ(地域限定)×3
バリヤード(地域限定)×3
ケンタロス(地域限定)×3
モンジャラ×1
ポリゴン×1
となります。統計的に綺麗になっているのが気にはなります。
後半に意図的な調整が入ってるとか?
まあユーザー目線で調整が入るのならむしろ歓迎です。

2018年10月10日水曜日

蝶のマーク

前回自動車の運転免許更新時に受けた講習で、
蝶のマークについての話がありました。
これは運転者が聴覚障害者であることを示すマークです。
聴覚障害者については、昔は免許が下りなかったそうですが、
現在はルームミラーを大きくする等一定の条件を満たせば、
運転することができるのだそうです。
私自身は「聴」と「蝶」のダジャレで何となく記憶にあったのですが、
あまり知られていないようで、
そういえば街で見かけたことはありません。

そんなある日、駐車場から出てくる車を前に入れてあげると、
蝶のマークがついているではありませんか。
リアウィンドウ越しに見えるルームミラーは確かに巨大です。

また別のときに信号待ち時に目の前の車に
蝶のマークがついていました。
しかし、ものすごい勢いでとばしており、
特にスタートダッシュはまるでレース。
こういうのは耳が聴こえる聴こえない以前の問題ですが、
大丈夫なのか心配してしまいます。

最近は住宅街を正気かと疑うようなスピードで
走る車を見かけることが結構ありますし、
安全機能が充実しているのをいいことに
以前に比べ運転マナーが悪化しているようにも感じます。
私も他人のこと言えない部分はあるにしても、
常に安全運転を心がけようと誓うのでした。

2018年10月9日火曜日

Synergyで入力デバイス共有

今や複数のPCを同時に扱うことは珍しいことではありません。
とはいえそれぞれのPCに別々のマウスとキーボードをつけていると
机の上がキーボートとマウスだらけになってしまいます。
1台のPCにつないだマウス・キーボードで
ネットワークで繋がる他のPCを操作できるソフトウェアは昔からあり、
Windowsマシン同士なら以前紹介したこともある
MIcrosoft純正のMouse without Bordersがあります。
これだとまるでマルチモニタ環境のように複数PCを扱えます。
WindowsとMacの間で共有を実現できる
Mouse without Borders for Macなるものも存在し、
多くの場合ソフトウェアのインストールで共有が実現できます。
ではLinuxとは?
残念ながら最近までLinuxで対応できるソフトを私は知りませんでした。
そういうときに便利なのがUSB切替器で、
つないでいるUSBデバイスを2つのPCのうちどちらに接続するかを
切替器のボタンで切り替えられるハードウェアです。
ソフトウェアの介在しないハードウェアなので、
Nintendo SwitchPS4のような専用機でも使えます。
ただ使い勝手はMouse without Borders等よりは劣ります。

が、最近知ったのが[Synergy]。
こいつならWindows、Mac、Linuxで横断的に
マウス・キーボードを共有できます。
現在は有料ソフトのようですが、昔のバージョンは無料で使えるようです。
ということで早速Windows-Linuxを旧バージョンでつないでみます。
なお今回はUbuntu 14.04側の入力デバイスで、
ネットワークで繋がったWindows10を操作してみます。

まずはUbuntu 14.04にSynergyをインストールします。
# apt-get install synergy
の実行でバージョン1.4.12がインストールされました。
ランチャー上端の[コンピューターとオンラインリソースを検索]で
"synergy"を探し、起動すると設定ウィンドウが表示されます。
利便性を高めるため、このときランチャーに登録しておきます。
何もしなければOS起動時に自動起動してくれないので、
ランチャーから起動できるようにしておくのがいいでしょう。
なお起動すると画面右上にsynergyのアイコンが現れ、
こちらから[Show]メニューを選ぶことで先の設定ウィンドウが開けます。
Ubuntu上で設定ウィンドウを開き、
[Server]を選択して[Start]ボタンをクリックし共有開始です。
ですがまだ準備中ですので、慌てないように。

次にWindowsにsynergyをインストールします。
ここからダウンロード可能です。
ちょうどUbuntuに入れたのと同じバージョンの
1.4.12 BETAがあるのでこれをダウンロードし、インストールします。
セットアップ中に設定で[Client]を選択し、
通信内容の暗号化方式を選定します。
有線のローカル接続なら[Disable encryption]でも構わないでしょうが、
打ち込んだパスワードが丸見えになるので、適切に判断ください。
私はとりあえず[Disable encryption]にしました。
続いて設定するのは[Server IP]。
前述のUbuntuマシンのIPアドレスを設定します。
[Apply]を押すと共有が開始されます。
ただしまだ準備中、慌てないように。

この状態でUbuntuの設定ウィンドウの[Log]欄を見ると、
WARNING: unrecognised client name "<マシン名>"
のようなエラーが表示されているのでこの[マシン名]をメモしておきます。
ここで一旦[Stop]で停止し、[Configure Server...]を押して
[Server Configuration]ウィンドウを開き、
2台のPCの画面の並びを意識しつつ
右上のモニタのアイコンを升目のどこかにドラッグ&ドロップし、
追加されたモニタアイコンをダブルクリックして
[Screen Settings]ウィンドウを開いて、
[Screen name]に先にメモしたマシン名を設定すれば完了です。
再び[Start]すればUbuntuとWindowsをマルチモニター環境の様に
Ubuntu側のマウス・キーボードで操作できます。

とりあえず触ってみた範囲では致命的な不都合はなさそうで、
マウスのスクロールホイールも使えます。
それにクリップボードの共有もしているのか、
マシン間の文字列のコピー&ペーストも可能です。
ただし共有を有効にしていると、
サーバー側のUbuntuでマウスポインタの位置によって
ポインタの画像がうまく切り替わらなかったり、
Chromeブラウザ上のコンテンツでマウスオン時に
本来表示されるティップが表示されなかったり、
クライアント側のWindowsでマウスポインタが表示されない、
さらには[電卓]キーのようなあまり見ないキーは押しても無反応
といった細かい不具合はあります。
しかし総じて大変便利で、これなら金払ってもいいレベルですね。
まあとりあえずフリーで使い続けますけど。

2018年10月8日月曜日

Windows10で実行できない

とある実行形式(拡張子exe)のファイルを
Windows10上でダブルクリックしたところ、
指定されたデバイス、パス、またはファイルにアクセスできません。これらの項目にアクセスするための適切なアクセス許可がない可能性があります。
とか言われてしまいました。なんじゃこりゃー!!

で、ネットで対応策を調べていて見つけたのが
Microsoftのサポートページだったりするんですけど、
話はもっと簡単なのでした。

実は前述のファイル、Windows10上のcygwinのbashコンソールから
sftpでLinuxサーバよりダウンロードしてきたファイルで、
さらに元をただせばLinux内のブラウザでインターネットから取ってきたもの。
"ls -l"で確認してみると実行権限が立っていませんでした。
Windowsでもちゃんと見てるのね。
というわけでWindows10のbash上で
$ chmod 700 <実行可能ファイル>
で許可を与えると無事立ち上がりました。

まあ最初からWindowsのブラウザで落としてくれば
こんな問題に出会わなかったのでしょうが、
事情というのは色々あるので。

2018年10月4日木曜日

変なSIMのプラスチックタイプ

しばらく前に購入したものの未だ使う機会のない変なSIM
前回購入したのは貼るタイプでしたが、
半額期間のうちにということでプラスチックタイプも購入しておきました。
スマートフォンはもはや複数台持ちが当たり前ですから。
でも渡航予定があるわけでもないんですけどね。

貼るタイプはこれまで見たこともない形でしたが、
プラスチックタイプはごく普通のSIMカード。
クレジットカード状の台紙から抜き取って使い、
海外でプリペイドSIMなんかでよくある
くり抜く大きさを変えることで各種サイズ
(標準/マイクロ/ナノ)に対応できる優れものです。

貼るタイプでは2層になっているSIMカードのどちらを使うのか
専用のアプリケーションで切り替えますが、
プラスチックタイプは物理的に入れ替えることになります。
トレー抜き出し用のピンがないと取り替えられない場合がありますし、
取り出したSIMカードをなくさないように注意する必要もあります。
そこは欠点になりますが、SIMカードの厚さが
標準のままだと抜き差し時の安心感につながります。
それに貼るタイプは一旦貼ってしまうと
SIMカードの組み合わせが固定されてしまいます(貼り直せる?)が、
プラスチックタイプだとその辺自由に運用できます。

ところで現在同じH.I.S.アカウントで購入した
変なSIMを2枚所有していることになり、
SIMカード自体がアカウントに紐付いているとは思わないものの、
購入した通信量のSIMへの適用にはちょっと不安があります。
一度試してみたいのは山々ですが、
何しろ海外に行く予定が全くないもので、
動作チェックはずいぶん先になるでしょうね。
SIMカードが無効になる3年以内には
どこかに行きたいとは思ってますが、
果たしてどうなることやら。

2018年10月3日水曜日

クロックスっぽいもので小指が助かる

近年寒い時期を除いた家の周囲での活動時、
クロックスっぽい前面完全防備サンダルを
履くことが多いのですが、先日これに助けられました。

ある日外を歩いていてコンクリートの角に足が当たり、
もしつま先オープンのサンダルだったら足の小指を強打して
地獄の苦しみを味わっていたところを、
前面クローズのサンダルだったため蹴躓いた程度で済みました。
かなり前に何の気なしに購入したサンダルですが、
今後サンダルを買うときにはつま先クローズ第一で選ぼうと
無言で誓う私なのでした。

その一方で問題も。
中に入り込んだ小石は脱がないとなかなか出てくれません。

2018年10月2日火曜日

Nintendo Switch Online 有料化

2018年9月19日、ついにNintendo Switch Onlineが有料化されました。
まあここ1ヶ月ほどNintendo Switchを起動してませんし、
オンラインが必要なゲームも遊んでないので、
今年末から来年頭にかけて7日間無料体験してみようかなと。
加入中遊べるファミコンゲームも、正直いつもの顔ぶれなので、
それまでには変り種が増えていることを期待しています。
個人的には横スクロールシューティングの古典[グラディウス]に
興味はありますが、ファミコン版はなぁ~。
[グラディウス2]が遊べるようになったらすぐ加入します。

2018年10月1日月曜日

Gmailの新UIは使いにくい

しばらく前にGmailのウェブブラウザのUIが新しくなって、
一画面で見渡せるメールの数が減ったもので
個人的には使いにくいと感じていたのですが、
解決方法を見つけました。

[設定]メニュー([歯車]アイコン)から[表示間隔]を開き、
[ビューの選択]で[最小]を選ぶとマシになります。
新UIへの移行の時、[ビューの選択]で
特に何も考えず[デフォルト]を選んでいたのが敗因ですね。
ちなみに英語版だと[Settings]メニュー([歯車]アイコン)から
[Display Density]を開いて
[Choose a view]で[Compact]を選ぶ手順となります。

ただこれでもまだ違和感があって…
慣れの問題でしょうが。

2018年9月27日木曜日

新世紀エヴァンゲリオン

大昔、テレビを付けたとき偶々
テレビアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の途中の回の
再放送をしており、それを視て非常に引き込まれたため
それから最終話までずっと視たのですが、
実は最初の方の回は未だ視たことがなかったりします。
その後も再放送がなかったわけではないのですが、
気付いた時にはすでに話数が進んでいたり、
かと言ってわざわざDVDを購入して視ようとも思わず、
結局ほったらかしとなっておりました。

ところが先日、WOWOWを視ながら寝落ちして、
夜中の変な時間に覚醒したところ、
なんと10月4日の深夜から「新世紀エヴァンゲリオン」を
放送するとのCMが目に飛び込んできました。
翌朝目が覚めてから調べてみると、
10月4日から毎週木曜日の深夜1時から4話ずつ
まとめて放送するようです。
この機会に人生の忘れ物をサルベージしてみることにします。

余談になりますが、ジョジョの奇妙な冒険 第5部アニメ版
この10月から放送開始となります。
地上波では放送局はかなり限られるので、
全国的にはBS11(10月5日(金) 25:30~)が頼りとなりますが、
ネット配信のAbemaTVでも視られるようです。
便利な世の中になったものです。

2018年9月26日水曜日

直流連系

先日の北海道胆振東部地震による北海道全域のブラックアウト
当時の状況の解析が進んでいろいろと明らかにはなってきましたが、
区分開閉器か何かで特定地域を見捨てつつ
運転予備力を機能させて立ち直りかけたものの、
需要が急激に大きくなりすぎて待機予備力の発動までの時間が稼げす、
切り離せる地域もなくなって発電機を守るため負荷遮断せざるを得なくなり、
結果ブラックアウトになったということみたいです。

そもそも発電所の運転は需要実績等から前日までに運転計画をつくり、
瞬間的な需要増には水力・火力のガバナフリー余力を用い、
それで対応できないようなら運転予備力として対応に10分程度かかる
揚水発電の起動や部分負荷運転中の水力・火力の出力上昇を行い、
待機予備力が起動するまで頑張ることになるのですが、
待機予備力はバランス停止中の火力だったりするので
発電までに数時間はかかります。
今回のような事態を救うとなると、
運転予備力をべらぼうに確保しておくような運用が必要になるでしょう。
それは効率面から考えるといい方法とは言えません。

そういう効率の悪さをカバーするために広域連系が行われるのですが、
今回ケースでは北本連系が直流送電であることが仇となって
融通不能な状態に陥ってしまいました。
ただ直流送電には明確な利点があり、ちょっと調べて見たところ、
長距離海峡間送電は直流送電が主流のようです。
欧州での北海を囲む電力融通も直流送電のようです。
建設が予定されている北本連系の二系統目も直流送電のようです。

ところで直交変換のために使われているデバイスはサイリスタで、
大昔に大学で電力関連の講義を受けていたときに、
東京電力と中部電力の間にある周波数変換所で使われている
サイリスタの実物を見せてもらった記憶があります。
小さめの漬物石のような大きさと重さで、
天地面が全面電極となっており、これを上下に重ねて柱状にし、
その柱を何本も並べて大電力を制御するとのことでした。
制御用のゲート端子は側面に空いた小さな穴で、
光ファイバーを突っ込むみたいな話だったような気がします。
そのサイリスタ単体にしてもDRAMの製造技術を応用し、
気が遠くなるような数のサイリスタ素子を集積して
大電力に対応するんだとか。
ずいぶん昔に聞いたことなので記憶があやふやです。
歳はとりたくないものです。

2018年9月25日火曜日

Pokémon GOのフレンド親密度アップのタイミング

先日Pokémon GOのフレンド制度では、
フレンドに気を使わねばならないことがあると書きました。
その中で親密度アップ時のXP受け取りタイミングについて
ちょっと調べてみました。
以下間違っている部分があるかもしれませんし、
未来永劫正しいとは限りませんので、
参考程度に読んでください。

さて、フレンドになって毎日ギフトを送りあっていると、
30日で[親友]、90日で[大親友]となり、
その際50000、100000などという大きなXPがもらえます。
これは進化マラソン並、以上のXPであり、
[しあわせたまご]の使用対象になり得ます。
ということでうまく[しあわせたまご]の効果中の30分に
合わせたいのですがこれがなかなか。
実際に相手と会って、または電話やチャットで
確認しながら手順を進めるのが無難です。
スマートフォンはPokémon GOのプレーに忙しいので、
遠隔でコミュニケーションをとるなら
PCのブラウザでGmailを開いてハングアウトでチャット
というのがいいかもしれません。

さて、実際の手順ですが、
前日ギフトのやりとりなど行って
「あと1日一緒にプレイして親友に!」の表示
を見たらお互いにもう何もしないのがいいでしょう。
当日になって相手からギフトが届く、
または前日届いたギフトを前日に開かず当日に持ち越し、
そのギフトを開くと自分と相手が同時にXPゲットとなります。
ギフトをこちらから送る方が早かった場合は
相手が開くと自分と相手が同時にXPゲットです。
ちょっと面倒ですがお互い幸せになれますよ。

なお以上は間違っているかもしれませんし、
ゲームの仕様変更により正しくなくなる可能性もあります。
参考程度と考え、実施はくれぐれも自己責任でお願いします。

2018年9月24日月曜日

地アナの跡地利用

最近届いたハガキに
2018年9月20日(木)以降、
ご使用中の
テレビの映像が乱れる
可能性があります。
なるショッキングな文章が。
内容を確認すると[700MHz利用推進協会]なる団体からのお知らせで、
携帯電話網が700MHz帯を利用するようになることで
テレビの受信環境に影響与えるかもしれないとのことです。
総務省のこの発表の話ですね。

2011年7月の地デジへの完全移行により、
それまでテレビ放送に使っていたUHF帯が空き、というか空け、
現在LTEのバンド28(28A/28B)として携帯電話向けに利用されていますが、
どうやら私の住む地方でも使い始めるということのようです。

私の使っているスマートフォンではHuawei P10 lite
alcatel IDOL3もこのバンドに未対応なので
恩恵には預かれそうにないようにもみえますが、
対応しているiPhone等がそっちに避けてくれると、
今までのバンドにも余裕ができるのでこちらも改善される
と期待しておきましょう。

ちなみに700MHzが吹き出し始めても
我が家のテレビには特に影響はないようです。

2018年9月20日木曜日

電卓が一個だけって

最近電卓を使うことってほぼないのですが、
PCやスマートフォン上の仮想電卓、
つまり[電卓]アプリケーションにはお世話になっています。
三角関数や16進数も扱えて大変便利です。
個人的にはWindowsはバージョンが上がる度に
[電卓]が使いにくくなっていて、
できればXPの頃のに戻してほしいんですけどね。

さて、仮想電卓の何がいいって、
たくさん立ち上げて複数の計算を同時にできることです。
数値のコピー&ペーストで条件を変えての計算など、
テキストエディタ等をスタックとして使わなくても、
できることが広がって使いでがあります。

ところで、現在常用しているUbuntu 14.04にも
[電卓]アプリケーションがあり、ダッシュボードに登録して
必要な時簡単に起動できるようにしているのですが、
これがちょっと問題ありなんですよね。
アイコンをクリックすると1つの[電卓]アプリケーションが
立ち上がるのですが、その後もう一度クリックしても
既に立ち上がったものにフォーカスが移るだけで
2つ目が起動してくれないんですよね。

しょうがないのでシェルから
$ gnome-calculator &
を連発してたくさん立ち上げていますが、
なんとかならないものかな。

2018年9月19日水曜日

ケンタロス、ゲットだぜ!

2018夏のイベントラッシュの最終局面を迎えているPokémon GO。
現在開催中のウルトラボーナスで私が狙うのは[ケンタロス]のみ。
フレンドから送られてくるギフトからときどき出てくる[7kmたまご]の、
期間中にもらった分を孵化させると、低確率ではありますが、
第一世代(カントー地方)の地域限定ポケモンが生まれるとのこと。
該当するのはカモネギ、ガルーラ、バリアード、ケンタロスです。
このうち[カモネギ]はアジア限定であり、よって日本で捕獲可能。
[ガルーラ]は豪州限定ですが昨秋のイベント時に日本でも出現してましたし、
[バリアード]は欧州限定であるもののやはり昨秋のイベント時に
局地的に出現しており、これらは既にゲット済みです。
残った北米限定の[ケンタロス]だけは未ゲット。
正規に日本で入手できるチャンスはこれが最初です。

ということで期間開始後、まずはたまごを1つ孵したところ、
今はいらない[アローラロコン]。
ネットを見ると地域限定ものはかなりの低確率らしく、
[ふかそうち]を入手して数打たないとダメかと考えていたちょうどその時、
孵った2つ目で[ケンタロス]ゲット。超ラッキー。
ついに第一世代コンプリートです。2年強かかりましたね。
まっ、あとは地道に1つずつ孵して[ケンタロス]の2匹目が出れば
フレンドと交換してあげればいいかなと。確率的に困難でしょうけど。

ところで、Pokémon GOのフレンド制度。
ソロでしか遊ばない私にとってソーシャル化は
あまり望むところではないのですが、
ゲーム内でチャットできるわけでもないですし、
1日1回[ギフト]を送り合うという緩いつながりでしかないので
まあいいかと思っていたのですが、
今回のように[ギフト]でしか手に入らない[7kmたまご]が
イベントのキーを握っていて、かつ[たまご]は9つまでしか持てず、
捨てることもできないので、うまく空きのある時に
[ギフト]を受け取らねばなりません。
そうなるとどうしてもこちらの都合で受け取りタイミングが決まります。
かと言って相手も受け取りタイミングを自分の都合で調整したいはずで、
そんなことを考えているといろいろ気を使って疲れます。
いわゆる[ソーシャル疲れ]ですね。
またフレンドレベルが上がる([親友]から[大親友]等)際に
もらえるXPが非常に大きかったりするので、
[しあわせたまご]を使用するタイミングを調整するのも
相手のことを考えなければならないケースもそれにあたります。

開発・運営のナイアンテック社には、
そんな気疲れをしなくて済むような改善を望みます。
前述の[たまご]の件なら、手持ちの[たまご]を捨てられるようにするとか、
[ギフト]に[たまご]が含まれているかあらかじめ確認できるようにするとか、
今後[7kmたまご]がキーとなるようなイベントはしないとか。
ただ運営側からすると[ふかそうち]が売れると儲かるので、
希望が叶えられるのはなかなか難しそうです。

2018年9月18日火曜日

ポケとるが終わった

Nintendo 3DSで3年半、スマートフォンで3年コンスタントに遊び続けてきた[ポケとる]。
今年2月に収束の兆しが見え、実際7月には更新が終わったっぽく、
運営側からはほったらかしになっているようですが、
先ごろようやく両方共に全てのポケモンをゲットできました。
最後まで残ってたエクストラステージのデオキシス(スピードフォルム)と
ゲンシグラードンの難易度は鬼ですな。
必要なポケモンのレベル上げをしつつ、
地道にコインを稼いである程度貯まったら
アイテム投入して挑戦を繰り返していたので
恐ろしく時間はかかったものの無事無課金でのゲットとなりました。

あとはやり残しているミッションカードでも遊ぶかなと思いつつも、
いよいよ3DSで遊ぶゲームがなくなりそうです。
どうやら退役の時が近づいているようです。
まあ持ち運ぶ荷物が減るのはいいんですけど。

2018年9月17日月曜日

SUICAが読めない

地方に住んでいるとSUICAを使用する機会はあまりないのですが、
たまに都会に行って電車等に乗り、
後で使用履歴を見たいことはあります。
これまではあまり意識することなく、
スマートフォンのau isaiで読み取っていましたが、
こいつは最近退役させたところです。
で、現在メインで使っているHuawei P10 liteにSUICA読み取りソフトを
インストールしてみたところ、何だか動作がおかしい。
そこで[設定]アプリケーションを開いてみるも
NFCに関連する項目がない。
あせってスペックを調べてみるとなんとNFC非対応。
ついでに調べると後継機種のP20 liteも同様に非対応。
マジかよorz

しかし私にはサブで使っているalcatel IDOL3がある。
こいつはNFCに対応してる。と思ったのですが、
NFCには対応しててもなんとFelicaには対応してない。
何てこったいorz

いざとなればisaiを一瞬使うことはできますし、
Windowsで使えるFelicaリーダーも持っているので
大きな不都合ではないにしても、まさかの展開で唖然。
今度スマートフォン買うときNFCのスペック確認は必須ですな。

2018年9月13日木曜日

化け猫か?

先日夜中の住宅街を歩いているときのこと、
目の前を猫が横切って行きました。
いや、見たのはシルエットだけだったので猫と思しきもの、
と言った方が正確でしょう。

特に気にすることもなくそのまま通り過ぎたのですが、
直後に背後からこの世のものとは思えない鳴き声が聞こえて来てビビリました。
発情期っぽい猫の鳴き声だったのですが、
あまりにも予想外の声だったため暫く震えが止まりませんでした。
もう心臓に悪い。
って、あれって猫だったんだよな?

2018年9月12日水曜日

Outlookのメールアドレス

GmailをはじめとするGoogleのサービスに対抗できるとすれば、
やっぱりMicrosoftのかな、とは思うものの、
個人的にはあんまり有効活用できていないんですよね。
それは未だに私のアカウントがhotmail.comドメインだからです、
きっと。(いや絶対違う。)

ということで、今更感はあるものの、
outlookドメインのアカウントを取得してみることにしました。
ログインページで[作成]リンクから手続きを進めるのですが、
ここで驚いたのが未だに"hotmail.com"が選べること。
まだ現役だったんですね。まあ今回はそれはやめといて、
"outlook.jp"と"outlook.com"のを作ってみることに。
まあどちらも同じだろうと思っていたら、結構違ってました。
それぞれでセットアップ時のUIが違ったりします。
それに"outlook.jp"では本人確認は携帯電話のSMSで行いますが、
一方"outlook.com"ではSMSの他にメールでも可能です。
この違いには何か事情があるんでしょうね。

この本人確認システムはパスワード忘れ時の対応含め、
きちんと設定しておかないとひどい目にあうことになりますが、
SMS認証だと海外にいるときに受信できない可能性がありますし、
契約解除で電話番号を失うこともありえます。
もちろん携帯電話・スマートフォン・SIMカードの紛失・盗難も。
ということで、"outlook.jp"でもメール認証できるように
しておくのがベターです。

方法はログイン後のメールが表示されているページで、
右上のアバターから [マイアカウント]メニューを開き、
[プロファイルの編集]を選びます。
その後開いたページで[プライバシー]タブをクリックすると、
初回はウィザードに従って操作することになります。
それは置いておいて、[セキュリティ]タブの
[セキュリティ情報の更新]の[更新情報]ボタンを押し、
現れたページで[セキュリティ情報の追加]によって
メールアドレスを登録することができます。
登録すれば次回認証が必要な時に、
SMS認証とメール認証が選べるようになります。

安全性はSMS認証のほうが高そうではありますが、
メール認証の方が安心感があります。
ただよく考えてみると、一般の方は生涯継続して使える
メールアドレスをそもそも持ってないことも多いんですね。
携帯電話やプロバイダのメールアドレスなんて、
契約が終われば消えてなくなりますし、フリーのメールアドレスだって、
サービスが終わる可能性はゼロではありません。
私の場合は、ドメイン維持費用やサーバ費用、
あるいは会費を対価とするメールアドレスをいくつか持っていますが、
出身大学(というかGoogle)が提供してくれる
ランニングコスト完全無料のメールアドレスを1つ持っています。
最悪これで何とかなるはずです。
まあこれだってその出身大学がつぶれるとか、
Googleがつぶれるとか、そうでなくてもサービスをやめるとか、
リスクがないわけではないものの、
今のところ安泰の度合いは十分に高いでしょう。

2018年9月11日火曜日

高速バスの事前購入チケットは現金で払う

買い物は電子マネーかクレジットカード。
学生でなくなった時からの私の習慣です。
近所のパン屋や、小さい病院(診療所)など
現金しか受け付けてくれないところもありますが、
行きつけの大病院は数年前から
クレジットカードがつかえるようになり、
普段大きな現金を持ち歩く必要性は皆無です。
もちろん旅行などのときはある程度持っていきますよ。

さて、以前高速バスのチケットをあらかじめ数日前に
クレジットカードで購入したものの、
当日荒天のため運休となったことがあったのですが、
これの払い戻しが面倒で…
支払い時にもらったレシートや購入に使ったカードが必要で、
普段レシートをぞんざいに扱っている私としては、
お金を取り戻すのに家探しするハメに。
以後、運休等の可能性のある交通機関のチケットを
事前に購入する場合はなるべく現金を使うようにしています。
金額が大きい場合や国際航空便はは例外ですが。

国を挙げてキャッシュレスを推進している昨今、
返金が簡単になるような考慮もお願いしたいものです。

2018年9月10日月曜日

NFL 2018年シーズン開幕

日本におけるアメリカンフットボールの印象は
5月の日大選手による悪質タックル問題やら、
先日の米国でのeスポーツ大会での銃乱射事件やらで、
すっかりネガティブになったような気がしますが、
アメリカンフットボールの最高峰NFLのレギュラーシーズンが、
今年もやっと開幕しました。

さて、私は一応デンバー・ブロンコスのファンということにしてはいますが、
実際には毎年応援するチームを替えており、
大体昨シーズン弱かったけど今年はなんだかいけそうなチームや、
なんとかなって欲しいチーム、
あるいは大都会よりは田舎(と言っても大都市)を本拠地とするチームを
応援することが多いです。

で、今年はどうかというと、
ブロンコス、カージナルス、ジェッツ、ラムズあたりかなと。
特にジェッツは良さそうなQBをゲットして、
反撃のシーズンになりそうな気がしてます。
まあでもペイトリオッツが相変わらず強そうで。
高齢QBブレイディは今年も元気っぽいです。

2018年9月6日木曜日

北海道が地震で停電

今月に入ってからも台風21号、北海道地震と、
日本各地で自然災害が多発しております。
被害に遭われた方々にはお見舞い申し上げます。

さて、今回の北海道地震では北海道全域で停電となりました。
原子力発電所は元より全て停止中でしたが、
火力も全て停止したとのこと。
これは1ヶ所の火力発電所のダウンが引き金の波及事故のようです。
まあ、他の発電機に負荷がかかり過ぎて脱調し、
どうしようもない事態に陥ってうまく緊急停止できた
といった方がいいのかもしれません。
それでもそれが全域まで拡大したとなるとやはり事故です。
こうなると頼りになるのは水力発電所。
実際北海道内の水力から電力を火力に送って
火力の再起動を試みているようです。
水力ならとりあえず水車を回せればなんとかなるものの、
汽力発電では最初に何らかの電力がないと、
何かを燃やして発電できる状態まで持っていけません。
発電機単体にしても同期機では励磁用の電力が必要で、
誘導機だとそもそも単独運転が困難だったりします。
電気主任技術者3種の資格保持者の私ですが、
発電所の運用など参考書で読んだことがある程度で、
詳しいことは知りませんし、
前述の話も何か間違ってるかもしれません。あしからず。

ところで、本州-北海道間は直流連携されています。
現最大送電容量は60万kWで、これは東京電力-中部電力間の
3ヶ所の周波数変換所の合計容量(120万kW)の半分です。
決して小さくはありませんが、
これは大型火力発電機一機分程度に過ぎません。
送電系や配電網が無事なら本州からの融通分で
かなりのことはできるのでしょうが、
ニュースを見ていると北海道側の
直流から交流へ変換する施設が停電のため動かないようで、
であれば交流連携だったら違った展開になったのかもしれません。
しかしもし交流連携だと本州側まで被害が伝搬した可能性も。
万全な策などないということですね。

ところで、なぜ直流連携なのかの理由を北海道電力が解説しています。
素人向けなので一読してみてはいかがでしょうか。
基本的には系統の短絡容量を小さくするのが目的ですね。

2018年9月5日水曜日

Windows10をプロキシサーバに

Windowsじゃないとつないじゃダメなネットワークがあって、
その中にソースコードバージョン管理のためのsvnサーバがあり、
しかしビルドはLinuxじゃないと無理、
しかもWindows上の仮想マシンではパワー不足で、
Ubuntu on Windowsも導入不可能という
禅問答かと思えるほどのソフトウェア開発環境があるとして、
順当なのはWindows上でsvnサーバからチェックアウトし、
何らかの方法でLinuxにコピーする、
あるいは逆方向でコミットするという手順となります。
面倒くさ過ぎだしパーミッションの管理が地獄です。

そこで横着大好きの私が編み出したのはWindows上に
プロキシサーバーを構築することです。
幸いにもWindowsマシンとLinuxマシンは
それぞれ2つのNICを持っており、それぞれ1つずつは
普通の通信用に別々のネットワークに接続されていますが、
残ったポート同士をローカルでつないでいるのです。

大昔にやむにやまれずWindowsでプロキシサーバーを
立てたときには仕方なく安い商用ソフトを使用した記憶がありますが、
今調べてみるとLinuxの定番プロキシSquidのWIndowsバイナリが
落ちているではありませんか。便利な世の中になったものです。
早速新設なサイトから[squid for Windows]のインストーラーを
落としてきてWindows10にセットアップ。
特に問題も起こりません。

設定ファイルは"C:\Squid\etc\squid\squid.conf"です。
見本に沿ってプロキシ依頼を許可するクライアントのIPアドレスを
acl localnet src 192.168.1.0/24
のように記し、svnサーバにアクセスできるよう
acl SSL_ports port 443
acl Safe_ports port 80
acl Safe_ports port 443
acl CONNECT method CONNECT
程度の設定を施し、
待ち受けポート番号は覚えやすい"8080"が好みなので
http_port 8080
にしておきます。
あとはWindowsを再起動すれば確実に変更が反映されています。

Linux上のsvnクライアント(subversion)の方はと言うと、
すでに動作していることを前提とすれば、
設定ファイル"~/.subversion/servers"で、
[global]
http-proxy-host = <プロキシサーバのIPアドレス>
http-proxy-port = 8080
のようにしておけばプロキシ経由となります。
これならわりと快適です。

2018年9月4日火曜日

イーブイがエーフィじゃなくてシャワーズに…

まだまだ遊び続けているPokémon GO。
特に急いでレベルを上げようとしているわけではなかったのですが、
6月初旬にレベル38となってからわずか3ヶ月弱しか経っていない
9月2日にレベル39に上がりました。
今夏の怒涛のキャンペーンラッシュが効いてます。
トレーナーレベルの上限は現時点で40ではあるものの、
これはもはや名誉レベルで、今後上限開放があったとしても
おそらく状況は変わらないでしょう。
ということで必死なXP稼ぎはもうするつもりはありません。
ただ[しあわせたまご]があと2つ残っているので、
今週末のファイアーデイで有効に消費しようと思ってるところです。

ところで、目下の目標は[セレビィ]のゲットということで
スペシャルリサーチをコツコツ進めているのですが、
ここで事件が起きました。そのリサーチタスクの中に、
イーブイを昼間エーフィに進化させる
なるものがあります。
攻略サイト等によると、これは任意の[イーブイ]を相棒に設定し、
10km歩いてアメを2個拾わせ、ゲーム内時間の昼間に
その[イーブイ]を相棒にしたまま進化させることで
[エーフィ]に成りタスク達成となるとのことです。
ちなみに夜進化させると[ブラッキー]に成ります。
で、私もその通りにしました。
しかし結果誕生したのは[シャワーズ]orz
どうやら画面上部に
GPSの信号をさがしています(11)
と赤く警告されている時は[エーフィ]や[ブラッキー]には成らないよう。
マジかよ。わり高個体値・高CPのイーブイをつぎ込んだのに…
皆さんもこうならないよう気をつけてください。
進化はGPSがバリバリに入るところで。
って、スマートフォンをHuawei P10 liteに替えてから
GPSの感度が悪くなったような気が…

さて、せっかくなのでここで私のPokémon GOのトレーナーコードを
公開してみることにします。[3991 4117 5075]です。
ただしこのコードをいつ無効にするか分かりませんし、
プレーに関して何も約束できません。
その辺りご理解の上申請ください。
とりあえず海外在住の方は大歓迎です。

2018年9月3日月曜日

Androidの気温が華氏

普段特に気にならないものの猛暑の今夏は気になった気温。
知ったからといってどうなるものでもなく、
実際に暑くなったらエアコンで涼しくする等、
結局は都度対応になりがちですが、
予想最高気温が37度とか言われると外出はよそうなんて気にもなります。

さて、私の所有しているAndroidスマートフォンでは、
お節介にも天気や気温を通知してくれるのですが、
なぜか昔から単位が華氏になっていて、
暑いんだか寒いんだか把握できない。
それでも大して気にしてなかったのですが、
華氏だと分かっていても95度(=摂氏35度)とか言われると
余計暑く感じてしょうがない。
本当は米国が全面的に華氏をやめて世界的に摂氏表示になるのが
もっともよい解決方法だと考えはするのですが、
アメリカ人は頑固なので多分それは無理でしょう。
ということでAndroidの表示設定を変更する事に。

そもそも気温を通知しているアプリケーションが
何なのかすら知りませんでしたが、
試行錯誤の結果[Google]アプリケーションであることがわかりました。
待ち受けのアイコン(Googleフォルダ内にあることが多い)から立ち上げ、
その中にある天気に関するニュース項目の[:]メニューを開くと、
[温度の単位を摂氏に変更]なる項目があり、
これを実行することで目的は達せられました。
どうもこの設定はGoogleアカウント側に保存されているらしく、
所有する他のスマートフォンでも摂氏に変わりました。
なんだ、華氏だったのは私だけなのね。

2018年8月30日木曜日

長いディレクトリ名に辟易

Linuxでは標準的にはシェルのプロンプトに
カレントディレクトリがフルパスで表示されることが多いです。
ディレクトリ的に今どこにいるのか一目瞭然なので
便利ではあるのですが、迷惑なことも。
いろいろな事情で長いディレクトリ名が階層深く続いていると、
プロンプトだけで複数行になることはザラで、
何やっているのか意味が分からなくなることがよくあります。
ディレクトリ名を短くできれば解決するのですが、
事情が許さないことも多く、短い名前でシンボリックリンクを作って
そちらでアクセスしたりもしますが、構造上それも難しかったり、
多数のディレクトリがあればリンクを作るのも面倒です。

そこで別の解決策として思いつくのは、
プロンプトのカスタマイズです。
実はプロンプトはPS1環境変数で設定されており、
Ubuntu 14.04ではデフォルトで
PS1='\[\e]0;\u@\h: \w\a\]${debian_chroot:+($debian_chroot)}\u@\h:\w\$ '
と設定されています。もし
$ PS1='$ '
を実行すれば、ユーザ名やフルパスが消えて'$'だけになります。
長いディレクトリ名もかかって来いって感じです。

例えば、"~/p_short"なるシェルスクリプトを
#!/bin/bash
PS1='$ '
の内容で作っておいて、必要な時に
$ source ~/p_short
を実行するなどの応用ができます。
また元に戻したい時用に"~/p_normal"なるシェルスクリプトを
#!/bin/bash
PS1='\[\e]0;\u@\h: \w\a\]${debian_chroot:+($debian_chroot)}\u@\h:\w\$ '
として作っておけば安心です。

ところで一般の方がものすごく長く日本語の混じったファイル名や
ディレクトリ名を作るのはなぜなんでしょうかね?
私はWindowsでも英数文字で簡潔にしています。
だってコマンドシェルで直にタイプすることを前提にしているので。

2018年8月29日水曜日

WINGROAD販売終了

私の愛車日産WINGROAD。
外観はともかく、使い勝手がよく、運転しやすく、非常に気に入っており、
WINGROAD e-Powerが出たら買い替え第一候補と考えていたのですが、
なんとWINGROADは今年3月に静かに販売終了していたみたいです。
なんてこったい。
こうなると今のところ日産でよさそうな車がない…
トヨタはあまり好きでないので、今度はホンダのシャトルあたりにしますかね。
えっ、ステーションワゴンと言えばスバル?
あそこも既にトヨタ系ですからね。それに値段が合わない。

私が最初に乗ったのが三菱車で、次は日産に移ったので、
生涯をかけて日本の自動車メーカー全制覇しようかと
思っていた時期もありましたが、いつの間にか
ざっくり言ってトヨタ系、日産系、ホンダに
グループ分けされてしまいました。
ということでやっぱり次はホンダかな。

しかし後何年かは今のWINGROADに乗り続けるつもりで、
その間に何らかの形でWINGROADが復活するなら
それに乗り換えようとは考えています。
最悪商用車のNV150 AD e-Powerでも購入検討はします。
日産さんよろしく。

2018年8月28日火曜日

Windows10で休止状態

PCの電源ON/OFFに時間がかかるのは仕方ないですが、
やはり短いに越したことはありません。
ということで私はWindowsでは[休止状態]を愛用してきました。
そしてWindows10でも使いたい。
ただ標準ではできなくなっています。

有効にするには[コントロールパネル]を開き
[電源オプション]で[電源ボタンの動作を選択する]から
[現在利用可能ではない設定を変更します]をクリックし、
[休止状態]をチェックして[変更の保存]するだけです。
これでタスクバー左端の[Windows]アイコンを開いたところにある
[電源]メニューに[休止状態]が増えてます。

ただ使ってみるとなんだか不安定。
[休止状態]になって欲しいのに再起動されたりします。
うーん、よくわからん。

2018年8月27日月曜日

HDMI入力なモータブルモニタ

レンズ交換可能なミラーレスカメラの黎明期に
Lumix GH1を購入した際、
これの外部モニタとして利用可能なポータブルでHDMI入力可能な
モニタがないものかと探したことがありますが、
当時はそんな商品皆無でした。

時が流れた現在は結構いろいろ商品があります。
私が持っているものの中にRaspberry Pi用の
3.5インチ モニターがありますが、
小さくて粗いので汎用的には実用にはなりません。

さて、先日クラウドファウンディングで USB Type-C入力の15インチモニタがあるのを知り、
直感的に欲しいとは思ったものの、よく考えると
対応する現在の手持ち機器はNintendo Switchしかありません。
仕様を確認するとHDMI入力も受け付けてくれないので、
私の現環境からすると未来を先走りし過ぎています。
安易にクリックしなくてよかった。

ところで先の商品は現状でも複数製品の組み合わせで可能です。
実際に試していないので明確に言うことはできませんが、
例えばType-Cアダプタ10インチモニタでいけそうですし、
アダプタ側もモニタ側も機能・サイズともに幅広く選択肢があります。
TMREC-FHDなんてHDMIキャプチャ機能も備えたモニタさえあるんですね。
希望する使い方ができるかどうかに不安はありますが。

さらに物色しているとEYE THEATER + Type-C for HDMI変換アダプタなんてものも発見。
HDMI入力対応1眼型VRモニタとType-C入力化アダプタです。
なんか欲しいかも。
それにしても、この界隈は昔に比べて断然おもしろくなってますね。

2018年8月23日木曜日

パスワード流出と思われる不正アクセス事件

数日前から出してもいないメールの中継エラーメールが
G Suiteアカウントにやけに多数届くようになりました。
返信メールにbase64でエンコードされた元メールデータがついており、
一応中身を見てみるとキリル文字だったこと、
同時期にdmarcのレポートメールが届いており、
この種のものはこれまでも時々受け取っていたことから無視していたのですが、
バースト的に鬱陶しく届くようになったので中身をよく見て、
血の気が引いてしまいました。これやばいやつでした。

インターネットはそもそも性善説から出発したこともあり、
メールの発信元は簡単に偽装できます。
歴史的にはこれを何とかしようと後付けでいろいろ対処しており、
最新はDMARCになるのでしょうか。
まあ構造上消極的な対策となります。

さて今回受け取った送信エラーメール。
そのいくつかはスパムメール扱いされただとか、
受信者のメールボックスがいっぱいで送信できないとかいうもので、
第三者が私の名を騙って大量に送信しているんだろうと思っていたのですが、
送信メールのヘッダ情報など眺めていると、
Googleの正規のメールサーバから送信され、
SPFもDKIMも正常に確認されているようにみえます。
こんなメール送ってもないのにどういうこと?
不可解ながらもふと思いつきGmailの[送信済みメール]を見ると
そこには結構な量のキリル文字のメールがorz
つまり送信元偽装メール事件ではなく不正アクセス事件なのでした。
それらメールを確認していくと本文が
<メールアドレス>:<メールアドレス>:<パスワード>:smtp.gmail.com:587
とかなってるものが散見されます。
完全にパスワード流出です。
おそらくどこかがおもらししたもので
パスワードリスト攻撃されたのでしょう。

こうなれば兎にも角にもパスワードを変更しなければなりません。
Gmailにログインし、ユーザーアイコンの[Googleアカウント]から
[Googleへのログイン]を辿って[パスワードとログイン方法]で
パスワードが変更できます。
管理コンソールにログインして
[ユーザー]メニューから個別のアカウントを指定して
[パスワードを再設定]することもできます。
なお、管理コンソールの私のアカウントには
*****さんは、送信メールの固有の外部の宛先数が多すぎるため、Gmail の送信の制限を超えました。
ご利用の再開までには最長で ** 時間ほどかかります。
なる烙印を押されていました。

今回は運良く不正アクセスだけでハイジャックはされていませんでしたが、
特権管理者アカウントがハイジャックされるとまずいので
この際一般ユーザーから不必要な特権を取り除いておくことに。
[管理コンソール]の[ユーザー]メニューからユーザーを選択し、
[管理者の役割と権限]で[特権管理者]を"OFF"にして[保存]すれば完了です。

ちなみに今回の反省点としては、
  • どこかからの警告を無視しない
  • 送信済みメールはときどき確認する
  • パスワードは使いまわししない
  • 権限は不必要に盛らない
ぐらいでしょうか。
IPAの高度試験多種合格者なのにこんな基本的なこと…
皆さんも気をつけましょう。

2018年8月22日水曜日

Windows10にPCアイコンを召喚

デスクトップに大量のファイルを置いている方っていますよね。
私は一時的に頻繁に使うファイルは置いていますが、
本当は何も起きたくないのです。
なぜって、大量のウィンドウを開いて作業するので、
デスクトップ上にアイコンを置いていてもどうせ見えないので。
それらを見るために複数のウィンドウをたたむと、
せっかくのいい感じの配置に戻すのが面倒なのです。
ただ[コンピュータ]と[ゴミ箱]だけは欲しい。

Windows10のデスクトップはデフォルトではシンプルで、
そこだけは私好みではあるのですが、
[コンピュータ]アイコンがないのは非常に厳しい。
[コンピュータ]アイコンの右クリックからbashを起動するようにしていると、
カレントディレクトリが[デスクトップ]になっていて非常に都合がいいんです。
ということで[コンピュータ]アイコンの出現方法を紹介します。
とはいえWindows10では[PC]アイコンと名前が変わってるんですが。

方法は簡単です。デスクトップの何もないところで右クリックして
コンテキストメニューを開き、[個人設定]メニューを選びます。
[テーマ]の[デスクトップ アイコンの設定]から開くウィンドウで
[コンピューター]項目をチェックし[OK]をクリックして完了です。

2018年8月21日火曜日

ダブル台風

現在脅威となっている台風19号、20号。
誰が言い出したか今朝のニュースでは「ダブル台風」と名付けられていました。
これで思い出すのが仮面ライダーV3
彼の変身ベルトは「ダブルタイフーン」です。
って、それだけです。
ともかく、被害が出ないことを願います。

2018年8月20日月曜日

Windows10にUbuntuが入らない

Windows10上でbash on Ubuntu がサポートされ、 いろいろ問題はあるものの、UNIX環境が手元にあるのは非常に便利。
何が一番いいってCygwinの代替となることです。
Cygwinはインストールが面倒なのです。
っていうかダウンロードに時間がかかってしょうがないのです。

ところでこのUbuntu on WIndows、
初期はbashコマンド実行からの流れでインストールしていましたが、
いつの頃からか[Storeアプリ]からのダウンロードに切り替わりました。
より便利になったなぐらいで特に気にしていなかったのですが、
これがとんでもなくまずい仕様であることに気がつくことに。
企業のようなStoreアプリがブロックされているような環境だと
他にインストールの手段がなく詰みます。
いろいろ悪あがきしてみたものの無理orz

こうなると頼れるのはCygwin。
さっきはいろいろ言ってごめんね。
ただインストールの時間が長いので、
手っ取り早く別のPCから"C:\cygwin"ディレクトリをコピーしてきました。
これはWindows7(32bit)で使っていたものですが、
Windows10(64bit)にコピーしても特に問題なく動作しています。
本当は64ビット版を新規インストールした方がいいのでしょうが、
それは後で考えることに。

ところでWindows10のコマンドプロンプトで"bash"を実行すると、
Windows Subsystem for Linux には、インストールされたディストリビューションがありません。
ディストリビューションをインストールするには、次の Windows ストアを訪問してください:
https://aka.ms/wslstore
続行するには何かキーを押してください...
とかいうメッセージが。
cygwinのbashを使うためにはフルパス指定が必要になります。
せっかくのLinux on Windowsが仇になってます。

で、私はフォルダの右クリックからbashを開けるようにするのが
定番カスタマイズなのですが、
その中で"C:\cygwin\cygwin_c.bat"の内容を
@echo off
chcp 932
cd /D %1
bash
ではだめで、
@echo off
chcp 932
cd /D %1
C:\cygwin\bin\bash
とする必要があるのでした。

ともかく、Linux on Windowsのコマンドラインからの
インストールの復活を希望します。
でもMicrosoftさん、こんなとこ読まないよね…

2018年8月16日木曜日

発泡スチロール用電熱カッター

最近は何か物を買っても緩衝材に
複雑に折組まれたダンボールが使われていたりして、
発泡スチロールが使われていることはそう多くはありません。
しかしないことはないんです。

1年以上前に購入したLGのテレビには
上下を大きな発泡スチロールで挟み込むように
梱包されていたのですが、
初期不良がなさそうなことが確定したので、
この度箱を廃棄することに。
ダンボールについては資源ごみとして回収があるので
それほど気になりませんが、
でかい発泡スチロールを捨てるのはちょっと面倒くさい。
カッターで小さくしようとすると細かな屑が出て鬱陶しいんですよね。

で、思いついたのが熱で発泡スチロールを
綺麗にカットできる電熱カッターです。
100円ショップにあるんじゃないかと行ってみると、
三軒目で見つけました。ダイソーの大規模店です。

電熱部が3cm長のニクロム線になった糸鋸状の道具で、
単二乾電池1本を使用します。
なかなか手元にない単二なので、
単三のeneloop単ニ化アダプタをはめて
取り付けようとしたのですが、きつくて入らず、
eneloopの負極側がちょっとへっこむ事故発生。
仕方がないので電熱カッターのプラスチック部分を削りまくって
eneloopが入るように拡張しました。

それでも使い勝手は頗るよくて、電源を入れると間髪入れず熱くなり
発泡スチロールを溶かし切ってくれます。
3cmより十分薄い板状の物を平面的に扱う場合は思うように切れます。
ただ厚みのある塊部分はそううまくはいかず、
地道に削ぎとっていくような作業が必要で、
気分は虹村億泰か。

なお気が早ってニクロム線に力がかかり過ぎると
切れてしまう可能性がありますが、
なんと20cmばかり予備のニクロム線が同梱されている親切さ。
まあ私はまだ切っていませんけど。

ということで現在大きな発泡スチロールを
少しずつ削り取って小分けにゴミに出しているところです。

2018年8月15日水曜日

すれちがいやめようかな

携帯型ゲーム機Nintendo3DSの[すれちがい広場]。
電源の入ったNintendo3DS同士が近距離で通信し、
データを交換して遊びを広げる私的キラーコンテンツです。
しかし、今年の3月9日に[サクッと!探検隊]を、
4月30日に[サクッと!食堂]をオールクリアし、
遊びがものすごく狭まってしまいました。

6月末の任天堂株主総会でさえ、すれちがったのが30人に満たず、
しかも出会うのは常連さんばかりと、やめ時な気がしてきました。
ここ数年3DSの電源を落とすことはまれで、
常にスリープ状態にして持ち歩いてきましたが、
そうするのは何かあるときだけでいいかもしれません。
普段はなかなかすれちがいませんし、
すれちがったとしてもいつのも人ですからね。

2018年8月14日火曜日

au isai退役

これまでスマートフォンは、alcatel IDOL3をメイン、
au isaiをサブ、Huawei P10 liteは予備としてきましたが、
P10 liteがAndroid 8になったのを機にこれをメインとし、
IDOL3をサブに繰り下げ、残ったisaiを退役させることにしました。
このisaiは使い初めてから4年強となり内蔵バッテリーの劣化が激しく、
充電なし状態での駆動時間が悲惨ではあるのですが、
家で使う分には特に問題なく、かつわりと高性能ということで、
私のお下がりのボロいスマートフォンを使い続けている家族に
譲渡することにします。

ところでこのisaiはもはやそんなに常用しておらず、
[Ingress]、[PokemonGO]、[ポケとる]の3ゲーム専用機と化しています。
最初の2つについてはセーブデータはクラウドにあり、
他端末からログインすれば進行状況が再現されるので
特に移転作業は必要ありませんが、[ポケとる]では必要です。
[ポケとる]はあと"ゲンシグラードン"と"デオキシス(スピードフォルム)"の
ゲットで制覇なので、まだ止めるわけにはいきません。
また写真は基本常備している一眼レフ(ミラーレス)で撮るものの、
isaiにもわずかに写真があるのでそれのバックアップが必要です。

写真についてはPCにUSBで接続しPTPでダウンロードしました。
[ポケとる]は新端末側で[ゲームをはじめる]から[引き継ぐ]を選択し、
[サポートID]と[引き継ぎパスワード]を入力します。
これらは旧端末で[ポケとる]を立ち上げ、
[オプション]-[データ引き継ぎ]メニューから確認できます。
これにより新端末に進行状況が転送され、
以後旧端末ではプレーできなくなります。

4年使ったisai。海外にも連れて行った思い出深い端末ですが、
初期化して次の利用者へ。多分あと何年か使われることでしょう。

2018年8月13日月曜日

Wiiポイント払い戻し

発売されてから11年以上経過したWii
任天堂は手仕舞いを急ぎます。
その最終段階が前払いされて使っていないWiiポイントの払い戻し。
プリペイドってのはこの後始末が大変なのです。
とはいえ法律で決まっているのでやらないわけにはいきません。

そしてその払い戻し手続きについてついに発表がありました。
2019年2月下旬より手続きができるとのことです。
詳しい手順等については後日発表されます。

私のWiiUの中の仮想Wiiには
結構なWiiポイントが残っているので、払い戻しが今から楽しみです。
って、このWiiUが壊れないように大事に扱わないとまずいですね。
最近電源入れてないので至急動作チェックしてみます。

2018年8月9日木曜日

P10 LiteにAndroid 8が来たー

OSのメジャーアップグレードが期待できるということも理由の1つに
昨秋購入したAndroid 7搭載スマートフォンHuawei P10 lite
ついにAndroid 8 Oreoへのアップグレード案内が届きました。

この春頃Android 8のベータテスター募集がかかった時点で
信じてよかったと思いつつ正式公開を待ったのですが、
7月20日に公開されたものの私の端末にはなかなか通知が来ず、
8月7日になってようやくアップグレード可能となりました。
その日は奇しくも最新のAndroid 9 Pieの正式版公開日。
何かの嫌がらせか?

さて、早速7から8へアップグレード。
ダウンロードサイズは2.18GBと巨大ですが、
自宅の光回線は爆速なため大して時間はかかりません。
結果バージョンは"WAS-LX2JC635B192"から
"WAS-LX2J 8.0.0.360(C635)"となりました。
よく分かってませんがEMUIも5.1.2から8になってます。

ところでアップデート案内の文章をチラッと読んでみると、
HiSuiteなるWindowsで動くツールで
「EMUI 5.1 に戻」せる的な事が書いてあります。
Android 7に戻せるとは書いてないのではっきりしないものの、
どうやらダウングレードパスも用意されているようです。
アップデートすることで新たな問題が出るなんてこともあるので
こういうの大変ありがたいです。
なんだかHuawei社のファンになってしまいそうです。
今年末から来年あたりにP20 lite買ってもいいかも。

2018年8月8日水曜日

喫煙ルームを見た

先日大都会に行ったときのこと、
喫茶店みたいなところに入ると、
タバコを吸うか吸わないか訊かれました。
まあそれはごく普通の事で、
大の嫌煙家の私は禁煙席へと座ったのですが、
店の奥の方を見ると、ガラスの壁に仕切られた閉鎖空間があり、
どうやらそちらが喫煙席のようです。詳しくは知りませんが、
店側もそこまでの対応をしないと違法になってしまうようです。
それにしても火事や地震でも起きれば逃げ遅れる可能性大です。

タバコについては非常に迷惑を被っていて、
一部のマナーの悪い喫煙者が原因なのかもしれませんが、
ありとあらゆるところに吸殻が落ちていて、
散歩中に犬が見つけて食べようとするんですよね。
個人的には日本全国屋外での喫煙は禁止してもらいたい気分です。

2018年8月7日火曜日

膝痛の原因?

幸いにも今は治っているのですが、しばらく前、
やや膝が痛くって、1時間以上の歩行が辛い時期がありました。
どうも原因は靴にあったような気がしていて、
靴底の偏摩耗で歩き方に無理が生じていたからと推測しています。
長距離歩行時にそれなりの靴を履いていたら
自然と痛みがなくなってきました。

これまであまり履いたことがなかった、
靴底がウレタン状で柔らかい靴は、
クッションが効いて足にやさしいと思いきや、
片減りで凶器と化す様で、
どうも歩くには適していない気がしてきました。

ちなみに今、この靴底の減ってない部分を削って
平らにしてやろうかと考えています。
私の貧乏性もここに極めたり。

2018年8月6日月曜日

5 A DAY

いつも買い物に行くイオンの食料品売り場には
入口付近に野菜売り場があります。
そして何年も前からその付近でよくかかっている曲が
耳について仕方ありません。
しかし歌詞ははっきり聞き取れないのです。
ただ、「ゴーゴーレッツゴー ◯◯◯◯」を
連呼しているのは確かです。
問題はこの「◯◯◯◯」の部分。
どうしても「タイカレー」としか聞こえません。
しかし絶対違うでしょう。
とはいえ別に謎を解こう何て気も起こりません。

で、何年かして思いついたのが「かいわれ」。
曲が聞こえる範囲にかいわれ大根売ってますし、
そう聞こえないこともありません。
ということできっと「かいわれ大根の販促曲」だろうと
自分を納得させていました。
でもやっぱ「タイカレー」に聞こえる…

さて、その後長い年月を経たつい最近のこと。
正解を知ることとなりました。
「5 A DAY(ファイブアデー)」だそうです。
って何それ?

詳しいことはキャンペーンサイトにありますが、
要は野菜を食べようという米国発のキャンペーンみたいです。
さてそれを知ってからその歌を聴いてみようと思ったのですが…
最近あの曲流れてないのか?

2018年8月2日木曜日

グッド・ドクター

この夏のクールで放送されているフジテレビ放送の連続ドラマに
「グッド・ドクター」なる作品があります。
日本のドラマはほぼ視ない私なので、これも視てはいないのですが、
ネットでの評判はよいようです。
しかしその設定を聞いて疑問が。
現在WOWOWで放送されている米国ドラマ「The Good Doctor」
(邦題「グッド・ドクター 名医の条件」)と
大まかな設定が同じじゃないですか。
権利問題はきちんと処理しているので
「リメイク」というのが正しいのでしょうが、
事情を知らない視聴者とすれば「パクリ」と思ってしまいます。
って、海外作品のリメイクであることが探しても明示されていないような…

クールジャパンとかいいつつ官民あげて日本発の文化を祭り上げ、
最近は日本はすごいんだ的な発言ばかりが目立ちますが、
それと同じくらい外来文化に対するリスペクトを実際に示さないようでは、
成熟した文化とは言えないような気がしています。

なお、調べてみるとこの米国ドラマの方も「リメイク」で、
元は韓国ドラマの「グッド・ドクター」ようです。
韓国ドラマは視ないのでまったく知りませんでした。

2018年8月1日水曜日

ルームミラー脱落

猛暑が続いてうんざりの今日この頃。
熱い最中WINGROADを運転していると突然ルームミラーが脱落。
キーレスエントリー用アンテナへの配線でぶら下がりました。
そのままディーラーへ直行です。
後方カメラで常時後ろが見えるようにしているとはいえ、
ルームミラーは必要不可欠です。

最初は熱で接着剤が溶けたのかと思ったのですが、
さすがにそんなことはなく、
どうも固定用部品が壊れたようで全取っ替えとなり、
修理代は想定より高くついてしまいました。
そういえば1年ぐらい前からほっとくとルームミラーの角度が
だんだん下がり、しょっちゅう調整するようになっていたので、
それが今回の予兆だったのかもしれません。
車購入から10年以上、ずっと大きなルームミラーをつけており、
この重さが負担になっていた可能性もあります。
次の車に買い換えるまで大切に扱わなければなりません。
少なくともあと二年半ですね。

ところでWINGROAD e-Power出ませんかね?
出るまで買い替えするつもりはないんですけど。

2018年7月31日火曜日

auの3G停波はいつなのか

auから2018年11月7日をもって
CDMA 1X WINの新規申し込み受付が終了することが発表されました。
3Gの終了へ向かって爆進しています。

auがVoLTEを開始したのが2014年末。
その後も通話に3Gを使う端末が発売されたりしたものの、
時間の経過とともにVoLTE通話に対応した端末が大勢となり、
auにおける3Gの必要性も小さくなってきたことでしょう。
mineoの情報によると、
auブランド端末では2015年秋発売のiPhone6がVoLTE非対応、
2016年秋発売のiPhone6SがVoLTE対応、
Androidなら5.0搭載機種あたりが境目となっているようで、
巻き取り作戦も十分可能な状況になっているんでしょうね。
私のガラケーW62Sも終わりの時が近づきました。
バッテリー持ちがよく、通話とSMSだけできる機種に
無料変更できないようなら、MVNOにMNPして
十数年続いたauとの関係が終わりを迎えるかもしれません。

ところで、この時期に新規申し込み終了ということは、
2020年の東京オリンピック前での3G停波は、
なかなかタイトなスケジュールになります。
丸々1年以上はあるので不可能ではないにしても、
ユーザー数によっては慌しいことになりそうです。

ただよく考えてみると、オリンピックで海外からやってくる
CDMA 1X系端末、そしてVoLTE非対応機の音声通話の
ローミング先としてのau 3Gは存在価値がなくはないわけで、
そのあたりauはどう考えているのか。
世界の動向を見ながらどちらでも大丈夫なようにしているとしても、
決断のリミットまでの時間はそうないように思えます。

2018年7月30日月曜日

砂の丘

「名物に旨い物なし」とは言いますが、
実際に味わってみて残念に思うことは多々あります。
正のバイアスがかかっているのも理由の一つかもしれませんが、
そもそも食べたら感動するほど旨かった何てことは
そうあることでもなく、私自身人生で3度しかありません。
そのうちの1つが旅先でのことですが、
それにしたって名物と言うのとはちょっと違ってます。

お土産用のお菓子にしても、
超メジャー品で驚くほど旨い物って割と少ないですし、
買って帰って家で食べてしくじったと思うことはよくあることです。
しかし結構いけてる品もあります。
私が鳥取在住なことは昨年既にバレていますが、
鳥取県で個人的におすすめのお土産お菓子は、
東部が因幡の白うさぎ
中部が打吹公園だんご
西部がふろしきまんじゅうでしょうか。
これらは感動するほどとは言いませんが、いつ食べても旨いです。

そんな中、最近食べて本当においしかったのが砂の丘です。
鳥取銀行の株主総会のお土産にもらってその存在を知ったのですが、
食べてビックリ、和三盆とアーモンドと思われる粉が後を引きます。
とりあえずおすすめです。
なお今回私が食べたのは「白」い方でしたが、
「黒」のもあるようですので、何かの機会に食べてみようかと。

2018年7月26日木曜日

いきなり!ステーキ

テレビのバラエティー番組で時々見かける
立ち食いステーキ屋の「いきなり!ステーキ」。
地方在住者には縁のない店です。

しかし先日都会に行った際、
ポケストップ(ポータル)に導かれるように
辿り着いたショッピングセンターのフードコートに
「いきなり!ステーキ」があるではありませんか!!
ということで早速味見です。座り食いですけど。

ランチ時で少し行列ができていましたが構わず並び、
看板に出ていておすすめメニューっぽい
ワイルドステーキの200gを注文しました。
しかし一口食べて残念な気持ちに。肉が硬いorz

肉は食べやすそうな大きさでカットされていたので、
まずは一切れをまるごと口の中に入れてみたのですが、
硬くて噛みきれず、大きすぎて飲み込む事もできない。
やむなくエキスだけ吸い取ってカスを吐き出しました。
反省してさらに細かくして食べてみたものの
やっぱり噛みきれません。
で、小さくしすぎると、部位によって差が激しく、
脂ばかりの部分を食べると、脂ぎって気持ち悪い。
赤みも味付けはまずくはないものの、肉がおいしくない。
[肉マイレージカード]をもらいましたが、もう2度と食べる気がしない。
学生時代自炊でときどきステーキ焼いて食べてましたが、
こんな硬いステーキを食べたのは本当に初めてです。
それともワイルドステーキが外れだったのか?

ともかく、きっと肉が悪いんだろうという発想で、
店頭で売っていた[いきなり!ソース]と[いきなり!バターソース]を
購入して家で食べてみることにしました。
ただしまだ食べてはいません。
というのも7月初めの大雨の被災地へのふるさと納税
ステーキ肉を返礼してもらうのがいいかと考えているからです。
ただ今はまだバタバタしているでしょうから、
もうしばらく待って復旧が進んでからにしようかと。
ということでソースの味見はだいぶ先になりそうです。

2018年7月25日水曜日

UVカットの伊達眼鏡

結構前からサングラスは薄い色のものがいい、
という話はされていて、その理由は、
色が濃いと物を見るために瞳孔が開き、
脇から入ってきた紫外線が目の奥まで届いて
ダメージを与えるからとのことです。

話は変わりますが、
この瞳孔やそれを模すカメラの絞りって不思議ですよね。
遮蔽物であるにも関わらず、光の量を調整するだけで、
視野を狭くしたりはしません。
原理的には被写体を点光源に分割して幾何光学で考えれば
説明できるのですが、直感的には信じがたい現象です。

閑話休題。
太陽光がきつい季節、犬の散歩等日中に歩き回ると
紫外線が気になります。帽子と日焼け止めと長袖シャツで
完全防備が基本ですが、目が守れてないと思いつき
サングラスを物色することに。
もちろん色の薄い物を探すのですが、よくよく考えてみると
色の薄さを突き詰めると、透明な眼鏡でいいじゃないかと。
UVカットできる伊達眼鏡はまさに究極のサングラスです。
というとこで早速購入。

しかし問題が。
透明なので眩しさも100%透過です。
自動車の運転時なんかにはまったくもって向いていません。
というか私の愛車のフロントガラスはどうせUVカット対応なので、
サングラス側にはUV対策は必要ありません。
実に浅はかな思いつきでした。
ということで、自動車の運転時には引き続き
普通のサングラスを使うことにして、
伊達眼鏡は徒歩のときに使います。

2018年7月24日火曜日

EXレイドの外で

先日旅行先でPokemonGOを立ち上げていると、
あるジムにアクセスした時に
「特別なレイドバトルを実施中」とかいうメッセージが。
どうやらEXレイドの開催中だったようです。
招待状をもらっていないとこうなるんですね。

さて、EXレイドは2018年6月が木曜日開催、
7月が金曜日開催だったので、
8月は土曜日開催になる予感。
多くの方が参加しやすい可能性が高いので、
招待状が欲しい方は、今からスポンサーや公園の
ジムでレイドバトルに勤しんではいかがでしょうか。
私は…もうミュウツーはいいかな。

2018年7月23日月曜日

い・ろ・は・す メロンクリームソーダ

私は水が好きではありません。だって味がついてないから。
ということで何らかの理由で水でないとダメな場合(PET/CTとか)を除き、
飲み水を買うことはありません。気の迷いで買ってもだいたい後悔します。

さて、先日蒸し風呂状態の京都を歩き回ったときのこと。
銀閣寺の茶屋で冷えた抹茶を飲んだものの、
喉の渇きは一向に潤いません。その上クソ熱い中、
哲学の道を何も考えず端まで歩いてしまったため
汗だくの脱水状態。あまりの熱さに飲み物を買おうとして
ようやく見つけたのがコカコーラの自動販売機。
こんなときの最適解はアクエリアスなんでしょうけど、
ファンタ グレープが妙にうまそうに見えます。
ファンタなんてここ数年飲んだ記憶もないのに。
しかしそれより気を引かれたのはい・ろ・は・す メロンクリームソーダ
水のブランドなので、ただの水にフレーバーがついてる程度
とは思ったものの、ここで飲まなければ一生飲む機会はない気がして、
迷った挙句に「い・ろ・は・す」を購入しました。
そして一口飲んでビックリ。見た目は透明で水ですが、
味はジュースです。実にうまい。そして乾いた体に染み渡る。

その後、もしかして「い・ろ・は・す」っていいかもと思ったもので、
い・ろ・は・す ライチティーを購入してみましたが…
これは私の好みではありませんでした。
というか店にたくさん並んでたので皆同じ感想なのでしょう。
もう一本買ったい・ろ・は・す 塩れもんはまだましでした。
さすが在庫が残り2本だっただけのことはあります。
でもメロンクリームソーダの足元にも及んでない感じです。
まあもうちょっといろいろなフレーバーを試してみようかと。

2018年7月19日木曜日

APIキー設定してない?

今月初めの大雨。
被害にあった方にはお見舞い申し上げます。
私自身に直接的な被害はありませんでしたが、
2本の川に挟まれた場所に住んでいるため、
両方の川の水位をチェックしつつ、
登山用の大きなリュックサックに必要な品を準備して
いつでも逃げられるように準備はしていました。
まあ大雨特別警報が出ていましたし、
居住地区に避難勧告は出ていたので素直に避難しても
よかったのですが、幸いにもそうせずに済みました。

さて、私の住む自治体では河川監視用にカメラを設置していて、
リアルタイムに近い画像をインターネット上に公開しています。
最近の流行り言葉でいうとIoTですね。
普段見ることがなくてもこういう非常事態には重宝します。
しかし問題が…

そのページには地図が表示されるはずなのですが、
エラーが発生しました。
このページでは Google マップが正しく読み込まれませんでした。JavaScript コンソールで技術情報をご確認ください。
と表示されてしまいます。
しばらく前に話題になったAPIキーを設定してないような状態です。
しかしこれ通常時はちゃんと地図が表示されているんです。
つまり無料利用分を使い果たしてしまったということですか?
金払ってねーのかよ!!
特に必要ない時はちゃんと動いているけど
いざと言うときに使えなくなるという最悪のパターンです。

まあトップページに地図の表示をしないようにする等、
アクセス数を抑える手法はあるわけで、
その辺考えて設計してないのが仇になったのでしょう。
でもまあ行政なんだから有料契約はしておくべきですよね。

2018年7月18日水曜日

プロジェクトマネージャ試験

ちょっと前に話題に出ましたが、この4月に受けたプロジェクトマネージャ試験
待てども合格証がこないので、やっぱだめだったかと思いつつ
オンラインで得点を確認すると、
午前IIが76.00点、午後Iが65点と通過していたのですが、
午後IIの論述がC判定と、惨憺たる結果でした。
こんなことなら同日開催のPokemonGOのイベントで
メリープ乱獲しとくんだった。(冗談)
正直どんな問題にどう答えたか微塵も記憶がないのですが、
毎年だんだん答え辛いテーマになっている気がしていて、
どう書けば合格できるのがよく分からなくなってきています。
参考書でも買えば色々分かるかもしれませんが、
その費用も読む時間ももったいないので、
きっと来年も無勉強で受けるんだろうなと。

と、その前に秋季試験の申し込みが既に始まってます。
ネット経由では8月13日までなので、受ける方はお忘れなく。
私は、性懲りもなくITサービスマネージャでも受けようかと。
こっちの論述の方がまだ書き易すそうなんですよね。

2018年7月17日火曜日

Ingressでポータル申請が採用

先日拒否された私のポータル申請
スマートフォンゲームIngressの話です。
悔しいので何かないかなと探していたのですが、
とってもいい感じの物を見つけました。早速申請です。
せっかくなので歴史的経緯や現状について
長文の説明を加えておきました。
さて、結果や如何に。

って、2018年6月24日の14時頃に申請したら
2018年6月28日の23:33には採用通知メールが届き、
翌朝にはポータルが生えていました。
わずか4日半後です。前例にならって少なくとも1ヶ月は
かかると覚悟していましたが、実にあっさりとしたものです。
ちなみにその数日後には
PokemonGOのポケストップにもなっていました。
早速ハック&クルクルしたのは言うまでもありません。

ところで後日そのポータル、というかポケストップを
幼い子供がクルクルしてるっぽいのを偶々見かけ、
少しは貢献できているなと思った半面、
危険なポータルは審査時に却下すべきだなと
再認識したのでした。

2018年7月16日月曜日

変なSIMが届いた

あわてて購入した[変なSIM]
同梱されていた書類等から、また実際に操作してみて
新たに分かったことについて書いてみます。
ただし実際に国外にて使用していませんし、
プランの購入もしていませんし、
私が誤って解釈していることもありえるので、
確認はご自身でお願いします。

まず、プラン(通信使用量)の購入は、[変なSIM]を差し込んだ
AndroidかiOSのスマートフォン(タブレット)に
専用の[変なSIM]アプリケーションをインストールして、
インターネットにつながる状態で
そのアプリケーション上から購入するしかないようです。
したがって、渡航前にすべての滞在先向けのプランを
滞在期間分あらかじめ購入しておくのが安全です。
シールタイプの[変なSIM]なら飛行機の出発直前に
慌てて購入することも可能ですが、
プラスチックタイプの場合そちらに差し替えておき、
WiFiで通信して購入する必要がある可能性があります。
また渡航後に3G/LTEの通信ができる間に
次の日のためのプランを購入しておかないと、
WiFi環境を探して購入なんてことになりそうです。

まあプランは複数日分まとめての購入が可能で、
購入してから使用開始まで3ヶ月の猶予があり、
使用開始は意図してアプリケーション上のボタンを
タップする必要があるので、
前もって滞在期間中分を購入しておくのがいい気がします。
現地に着いてから想定外の事態に出会うこともありえますからね。

この[変なSIM]、1日分を購入すると初回接続の瞬間から24時間、
200MBの高速通信が可能で、その分を使い果たしても
その24時間を過ぎるまでは128kbpの低速で通信はできます。
ただし追加料金を払って高速通信分を購入することはできないようです。

支払いはGoogle Play経由ではなく、
[My H.I.S. モバイルID]に紐付いたクレジットカードで行います。
SIMカード購入時に登録したクレジットカードがそうなるみたいです。

専用アプリケーションはAndroidとiOSのみで、[購入]メニューから
[My H.I.S. モバイルID]でログインしてプランを購入します。
ただしSIMをアクティベート(SIMを一度挿入?)しないと購入できません。
シールタイプの場合はアプリケーション内の[切り替え]メニューで
[国内SIM]から[変なSIM]に切り替えをし、購入したプランのうち
開始したいものの[このプランを使う]ボタンのタップで開始します。
注意点はデータローミングはONにしておくことみたいです。
APNは自動で設定されるようですが、
通信できない場合は手動設定を試みることに。
国毎のAPNは同梱のパンフレットに書いてあるので
スマートフォンで写真をとっておくなどメモしておいた方がいいでしょう。
まあ専用アプリケーションの[サポート]メニューの
[サポート]-[困ったときは]-[渡航先で通信できません]の
[設定方法]リンク、[変なSIM+SIM]、
[インターネットが利用できない時はこちらの設定をご確認ください。]
をタップし、[国別APN一覧はこちら]で確認できますが。
なお帰国後はデータローミングはOFFへ戻し、
シールタイプの場合はアプリケーション内で[国内SIM]に切り替えをします。
もしデータ通信ができないなら、APN設定が変になっているのかも。

シールタイプにおけるSIMの切り替えは[変なSIM]に保存されているらしく、
[変なSIM]側または[国内SIM]側に切り替えたSIMカードを
他のスマートフォンに入れるとその状態が維持されています。
なので、Androidスマートフォンで[変なSIM]に切り替えて
プランを開始した上でLTE付きのWindowsPCに挿すと、
うまく通信できる可能性は捨てきれません。

ところで実験中にあせったこともありました。
専用アプリケーションでSIM切り替えようとして、
プログレス状態が終わらなくなったことがありました。
とりあえずアプリケーションを強制終了し、
もう一度トライすると今度は完了しましたが、
心臓によくない出来事です。
あと、電源投入時にSIMカードを認識するまでの時間が
かなり長くなって、初めての時はビクビクしてました。

通常のSIMカードにシートタイプの[変なSIM]を貼ると、
厚さが0.6mmから0.8mmに増えます(ノギスで計測)。
SIMロックフリーのalcatel IDOL3HUAWEI P10 lite
挿してみたところ、きつめの手応えがあっておっかなびっくりですが、
ちゃんと入って普通に通信できてます。
まあ精神衛生上よくないので、あまり抜き差しはしたくないですね。

シートタイプを貼る作業はそれほど難しくなく、
同梱パンフレットの説明どおりにすれば問題ありません。
位置合わせはSIMカードの台紙と付属のテープで行うので、
よほどのぶきっちょでなければ大丈夫でしょう。
なお怖いので実験していませんが、
1度貼ったら2度と剥がさない方が良さそうです。

もし台となっているSIMカードの契約を切っても、
そのままプラスチックSIM的に運用できると思われるので、
シートタイプがおすすめと言いたいところですが、
抜き差しの度に故障につながらないかドキドキしますし、
MVNOを渡り歩てしょっちゅうSIMを交換するなら、
プラスチックタイプに利がありそうです。
うーん、半額のうちにプラスチックタイプも買ってみるかな。
どっちにも長短所があるので。
でも[変なSIM]の2枚運用ってスマートフォン側で
プランを購入する際どう扱われるのか謎です。
何しろ専用アプリケーションの[サポート]メニューには、
SIMカードの契約書に書いてある
マスターIDが記載されていますから。
たとえ変なSIMを抜いていても。

2018年7月12日木曜日

Ingress Primeは10月

先日Ingressを運営するNiantic社から
アンケートへの回答依頼がメールで届きました。
アンケートサイトは日本語だったのですが、
1ページしかない簡単なものでした。拍子抜けです。

実はこの春にやはりIngress(今後登場予定のPrime)についての
アンケートに答えていたのです。これは英語だったのですが、
非常に長大で時間がかかって面倒だったのです。
しかもネイティブ向けの英語の質問の意味は一応分かっても、
ニュアンスがちっともつかめない。
とりあえず現状への個人的な文句ばっかり書いておきました。
願いが叶うといいんですが。

さてそのアップデート版となるIngress Primeについては
すでに2018年リリースと発表されており、
しかし2018年はもう半分過ぎたぞとか思っていた今日この頃、
10月に登場することが明らかになりました。
本当は個人的な事情で今月中だと非常にうれしかったのですが、
まあ待つしかありませんね。

2018年7月11日水曜日

変なSIMを購入

一部で話題の変なSIM
販売開始のメールが届いたときに早速購入、と思ったのですが、
本人確認書類がどうのこうのと書いてあったので、
まあ9月までに買えばいいか、と保留するつもりだったのですが、
貼るタイプで端末装着できない場合に
プラスチックタイプに無料で変更してくれるのが2018年7月10日まで、
とかいうことに気づいてあわてて購入することに。
まあ今現在は「到着後1週間以内にお申し出いただくと」に変わってますが。

購入には販売ページの下端の[お申込みはこちら]をクリックし、
[オンラインでのお申し込み]で[変なSIM]を選択し、
そして私は前もってIDを作成していたので
[IDを既にお持ちの方]を選びログインします。
[「変なSIM」をご購入する]を選択し、
[990円で購入する]ボタンをクリックします。
次いで[シールタイプ]か[カードタイプ]のどちらかを選び
[次へ]をクリック。ちなみに私は[シールタイプ]です。
その後同意チェックボックス2つをチェックして[次へ]進み、
必要な個人情報・支払い情報を入力して[申し込む]で完了です。
あとは届くのを待つと。

で、最後まで手続きしても本人確認書類はいりませんでした。なんで?
ああ必要なのは国内SIM向けですか。
どうやら[変なSIM]には関係なかった様です。

ちなみに送料は別途請求されることはありませんでした。
また配達はクロネコが郵便受けに入れてくれてました。

2018年7月10日火曜日

第78期任天堂株主総会

昨月末に任天堂株主総会へ参加してきました。
もはや毎年の恒例行事です。
もしかしたら当てられるかもと思い、
株主質問の方向性はあらかじめ決めていましたが、
なんと初っ端に当てられてしまいました。
つまり私がした質問は質疑応答のQ1です。
あまりに予想外だったため慌てふためいてしまいました。
実は君島社長(既に前社長)には2年前にも当ててもらっているので、
何か縁を感じなくもないのですが、
来年は司会が古川社長になるので運はもう尽きたでしょう。

質問についてはもっと尾ひれ背びれがついていたのですが、
ウェブ上では割と簡単にまとめられて
つまんない質問に成り下がっています。なんか残念。
回答も古川新社長にお願いしたのですが、
君島社長が全部喋ってしまいました。これも残念。
というか古川新社長が喋ったのは総会閉会直前の挨拶のみ。
もしかするとわざと答えさせなかったのかと邪推してしまいます。
なお質問終了後は再度手を挙げるわけにもいかず結構暇でした。
唯一の救いは、私が使った単語を後々宮本フェローが
フォローしてくれたくらいでしょうか。

古川新社長の風貌は岩田元社長と似ていますが、
何か野暮ったさを感じるのと、
挨拶で話したことに面白みがなかったことが
ちょっとだけ気がかりではありますが、
現在の任天堂は完全に集団指導体制なので、
アクのない方がトップの方がいいのかもしれません。
まあ本番は来年ということで。
それまでにはおもしろそうな質問を考えておきます。

2018年7月9日月曜日

情報処理安全確保支援士登録の経過措置期限が迫る

先々週IPAからハガキが届きまして、
春に受けたプロジェクトマネージャの合否通知かと思いきや
情報処理安全確保支援士についてのお知らせでした。

2017年に始まった情報処理安全確保支援士の制度。
現在は経過措置として過去の情報セキュリティスペシャリスト試験
合格者にも登録資格があるのですが、
それが2018年8月19日で期限を迎えるとの通知でした。
なお私もその対象者です。

さて、新設された士業ということで、
個人的に興味がなくはないものの、
実際にそういう方面の業務に就くということでなければ、
資格維持費の高さばかりが目についてしまいます。
3年間で約14万円は趣味だとなかなか厳しい。
その中身の多くはオンライン講習や集合研修の経費なのでしょうが。

それでも一応集合研修について調べてみたところ、
開催されるのは大都市のみで、時間は9:45から17:30。
これだと、私のような地方在住者では
前泊・後泊が必要な可能性もあり、
交通費と合わせるとさらに出費がかさみます。
ということで今回はやはりスキップ。
まあ情報処理安全確保支援士の試験は
無勉強でも一発合格の自信はあるので、
万一必要になっても何とでもなるでしょう。

ところで現在の登録者数は9000名程だそうです。
人数を増やすために維持費の低下が
起きることを期待しておきます。無理でしょうけど。

2018年7月5日木曜日

Pokémon GO 2周年

未だ完全無課金を貫いて継続して遊んでいるPokémon GO。
このたび2周年を迎えました。
1年前にトレーナーレベル33今年3月にレベル37となり、
ちょうど2周年あたりで38に到達かな、とか思っていましたが、
キャンペーンでザクザクXPがたまり1ヶ月前倒しとなりました。
うわさによると、トレーナーレベルが38になれば
ポケモン自体の強化レベルの上限が最大の40となるということで、
これ以上トレーナーレベルを上げてもあまり意味はないようです。
ということでそろそろペースを落とそうかな、
と考えていたところにキャンペーンラッシュ。
この機会に[しあわせたまご]を使いきるつもりでいます。

さて、コツコツやってるPokémon GOも
度重なるアップデートやキャンペーンの乱発で
バランスがおかしくなっているような気がします。

なかなか出現しない[かくとう]タイプを地道に集め、
[カラテおう]の金メダル(200体)まであと1体となったところで
[かくとう]タイプ大量出現キャンペーンが発動し、
その期間だけで500体捕獲したことがありました。

[ドラゴン]タイプにしても[ドラゴンつかい]の
金メダル(200体)まであと20体となったところで
突然[アローラナッシー]が出現キャンペーンがあり、
簡単に達成してしまったこともありました。

やっとのことで捕まえた[ヨーギラス]を連れてひたすら歩き、
アメを貯めてようやく[バンギラス]に進化させたと思ったら、
[ヨーギラス]大量発生で簡単に最強[バンギラス]を入手できたとか。
それまでのは一体何だったのか。

現状は結局のところキャンペーンというさじ加減で
トレーナー間の差が小さく、画一的になっているような。
こうなると今更ポケモンの交換に対応とか
言われても効果が薄いと思われ、
地域限定ポケモンぐらいにしか需要がない気がします。
と言いながらもぼちぼちプレーし続けるでしょうけどね。

ところで以下は私の所有ポケモンやジム、メダルの状況です。
私自身の備忘録ですので気にしないでください。

トレーナーレベル : 38
トータルXP : 12876493

個体値を厳選して最大強化した主力ポケモン
バンギラス×3
カイリュー×2
ギャラドス×3
ハピナス×1

個体値を厳選して最大強化したポケモン
サイドン×1
カイリキー×1
ナッシー×1
アローラナッシー×1
シャワーズ×1
ブースター×1
サンダース×1
ハリテヤマ×1

図鑑 - 第1世代(カントー地方)
地域限定と思われる[ケンタロス]を残すのみ
[ミュウツー]×7 (EXレイドには9回参加、EXレイドパスは多分倍以上)

図鑑 - 第2世代(ジョウト地方)
地域限定と思われる[ヘラクロス]、[サニーゴ]、
未実装と思われる[ドープル]、[セレビィ]を残すのみ。

図鑑 - 第3世代(ホウエン地方)
104種。
その他すでに進化の準備が整ってゲットレディーな物も多数。
ただしスペシャルリサーチでお題になる可能性を考慮し、
それらの進化は保留中。

ジム
金 : 6
銀 : 14
銅 : 21
合計 228
(うち海外12)

金メダル
ジョギング : 2867.94
カントー : 150
コレクター : 22612
けんきゅういん : 2780
ブリーダー : 804
バックパッカー : 19599
バトルガール : 1143
ジョウト : 96
きのみ名人 : 3086
ジムリーダー : 4669
ホウエン : 104
銀メダル
つりびと : 191
エリートトレーナー : 728
たんパンこぞう : 223
ピカチュウ だいすきクラブ : 226
バトルレジェンド : 141
ポケモンリサーチャー : 244
銅メダル
アンノーン : 5
チャンピオン : 50

金メダル
じゅくがえり : 9008
カラテおう : 720
とりつかい : 5411
バッドガール : 4390
いせきマニア : 1258
やまおとこ : 1124
むしとりしょうねん : 3213
オカルトマニア : 464
てつどういん : 308
キャンプファイヤー : 919
かいパンやろう : 5716
にわし : 2350
でんきグループ : 782
サイキッカー : 1548
スキーヤー : 445
ドラゴンつかい : 223
こわいおねえさん : 387
メルヘンしょうじょ : 680

2018年7月4日水曜日

階段は健康?

よくエレベーターやエスカレーターより階段を使うと
健康になるとかいいますが、
先日階段を上っていて思いっきりけっつまずき、
危うく顔面を階段の角に打ち付けそうになりました。
別に急いでたことはなく、考え事してた訳でもないのですが。
まさか老いか?

反射神経も運動神経もまあまああったので、
そのときは両手を出してしっかり支え
最悪の事態は避けられましたが、
おかげでしばらく手首が痛くって。
階段は危険ですね。

2018年7月3日火曜日

Wireshark

Etherealと呼ばれていた頃は多用していたWireshark。
ネットワークパケットキャプチャーツールです。
ずいぶん使っていません。
昔はCUI版をちょっと手直ししてビルドし、
パイプでつないで便利ツールを作ったりしてましたね。

さて、最近ちょっと用事があって、
WiFiで取得したパケットデータをWiresharkで見ていると、
ペイロードが暗号化されていて
全然内容が分からないことに気がつきました。
セキュリティにうるさい昨今、当然ではありますが。
しかしこれでは役に立たないなとか思いつつ調べていると、
Wireshark内部で復号して表示できる機能を発見しました。

[編集]-[設定…]メニューで[設定]ウィンドウを開き、
その中のツリービューで[Protocols]-[IEEE 802.11]を選び、
現れる[Decryption keys]の[Edit…]ボタンを押して
[WEP and WPA Decryption Keys]ウィンドウを開き、
[+]ボタンを押すことでリストビューに増えた項目の
[Key Type]と[Key]を適切に設定("WEP"を選択しWEPキーを入力等)すれば、
キャプチャー済みデータの暗号化が解けて内容が表示されるようになるんですね。

Wiresharkがどんどんバージョンアップされていくのを横目で見ていて、
そんなに追加機能のネタがあるのかと不思議でしたが、
ネタは尽きることがないと思えなくもないような気がしてきました。

2018年7月2日月曜日

Windows10でWebDAV

http(https)でウェブサーバとファイルをやりとりできるWebDAV。
登場した時から便利に使っていましたが、
sambaでファイルをサーバに置いたままアプリケーションで
開いていた方には評判が悪かった。
しかもWindows XPでまともに動いていた
OS標準のWebDAVクライアントがVista以降でおかしなことになり、
フリーソフトのTeamFile等を使わざるを得ないようなひどい状態に。

最近Windows7からWindows10に環境が変わったので、
WebDAVはどうなったか確認してみると…
なんとhttpは非対応でhttpsでないとだめなんだそうな。
しかも試したところでは証明書が有効期限切れだとダメみたい。
でもTeamFileでなら大丈夫でした。
どうにも不遇なWebDAVです。

2018年6月28日木曜日

Windows10のコントロールパネル

少なくとも3.1の頃からWindowsには[コントロールパネル]があり、
システム系の設定は大体ここで行っていました。
しかし最近のWindowsではその役割を
[設定]アプリケーションに取って代わられています。
まあこれがわかりやすいとは言えませんし、完全でもない。
ということでWindows10にも[コントロールパネル]はあります。
ただパッと見えるところにはありません。それが困りものです。

そんな[コントロールパネル]の簡単な出し方を知ったのでメモしておきます。
タスクバーの[検索]メニュー([虫眼鏡]アイコン)で
"con"まで打つと[コントロールパネル]アイコンが出現するので、
それをクリックすればいいのです。
Windows10、GUIのくせにやたら魔法の言葉を打たされます。

2018年6月27日水曜日

英辞郎とDokoPop!

最近はウェブ上での辞書サービスやら
翻訳サービスやら当たり前に使用できますが、
昔はそんなものありませんでした。
で、私は恐ろしく昔から英辞郎の辞書データを買ってきて、
PC向け、PDA向け、携帯電話(スマートフォンではない)向けと
いろいろと使い倒してきました。
もちろん今でも便利に使っております。
10年以上前の辞書データのままで。

Windowsでとなると
PDIC+英辞郎+DokoPop!が定番です。
テキストエディタ等で文字列を選んで[Ctrl]+右クリックで、
単語の和訳がポップアップ表示され非常に便利。
ところがWindowsのバージョンアップに連れ
ちゃんとポップアップできなくなってきて、
最近はDokoPop!を使わず、PDIC+英辞郎に文字列を
コピーして訳するような使い方しかしていませんでした。

ところが先日久しぶりにDokoPop!を入れてみると、
以前に比べてわりとうまく動作してくれます。
しかもマイクロソフトのフリーソフトSharePoint Designer
に入っているOCR系のソフトっぽい
Microsoft Office Document Imagingと組み合わせて、
対応アプリケーションを拡張しているようです。
詳しくは公式サイトを参照ください。

昔使ってたソフトを回顧してみるのもたまにはいいかも。

2018年6月26日火曜日

Windows10でクイック起動

先日紹介したWindows10スタートアップについて、
応用例を見つけました。
[Windows]+[r]キーで現れる[ファイル名を指定して実行]ウィンドウで
"shell:Quick Launch"を実行すると、
懐かしの[クイック起動]のフォルダが開きます。
ここにショートカットを置けば[クイック起動]に表示され
使用頻度の高いアプリケーションを1クリックで起動できます。

なお[クイック起動]を表示するようにするには
タスクバーで右クリックして[ツールバー]メニューから
[Quick Launch]にチェックを入れます。
あとは[クイック起動]上で右クリックし、
[タイトルの表示]や[ボタン名の表示]のチェックを外すなどして、
好みの状態に設定できます。

Windows95の頃からよく使っていた[クイック起動]も、
Windows10ならタスクバー上にピン留めしておけば
同様の使い勝手を実現できるので、
もうそろそろお役ご免なのかもしれません。
一抹の寂しさがよぎります。

2018年6月25日月曜日

Windows10のスタートアップ

Windowsの起動時に自動的に立ち上げたいアプリケーションがある場合、
スタートメニューの[プログラム]にある[スタートアップ]フォルダ、
または[Startup]フォルダ内にそのアプリケーションのショートカットを
置いておけばいいのですが、Windows10では見当たらないorz

調べてみると[Windows]+[r]キーで現れる
[ファイル名を指定して実行]ウィンドウで"shell:startup"を実行すると
目的のフォルダがエクスプローラで開かれるので、
そこにショートカットを置けばいいとのこと。
詳しくはサポートサイトを参照ください。
このコマンドを知っていれば便利なんでしょうけど、
ここを開く必要性ってほとんどありません。
次に必要になる頃にはすっかり忘れていてまた悩むんでしょうね。

2018年6月21日木曜日

ボトルガムをぶちまける

現代人はストレスと無縁でいることなど不可能でしょう。
そんなストレスを和らげるべく、私はしょっちゅうガムを噛んでいます。
お手頃なボトルガムを1ヶ月に1度は買ってます。
初めてボトルガムを買ったときに、
中に入っていた付箋をおまけと思い込み文房具として使いかけ、
そういえば噛んだ後どう捨てるんだろうとなったとき、
ああ付箋じゃなくて捨て紙だと気づいたのも今では遠い昔です。

さて、この間ボトルガムの蓋を開け損ねて中身をぶちまけてしまいました。
土足で歩く場所だったので3秒ルールを発動したかったものの、
結構な量だったので拾いきるのに時間がかかってしまいました。
しかしこれを捨てるのももったいない。ということで水洗いしてみました。
まあ表面がコーティングしてあるので大丈夫だろうと。
ところが水でシェイクして洗うと表面が剥げてボロボロに。
しかもやけにあまーい匂いを周囲に漂わせます。
さらにレモン味は口に入れた瞬間からダイレクトに酸っぱい。
やっぱりガムなんて洗うものではないですね。

2018年6月20日水曜日

朝の番組の情報が役に立つなんて

視聴者のテレビ離れが叫ばれて久しい今日この頃。
それでもテレビをつけていないとちょっと寂しく感じるのは
そういう世代だからなのでしょうか。
ニュースも天気もネットで視ればいいのですが、
朝はなぜかテレビを視ながら朝食を食べます。
つまんない番組だなと思いつつも。

ニュースや天気はともかく、朝っぱらからそんなことして、
というような誰が興味があるのか的なことをやってたりします。
ただ先日私にもちょっと興味あることが…
先日某朝番組でadidas YEEZY BOOST 350 V2が出てきて、
インタビューされた方が、いくらでも歩ける的な
聞き捨てならない発言をしており、アンテナが反応しました。
調べてみるとこれ自身は限定品らしくプレミア価格のようで、
とても買う気にはなれません。ですがさらに調べてみると、
BOOSTフォームというのはadidas社独自の
靴底に使うクッション素材のことのようで、
ランニングシューズなどに使われていることが分かりました。

ということでBOOST入りの靴がいいような気がしてきました。
許せる範囲の値段の商品もラインアップされているので、
ちょっと靴屋でもハシゴしてみようかと思ってるところです。

2018年6月19日火曜日

進歩しない道路交通法

10年程前、イスラエルで公道を歩いていた時に
走ってきたセグウェイとすれ違い、
思わず振り返ってしまったことがあります。
しかしセグウェイは日本で一般化することはなく、
一部警備などで業務利用されてはいるようですが、
単なるアトラクション要員の感は否めません。
まあ世界的に見てもあまり優遇されているようにも見えませんが。
もちろん社会生活全体の安全を考えると難しい面もあるものの、
新しいモビリティを全力で潰しにかかっているような現状には辟易します。
ただ自動運転についてやけに積極的にみえるのが不思議で。
結局のところ重要なのはロビー活動ということなんでしょうかね。
セグウェイを日本の大手自動車会社が開発していれば、
きっと状況は劇的に変わっていたことでしょう。

さて、先日取り上げた電装スクーター兼電動アシスト自転車glafit
これも法解釈の狭間で中途半端な位置づけにしかなっていません。
せっかく出てきた新しいモビリティが、
結局マイナーなままになりそうで残念です。
まあでもglafitが普及することで日本が変わるのなら
私が人柱になるのも悪くはないか。
しかし衝動買いするにはちょっと高い…
諸費用やヘルメット購入を考えると尚更です。
指紋認証機能をなくすとか、航続距離を半分にしてもいいので、
もうちょっと廉価なモデルをお願いしたいところです。

2018年6月18日月曜日

IngressでPortal申請

Ingressで長らく停止されていたポータル申請。
Operation Portal Reconに参加したのをきっかけに、
もしかして再開してるんじゃないのと考え、
ゲーム画面で長タップしてみると[ポータル申請]のメニューが…
全然気づいていませんでした。

ところがいざ申請しようとするも、
ポータルにふさわしい物はすでにポータルになっています。
そんな折、駅近くを歩いていると3日前には確実になかった
オブジェが目の前に存在するではありませんか!!
ということで早速申請しました。

それから1ヶ月半程後のこと、通知メールが届きました。
果たしてその結果は…申請拒否orz
メール(英語)を読んでみると、個別の拒否理由は分からないものの、
よくある理由としてポータルが見つからないという趣旨の物が。
つまり私の申請が早過ぎたということです。
自分でも審査しているので理解できます。

審査の際に最重要なのはその物がポータルにふさわしいかですが、
その物が実際に存在するかをGoogle Mapで確認します。
建物だと航空写真で何となく分かりますが、
様々な事情で存在が判断できないことも多く、
そういう場合はあるんじゃないの的に推定存在を基本にしています。
ストリートビューに対応した場所でも原則そうなのですが、
まれにドンピシャであるなしを判断できる場合があります。
私が申請した物もまさにそれ。
ストリートビューの更新頻度は年単位で、
高々2ヶ月前に設置されたものが今現在ストリートビューで
確認できるなど、奇跡に近いのです。
そして一応その場所をストリートビューで見てみると完全にない。
いつもそこを通る方がたまたま審査するのなら許諾もありえますが、
自分自身が審査している経験から言って、それも奇跡に近い。
ということで何年か後にまた再申請してみようと思います。

2018年6月14日木曜日

オレオとノアールとルヴェール

しばらく前に食べ比べしたオレオとノアールですが、
なんとブルボンから類似品が登場です。その名もルヴェール
"Le verre"はフランス語でガラスのことのようです。
"le"は英語の"the"ですね。これは知ってます。
それはともかく店頭で見つけたので購入し、オレオノアールと食べ比べです。

とりあえず一口食べてみたところ、オレオとノアールより
ルヴェールの方が甘いような。
そこでじっくり味わってみてわかったのがクリームの違い。
オレオとノアールはやや固めでクリーミーでミルクの風味が強く
甘さ控えめであるのに対し、
ルヴェールは少しザラザラ感がありやや甘め。
クッキーは違いが分かりませんね。
真剣に味わうと微妙な違いが感じ取れなくもなく、
ルヴェールの方が後味のココア感がやや強い気もします。
あるいは気のせいかもしれません。
ちなみにオレオとノアールの差は相変わらず分かりません。

とはいえ最も大きな違いは
ルヴェールだけが個包装になっている点でしょうか。
あとルヴェール売ってる店って少ない気が…

2018年6月13日水曜日

変なSIMは貼る

しばらく前に取り上げたH.I.S.モバイルの変なSIM
発売まではもう少し待たねばなりませんが、
新たにちょっと変な発表がありました。
なんと変なSIMは貼るんだそうです。

SIMロックフリーなスマートフォンを手に入れるのが難しく、
SIMロック解除なんてこともできなかった昔、
SIMカードの上にシート状のSIMカードっぽいものを重ねてセットし
SIMロックを回避するようなチートツールが売られていましたが、
変なSIMのコンセプトはそれと同様です。
普通のSIMカードに変なSIMを貼り合わせ、
アプリケーションからどちらのSIMを使うか制御できるみたいです。
これなら日本国内で使用するためのMNO/MVNOのSIMカードに
海外用の変なSIMを貼っておくことで、
SIMカードの差し替えなしにワールドワイドで通信できます。

変なSIMは貼るタイプだけでなく普通のSIMカードもあるのですが、
貼るタイプなら適当なダミーSIMに貼っても使えると思われ、
だったら貼るタイプのほうが汎用性があるかと思えるのですが、
SIMカードの厚みが増したり、貼った物がはがれたりすると
スマートフォン側にダメージを与え兼ねないので、
やっぱり普通のSIMカードの方がベターかなと。
どちらにしろキャンペーン価格のうちに購入する予定です。
具体的な渡航予定はないんですけどね。

2018年6月12日火曜日

glafit

昔からいつもいる隣の人の名前が出てこなかったり、
いろいろな単語を適当に覚えていて言い間違える事が多いです。
「天然」と言えば聞こえはいいですが、
「出川哲郎」みたいと言われても言い返す言葉が見つかりません。
まあどうでもいいと判断したものなら覚える必要はないのですが。

さて、最近glafitという折りたたみ式電動アシスト自転車の存在を知ったのですが、
これ、いろいろ考え合わせると1年前にすでに知っていて、
記憶しているべきものなのですが、まったく覚えがありません。
折りたたみ自転車は常に車に載せていて、
タイムボカンのテントウキのような使い方をしているので、
こんないいもの覚えていないのはおかしい。

しかしいろいろ調べて分かりました。
glafitは漕がなくても電動スクーターとして使えるため、
法的には原付の扱いで、ナンバー登録と自賠責保険への加入、
税金、ヘルメットの着用、それに当然運転免許が必要なのです。
また車道を走らなければならないということで、
電動アシスト自転車としての走行であっても歩道は走れず、
自転車専用道路も通れないことになります。なんて中途半端な。
折りたたみ式電動アシスト自転車ではなく、
折りたたみ式電動スクーターと見るのが正しく、
バッテリー切れの緊急時に漕いで進めるぐらいのものです。
glafitは私にとっていらない物で、
だから記憶から消されていたんですね。

2018年6月11日月曜日

IngressのPortal Recon

位置情報ゲームIngressでは、プレーヤーから情報を募って、
現実に存在する何かをゲーム内のオブジェクトにしていますが、
送られてくる情報が溜まりに溜まったために
ある時期より募集を停止していました。
私がプレーし始め、慣れてきたので申請してみようかな、
と思った頃には受付停止してました。
その後、運営側だけではどうにもならないほどの数の情報の精査を
高レベルプレーヤーに協力してもらうような制度を始めたのが昨年。
それから対象プレイヤーレベルを徐々に下げ、
どうも昨年の夏頃にはレベル12のプレーヤーにも開放したようです。
って、それを私が偶発的に知ったのは2ヶ月弱前。
開放当初私は既にレベル12、つまり1年弱知らずに過ごしていたことに。

それはともかく、審査に参加すべく
ウェブブラウザでOperation Portal Reconへ。
ポータルの審査はIngressのゲーム内ではなくブラウザ上で行います。
Ingressで使っているGoogleアカウントでログインすると
最初にテストを受けさせられます。
提示された物がポータルとしてふさわしいかどうかの判断を
10件分解くことになります。
合格ラインは不明ですが、私は一発クリアできました。

その後は実際に申請されたものを1件ずつ地道に評価していくのですが、
これが存外楽な仕事ではなく、一度に数件もすれば飽きてしまいます。
たくさん処理すればメダルがもらえるとのことですが、
金への道のりはかなり高そうで、モチベーションだだ下がりです。
とりあえず1ヶ月半ほどで200件ばかりこなしたところで、
[ライブされたポータル]と[却下されたポータル]の合計は
ちょうど100件となり、銅メダル(数値は100)がもらえました。
どうもこの水準に達するまでメダルの影さえ表示されないようです。

なおメダルゲットの直前あたりにランクがGOODからGREATに上がり、
それと時を同じくして通常の審査とちょっと違うものが混じるように。
[ポータル編集の申請を分析中]とか言って、
2つの[タイトル]から適切な1つを、または適切な[説明]を選択させられたり、
あるいは最も正確な[場所]を選択させられたりしました。

それにしても100件審査するのに1ヶ月かかっているようなペースだと、
金メダルのしきい値2500を越えるには、少なくとも2年はかかります。
レベル13まで金メダルが1つ足りてないので
この審査で稼ぎたいのはやまやまですが、
実際に歩き回れなくてもいいとはいえこれもやはりかなりの苦行。
先は長そうです。

2018年6月7日木曜日

RDAPが始まってる?

ネットサーフィン等でおかしなサイトに誘導されたとき、
whoisでそのドメインを調べるとその所有者が分かり、
公式なのかフィッシングなのかの判断材料になることはあります。
しかし、私がwhoisを使うのは専ら所有ドメインの更新確認です。
窓口となるサイトにクレジットカード等で料金を支払うと
即座にwhoisデータベースに反映され有効期限の延長を確認できます。

そんな便利なwhoisですが、その問い合わせ結果は
人間にはわりと読みやすいものの、
歴史的経緯でもあるのか表示形式が統一されておらず
レジストリによってまちまちで、機械処理するのには向いていません。
そこで編み出されたのがRDAPです。
これはhttpで問い合わせ、返事はJSON形式となっています。
詳しくはAPNICのサイトでも参照ください。

このRDAP、ずいぶん前からIPアドレスには対応していて、
https://rdap.apnic.net/ip/<IPアドレス>
(例えば https://rdap.apnic.net/ip/8.8.8.8)
などとするとそれなりの情報が得られたのですが、
ドメインについてはなかなか対応されませんでした。

ところが先日特に理由もなく思いつきで
https://rdap.apnic.net/domain/<ドメイン名>
(例えば https://rdap.apnic.net/domain/google.com)
にアクセスしてみると、なんとまともな答えが返ってくるではありませんか。
いつの間にか対応が始まっていたんですね。
ただし、
https://rdap-pilot.verisignlabs.com/rdap/v1/domain/<ドメイン名>
にリダイレクトされており、"pilot"と付いているあたり
まだテスト段階ということなんでしょうけど。
あとTLDが"com"や"net"だとちゃんと対応できていますが、
"jp"ドメイン等は"404 Not Foud"となります。
まあまだ公式アナウンスはないようなので仕方ないでしょう。

2018年6月6日水曜日

Intelの創業50周年記念プレゼント

Intelは今年創業50周年、そしてx86アーキテクチャは40周年なのだそうです。
x86がアーキテクチャとして絶対的に優れているのかと問われると
答えに苦しみますが、相対的にはいいと思います。
少なくとも個人的にはMIPSやSHよりは好きですね。
って、分岐遅延が嫌いなだけとも言えますが。
とはいえ分岐遅延で痛い目にあったことがあるわけではありません。

さて、IntelのCPUと言えば大人の事情から
Intel自身あまり語りたがらないのですが4004から始まり、
しかし本流の始祖はというとやはり8086でしょう。
Zailog社のZ80 CPUから学習を開始し、
ARM(32bitとTHUMB)も十分使いこなせる私ですが、
実は8086搭載のマシンは触った記憶がありません。
香港在住時に父親が買ったのがPC-XT互換機だった
と思うのですが、これでも8088ですからね。
もしかしたらAT互換機で80286搭載だったかもしれません。
ああ、そういえば組み込みで80186はちょっと触った気が。
ちなみに初めて入手した自分専用のWindowsノートPCは486DX2搭載で、
その後購入したデスクトップPCはPentium 120(P54C)でしたね。
このデスクトップPCは並行輸入品のGATEWAY2000のフルタワー。
懐かし~

閑話休題。Intelではこのx86の40周年を記念して、
始祖8086の名を組み入れた高性能CPU"Core i7 8086k Limited Edition" を全世界で8086個(日本で500個)をプレゼントするとのことです。
応募は特設サイトから行うのですが、
応募期間は日本時間2018年6月8日9時からの24時間とのことなので
欲しい方は忘れずに応募しましょう。私も応募します。
しかしプライベートでデスクトップPCを使わなくなって久しく、
対応マザーボードはもちろん、使えるパーツは何一つありません。
もし当選すれば動くようにいろいろ揃えるつもりではいますが、
出費を考えると当たるのも困りものです。

2018年6月5日火曜日

交通標識も国際化

だいぶ前に自動車の運転免許証を更新しに行きました。
免許取得以来ゴールド免許を維持しており、
今回も30分程の講習を含め短時間で手続完了です。

その講習の中で、最近英語併記の交通標識が
増えているとの話を聞きました。
赤い下向き三角に「止まれ」と書かれた一時停止の標識に
「STOP」の文字が併記されるようになっており、
管内でも徐々に新しいものに入れ替えているんだそうです。
いやまあ昔から外国人にやさしくないとは思っていましたが、
どうやら2020年のオリンピックに向けて重い腰を上げたようです。
道路に白字で書いてある「止まれ」とか「とまれ」も
何とかしたほうがいいような気がしますが、
どうするつもりなんでしょうかね。

さて、これまで"STOP"の標識って見たことないなと思いつつも、
自宅近くの住宅街を注意深く探してみると…結構ありますね。
どうやら私の目が節穴だったようです。
でも、こんな所外人なんてくるのか…いやいた。
そういえばかなり前、犬の散歩してて隣の町内に住んでる
欧米系の方に話しかけられたことがありました。
日本語ペラペラでしたから日本語表記で問題ないでしょうけど。

2018年6月4日月曜日

飛行機への搭乗者への教育

過去何年にも渡って、飛行機の乗客のマナーの悪さが
ニュースになっています。
中国人が目立ってはいますが、日本人もちらほら。

さて、数年前LCCに乗ったとき、
おそらく香港人と思われる人たちが私の前の席に座り、
離陸前からリクライニングシートを倒してきました。
あせって英語でまだ倒すなと注意をしたところ、
きちんと理解して直してくれましたが、
これはマナーではなく安全航行上のルールですから。
って、もしかして今は違うのか?

そもそもこれって、何かあった場合の避難経路確保のため
だと認識しており、前の座席のリクライニングシートが
倒れている事が万一の場合に障害になりかねず、
離着陸時はリスクが相対的に高いので、
このようなルールになっているんだと聞いたことがあります。
特に前後の座席間隔が狭いLCCだと致命的ですし。

手荷物は前の座席の下にと、CAが注意しているのもよく聞き、
これも安全のためではあるのですが、
単にダメだというのではなく、きちんと理由を付して説明するのが
航空会社の義務ではないでしょうか?
まあいちいちその場で理由まで言ってられないので、
搭乗待合スペースで教育ビデオを流すのもいいかも知れませんし、
義務教育でそういうことを教えるというのも意義があるでしょう。
もう飛行機なんて特別な乗り物でもないんですから。

2018年5月31日木曜日

靴底が減る

ここ何年かF1の決勝レースを視ることがなくなり、
現状は知らないのですが、現行のピレリタイヤになってから、
レースの周回が進むにしたがって路面がタイヤかすだらけになり、
ラインを外すとえらいことになっていたのは覚えています。
そして私の歩いた後にも…

半年ぐらい前に靴を買いました。
よく歩くので靴底が柔らかくクッションが利き、
かつ安いものを選んだのですが、
コンパウンドが柔らかすぎるのか靴底が糸状のゴミになって
ちぎれていきます。そう、F1のタイヤの用に。
まあかかとにゴミがくっつく程度ですが。

半年にして偏摩耗により靴底が平行でなくなってきており、
しかも靴底が上部から剥がれぎみになる始末。
そんなに安物と言うほどでもなかったんですけどね。
とりあえず接着剤でくっつけてもう少し履きたいところですが、
膝への負担が大きくなっているような気がしてどうしようかと。
次買うときは靴底が硬いものを選んだ方がいいのかな。

2018年5月30日水曜日

チョコミントが流行ってる

もう本当に大昔。
中学生時代の一時期、香港在住時の話になります。
まだいろいろよく分かっていなかった引越し当初、
母親がまあまあ近所のスーパーマーケットから
アイスクリームを買ってきました。
暑い季節だったこともあり早速食べてみたのですが、
チューインガムのような妙な味…そうチョコミント味でした。
その時は非難囂々だったのですが、慣れとは恐ろしいもの。
1年後にはこれがベーシックとなりました。
その後日本に帰ってくると…チョコミントは皆無orz

それから考えるのも恐ろしいような長い年月が経ち、
いつの間にかチョコミントは市民権を得ています。
いやむしろ大人気なんだそうな。
時代がようやく私に追いついた?

2018年5月29日火曜日

mineoのパケットギフトが勝手に

使い始めてから3年も近くなってきたMVNOのmineo。
これまでフリータンクにはINしかしたことがない
正直者ユーザーです。
ホームページで毎日のようにパケット残量を確認し、
使いすぎないように注意はしつつも、
繰越分や翌月の予定など鑑みながら
都度プラン変更を行ったりしております。

ところで先日急にパケット残量が増えたことがあり、
調べてみるとパケットギフトを勝手にもらってきています。
実は数ヶ月前にも似たようなことがあって
なんだか気持ち悪かったのですが、
ものすごく色々考えていて思い出したのがキャンペーン。
そういえば1ヶ月ほど前に応募していたのの特典に
そんなのがあったような。
もらえるのはうれしいんですけど、
発生理由が分かるよう備考でもつけて欲しいですね。

2018年5月28日月曜日

任天堂社長交代

1ヶ月後に迫った任天堂の定時株主総会。
株主である私は今年も参加する予定です。

ところで1ヶ月前に行われた決算発表の中では
景気のいい数字が並んでいたのですが、同時に驚くべきことも。
代表取締役社長の交代です。
まあ現在の君島社長の年齢を考えれば、
長期政権にならないことは予想の範囲内でしたが、
3年弱で若い世代に引き継ぐことになります。
基本的に故岩田前社長が蒔いた種を育てる役回りだったと思われますが、
果たして君島氏は何を蒔いたのか。
厳しい言い方になりますが功績が見えないようにも思えます。

さて、新社長は古川俊太郎氏。現取締役です。
経歴をみると…本業のゲーム開発現場出身ではなさそうです。
会社が大きくなり、比較的平穏な時期には、
こういうタイプの方がトップに立つのはこの世の摂理なんでしょう。
実績が明らかでないのでなんとも言えませんが、
個人的にはなにか物足らなさを感じます。
それと同時に今後それを払拭してくれることを願います。

それにしても、ファミリーコンピュータ発売から35年。
社内は役員・従業員含めて大きくなった任天堂に入ってこられた方ばかりで、
それ以前からの古株はほとんど絶滅していることでしょう。
取締役に若干1名まだいますが、
それほど遠くない未来には引退してしまうことでしょう。
事業多角化でピンチとなった過去を知る中の人もいなくなります。
もし来る株主総会で質問の機会があれば、新社長に対し、
目指している将来の任天堂の姿について訊きたいですね。
多数の緩い連系で多様な展開しつつ利益を積み重ねていくのか、
それとも映画製作等取り込んでいって娯楽のコングロマリット化し、
規模と利益の飛躍的拡大を目指すのか。
どちらにしても宮本フェローの役割と
来るべき引退に向けての置き土産を氏自身に問うてみたいとも考えます。
ちなみに現社長の君島氏には、質問の前のちょっとしたお願いとして、
故岩田前社長がエグゼクティブプロデューサーを務めた
最期期のタイトルについて何らかの形で教えてほしいですね。
ついでに君島氏自身の分も(失礼!)。

2018年5月24日木曜日

変なSIM

SIMロックフリーなスマートフォンの何が便利って、
国外で現地のSIMカードに入れ替えれば、
音声通話/データ通信ともにお得に通信できることです。
まあ私が体験したのは台湾香港の2ヶ国(地域)だけですが。
ただこれ、現地に着いてから現地のSIMカードを手に入れるまでに
時間がかかるようなことがあるとえらいことになります。
大手キャリアに加入していればローミングで対処できますが、
ほとんどのMVNOではそんなサービスありません。
ということで、通信不能期間をなくすために
日本であらかじめ現地のSIMを入手
とかいう手を検討することになります。割高にはなりますが、
しかし特に初めての国(地域)に行くときには頼りになります。
そういう方はきっと私だけではないはず。

そんな方に朗報が。
以前、日本通信とH.I.S.が組んで海外旅行先での
通信への新しい提案をするみたいなニュースがありましたが、
この度それが具現化しました。
その名も「変なSIM」。ネーミングが日本通信っぽい。
詳しくはH.I.S.モバイルを参照ください。
私は渡航予定もないのにとりあえず先行予約しておきました。

この「変なSIM」、別に変なことはなく、
多分日本通信自身が発行するSIMカードで、
1枚1980円(2018年9月30日までは990円)で購入すれば、
世界75以上の国(地域)で3G(W-CDMA?)/LTEで通信できます。
音声通話はできないデータ通信専用なので、
例えばホテルに電話しないといけないとか、出先でタクシーを呼びたい
というようなことがあると辛い(私は英語での電話は避けます)ですが、
データ通信ベースのIP電話系サービスは使えるので、
日本との連絡や現地での仲間内での連絡で困ることはないでしょう。

変わっているのはスマートフォンに専用のアプリケーション
(Android/iOS?)を入れておいて、
そこで国を選択すればAPN等自動設定してくれることです。
というか通信料金はこのアプリケーションのアプリ内課金扱いのようで、
LTE回線付きWindows PCとかどうなるのか。ちょっと心配です。
なお料金は500円で、200MB分の高速通信が可能ですが、
それを消費後は128kbpsの低速となります。
期限は24時間とのことですが、
これが料金を払った時から開始なのか、
通信を始めてからなのかは不明です。
また追加で500円払えばまた200MB分の高速通信できるのか、
国をまたいだ場合どうなるか等も分かりませんが、
7月のサービス開始までにはきっと明らかになることでしょう。

注意が必要なのは、3年間未使用で無効化される場合があること。
使える国リストに"日本"があれば、スマートフォンの動作テストがてら
国内でちょくちょく使うこともできるんですけど
残念ながら日本では使えないようです。
となると動作は国外に行ってから確認ということになります。
それもちょっと怖いですね。
まあよほど変な機種でなければ問題はないと思いますけど。

ところでこれをきっかけに知ったH.I.S.モバイル。
国内向け音声通話対応SIMも
わりといい感じの値段設定のような気がします。
ドコモ系とソフトバンク系が選べますし。
最近日本通信何やってんだろうと思ってましたが、
水面下ではいろいろやってるんですね。
できればもうちょっと派手に動いてほしいですけど。

2018年5月23日水曜日

Nintendo Switch 2台目用セット

時を遡ること1990年。
任天堂からスーパーファミコンが発売されました。
そのパッケージの中にはゲーム機本体とコントローラー×2だけ。
遊ぶのに絶対に必要なACアダプタと
RFコンバーター(テレビのアンテナ線との接続用)は別売り。
前世代機であるファミコン用のものがそのまま使えるので、
すでにファミコンが遊べる環境であれば、
本体を入れ替えるだけでスーパーファミコンが遊べ、
無駄な金を払わなくていいという親切設計でした。
そうでないなら別売りのACアダプタを購入する必要があり、
別の面では親切でなかったともいえます。
テレビとつなぐためのケーブルについては数種類のうちから
テレビに合わせて1つを選んで買うことになるので、
こちらに関しては合理的ではありましたが。
まあ時代的にはコンポジットビデオ+ステレオオーディオの
AVケーブルが標準的で、これすら別売りでした。

では2006年発売のWiiはどうだったかというと、
余計なものがたくさん入っていました。
既に死滅した感のあるD端子の時代ではありましたが、
コンポジットビデオのケーブルが標準でついていて、
まったく使いもしなかったので、
この分だけでも安くしてくれてたらとは思いましたが、
とりあえず1台買ってくれば、テレビさえあれば
追加で何も買わなくても遊べたのは親切でした。
もちろんゲームソフトは別途購入の必要が(例外あり)。

そして現代。
昨年発売開始となったNintendo Switchには、
Wiiと同様必要なものはパッケージに含まれていますが、
ドックとかっていらない人もいるのでは、とか思ってました。
ゲームにもよりますが、全体的にみると
ソロプレーなら携帯モードかなって気がしてますし、
複数台によるローカルマルチプレーなんかは、
TVモードでプレーできるのは一般的な環境では
たかだか1台ぐらいのものですし。

とか考えているところに登場したのが
Nintendo Switch 2台目用セットです。
本体+Joy-Con(L/R)だけで、充電用ACアダプタもない
割り切ったセットであるものの、価格が5000円ほど安く、
25000円で売ってたスーパーファミコンと同程度です。
ただし別売りの純正ACアダプタ
購入するというのであれば価格的にお勧めはできません。
まさに2台目ならちょうどいい。
販売はマイニンテンドーストアのみと限られますが、
その代わりJoy-Conの色を好きに選ぶこともできます。
任天堂のSwitch1人1台普及計画が動き出したということですね。