2018年4月26日木曜日

黒と白は汚れが目立つ

大昔に買った正月の福袋にダウンジャケットが入っていて、
着てみると思った以上に温かったため、
冬の外出時には手放せない存在になりました。

長い間黒いダウンジャケットを使っていたのですが、
犬の散歩をするようになると、
肉球を擦り付けられて真っ白に汚れるように。
この汚れが落ちなくて。

で、ちょっと前の春先、在庫処分で激安だった
白系のダウンジャケットを購入しました。
本当はもうワンサイズ大きいのがよかったのですが、
なかったのでちょっと小さめですけど我慢して着ています。

しかし毎日使っているので薄汚れてきてしまいました。
黒や白は汚れが目立つのは車と一緒ですね。
今度買うならシルバー系がいいのかもしれません。
私のシルバーのWingroadは鳥の糞がつくなどの場合を除き、
ここ数年本格的に洗車していませんが、ほぼ気になりません。
時々降る豪雨でわりと綺麗になり、
そういえばほんとはこんな色だったと思う程度です。

さて汚れたダウンジャケット。
クリーニング代が高そうですしダメもとで
自宅の洗濯機にかけてみたところ…無事綺麗になりました。

2018年4月25日水曜日

Googleクラウドプリント

先日Windowsタブレットプリントサーバにして
MacBook Proから印刷できるようにしましたが、
これはローカル環境でのことです。
かなり以前Androidから印刷するために
Googleクラウドプリントを使ったことがありますが、
これはWindowsやMacからでも使用可能で、
しかもリモートでも印刷できます。
それが必要なケースなどプライベートなら相当レアでしょうが、
ものは試し、ちょっとやってみることにします。
なお、以前紹介した作業等はすでに完了していることを前提とします。
詳しくはサポートページを参照ください。
ちなみにChromeブラウザを使わずCUPSコネクタ等でネイティブに登録する方法もあるようです。

もしプリンタを登録したGoogleアカウントと
プリンタを使用するアカウントが異なる場合は共有設定が必要です。
登録したGoogleアカウントでクラウドプリントの管理ページを開き、
共有したいプリンタを選んで[共有]をクリックし、
[ユーザーを招待]テキストボックスに
共有させたいGoogleアカウントを入力して[共有]を押します。
するとそのアカウント側にメールが届くのでそこで処理を完了することで
そのユーザもプリンタが利用可能となります。
こちらはこのサポートページが参考になります。

さて、実際の印刷するにはGoogleクラウドプリントに
対応したアプリケーションが必要です。
Windows/MacならChromeブラウザを起動して
印刷許可を持つGoogleアカウントでログインし、
印刷ジョブページを開いて
[印刷]ボタンから[ファイルをアップロードして印刷する]を実行し、
適当なファイルをクラウドへアップすると印刷できます。
どうやらクラウド側がきちんと認識できる形式の
ファイルである必要があるようです。
とはいえPDFをはじめとする有名形式はサポートされています。

またChromeブラウザなら表示しているページを直接印刷できます。
印刷ウィンドウで[送信先]の[変更]ボタンをクリックすると
使用できるプリンタが一覧表示されますが、
その中にGoogleクラウドプリントに登録したプリンタが
選択可能になっています。
そのプリンタを登録したPC(OS)等は起動している必要がありますが、
Chromeは立ち上げていなくても印刷できますし、
OSにログインしている必要さえないようです。
たとえプリンタがオフラインでもプリントキューに貯めておかれ、
次に使用可能状態になった際に印刷してくれます。
詳しくはサポートページを参照ください。

どんなアプリケーションからでも使えるわけではないものの、
設定しておくといざというときに役に立つかもしれません。

2018年4月24日火曜日

電話で個人認証

先日久しぶりにPayPalを利用
支払いそのものに関しては別段問題はなかったのですが、
PayPalへのログイン時に個人認証のため
固定電話に音声通話をかけるので
ウェブページに表示されたコードを入力しろととかいうメッセージが。
対応可能な状況になく、実際に電話がかかってきたのかも
定かではないのですが、これを完了しないと設定変更等が
できないという面倒仕様でとりあえず放置。
金が絡むことなので厳重にしているのでしょう。
しかしかなり面食らいました。
これまでいろいろな2段階認証等体験しましたがこんなの初めて。

後日、対応可能な状況にてもう一度ログインしてみると
今度は普通にログイン可能。こないだのは一体なんだったの?
ともかく設定を見直し、携帯電話の番号も登録しておきました。
これならSMSでコードが届くので処理が楽です。
多分次にPayPalを利用するのはまた1年後になるでしょうけど、
そのときにはきっと問題は起きないことでしょう。

2018年4月23日月曜日

プレートが安くなってる

大昔、歯科医から歯が磨り減っていると指摘され、
歯ぎしりが原因だということで、
対策として寝るときにプレートをつけています。
これは硬質プラスチック製の個人の歯型に合わせた
特注のマウスピースみたいなものです。
そんなに安くはないのですが、使っていると歯の代わりに削れていって、
最終的に穴が開いてボロボロになるので、
だいたい1年半に1度位の頻度で作り直していました。
気になるのはその期間が明らかに長くなってきていること。
これも老いなのでしょうか…

さて、それまで使っていたプレートが限界っぽかったので
歯科医院に行って新しいのを作ったのですが、思ったより安く上がりました。
受け取ったのが年度明けで、私のケースが初めてだったのでしょう、
受付側の説明がしどろもどろでしたが、
あとで確認してみると診療報酬の改訂があったようです。
不案内な領域なのではっきりとは分かりませんが、
どうも歯科医が言う"プレート"とは保定装置のことのようで、
今回点数変更されているみたいです。
ほんの数日早く、年度末に受け取っていれば余計に払っていたことになり、
少し得をしました。ついてましたね。

2018年4月19日木曜日

PHS収束へ

ついに来るべき時が来るようです。
PHSのサービス提供終了日が2020年7月末と発表されました。
昨年の今頃発表されたように、
すでに先月末には新規契約等の受付が終了しており、
サービス終了は規定路線ではありましたが、
いよいよ期限が明らかになりました。
とはいえテレメタリングプランについては継続されるため、
「停波」とはなりません。
きっと大口契約者と調整がつかなかっただけでしょう。
設備維持費など考えればロスタイムに過ぎないと考えるのが妥当です。
ただ現状ではテレメタリング向けが最多という情報もあり、
移動体向けのサービスが必要ないのなら、
機器の存在しない地域は基地局を徐々に取っ払って
ミニマム設備でランニングコストをおさえられそうです。

需要の堅かった病院向け構内PHSも
スマートフォンへの切り替えが進んでいるようですし、
PHSが消えてなくなるのも時間の問題でしょう。
そして1.9GHz帯が完全に空いたあかつきには国へ返上…
しないよな、きっと。

なにしろ1880~1920MHzと言えばTD-LTEのBand39。
iPhone Xだって対応しています。
まあここの一部はDECT準拠方式のコードレス電話で使われているので
べったりとは利用できませんが、一部でもTD-LTEに転用して
有効活用できる可能性はあります。
残存PHSの移行費用を支払ったとしても旨味は大きいです。
それに将来的にコードレス電話がTD-LTEから派生する
sXGP方式になればガードバンドも必要なくなるかも。
この辺りのさじ加減が今後どうなるかは分かりませんが、
電波資源が効率よく活用される事を願っております。

2018年4月18日水曜日

鰻は吉野家

ここ最近しらすうなぎの不漁のニュースをよく聞き、
近未来に鰻を食べられなくなるのはやむを得ませんし、
鰻専門店が商売できなくなるのも仕方ないとは思います。
燃費のよい車が普及してガソリンスタンドが消えたり、
郊外型巨大店舗やチェーン店の出現で
街中の個人商店がやっていけなくなったり、
BSEの影響で吉野家が牛丼出せなくなったり、
あるいは公共事業が減って建設会社が淘汰されたり、
世の中著しく変化しており、変化に対応できるものだけが
生き残っていくというのは自然の摂理です。

そうは言っても年に一度くらいは鰻は食べたく、
私は吉野家で鰻重をいただきます。
早い、安い、うまいをモットーとする吉野家にしては
なかなかの高価格商品ではありますが、
スーパーで買ってきて自宅で調理して食べるよりは
幾分おいしく感じるのでそれなりに満足しています。
というのも、生まれてこの方
鰻の高級専門店に行ったことはなく、
そういう味を知らないからです。

10貫5000円の感動するくらいうまい寿司を味わってしまうと、
それなりに楽しめるにしても1皿100円の回転寿司に
わざわざ行こうとは思えないのですが、
鰻についてはそうなりたくないので
今後も吉野家止まりにしようと考えております。
人間、上を知らなければ現状でも幸せに生きられるんです。

2018年4月17日火曜日

ワイルドカード証明書

恒例となったウェブ証明書期限切れ注意メールが届いたときのこと。
そういえばと思い出したのがワイルドカード証明書。
Let's Encryptでは2018年1月からワイルドカード証明書を
発行可能にするとアナウンスがあったものの延び延びとなっており、
改めて確認してみると、どうも3月初旬か中旬頃にになって
やっと対応できたらしいことが分かりました。

ということで証明書更新のついでに
ワイルドカード証明書をもらってみるとこに。
# ./certbot-auto -d *.<所有ドメイン>
をサーバ上で実行してみると
Obtaining a new certificate
The currently selected ACME CA endpoint does not support issuing wildcard certificates.
とか怒られてしまいました。
いろいろ引数足せばいいことは分かっていますが、面倒だし、
ワイルドカード証明書である必要性は感じませんし、
とりあえず保留ということに。

ちなみにワイルドカード証明書は、1つで指定したドメインの
サブドメインすべてに対応できる便利な証明書であり、
管理の手間や発行手数料の削減には有効でしょうが、
更新が簡単(自動も可能)で無料なLet's Encryptだと
そんなに必要性を感じないのも確かです。

2018年4月16日月曜日

+メッセージ

ネット上のニュースのタイトルってえらくセンセーショナルなものが多く、
驚いて中身を読んでみると別に大したことなく、
恣意的なものであることがほとんどだったりします。
まあPPVや広告費を稼ぎたいとかいう意図があって、
タイトルを真に受ける私などいいカモにされているのかもしれません。

さて先日ニュースに「大手キャリア共同でLINE対抗」
みたいな記事があって、何のことはないRCSのことでした。
RCSについてはそんなに詳しく知らないものの、
上っ面だけなら「大手キャリア」が束になって「LINE」を潰しにかかる、
と見るのも間違っているとは言えないでしょう。

さて、そのドコモとauとソフトバンクが共同で始めるのは
「+メッセージ」なる名称のサービスで、RCS(の一部)です。
RCSは数年前からGoogleが熱心に、
そしてAppleはガン無視しているっぽい
表現豊かなメッセージをやりとりできるツールで、
SMSを発展させたサービスとなっております。
世界では既にサービスしているキャリアも多く、
SMSよろしく世界の誰にでもメッセージを送れるのかと思いきや、
別途キャリア間の接続が必要なのでそうで、現状無理。
しかもRCSに含まれるボイスチャット機能は
「+メッセージ」では採用されないらしく、
後付け機能のご都合実装の様相を呈しています。
端末を海外に持っていって現地のSIMを挿せば
全世界で同じような使い方ができる方向にある
現在の潮流には逆らっているような気がします。

さらにRCSでは電話番号によって送信相手を選択するのですが、
「+メッセージ」では初期操作で電話回線による認証を済ませれば
あとはWiFiでも通信可能って、SMSのようにシステム低レベルの
ページングチャンネルで降ってくるわけではなく、
単なるTCP/IP上のアプリケーションということですね。
であれば「LINE」とそう変わらない。
じゃあ何が違うかといえば、サーバーがインターネット上ではなく、
キャリア網の中にあって、端末からは特定のネットワーク(APN)経由
でないと繋がらないっぽく、つまり独自のAPNを設定するMVNOは、
現状ではキャリアのRCSサーバを使えないということになります。

クライアントアプリケーションによる囲い込みもバッチリで、
RCSと言えば以前から[Androidメッセージ]が対応していますが、
とりあえずは3大キャリアがそれぞれリリースする
アプリケーションのみ対応ということで、
たとえ日本の3大キャリアの足並みが揃っても、
日本独自機能とか実装しかねませんね。
グローバルユニークでお願いしたいところです。

ところでLTEってSMSどうやって送ってるんでしょうか?
3GサポートなしでVoLTE非対応のau系MVNOなSIMカードでは
標準でSMSの送受信ができるのですが、
3Gの回線交換も、VoLTEの機構もなしに、
生のLTEでSMSが使えていることになり、昔から不思議でした。
多分3GPPとかで定義されているのでしょうが、
インターネットで調べても出てきません。
所詮は集合知のインターネット。限界は意外と近くにあります。
誰か詳しい方が書いてくれるといいのですが。
私もその集合知に貢献するべく、何かを書き続けていくことにします。

2018年4月12日木曜日

あなたの?月の思い出

先日突然[google maps timeline]さんからメールが送られてきました。
件名は[あなたの3月の思い出]です。
そこには[今月訪れた都市]、[今月訪れた場所](施設名等)、
[タイムラインに記録されたアクティビティ](歩きで?km、乗り物で?時間)、
[タイムラインの全データ](月まであと?km)なんてデータが。

[Googleマップ]の[タイムライン]メニューで自分の行動の軌跡が
見られることは知っていましたが、
こんなまとめ情報がメールで届くのは初めてで驚きました。
なお私の場合2013年頃からのデータが残っています。
GPS付きのスマートフォンを持ち歩くようになったのは
それよりもさらに前になりますね。

ネット上で調べてみると同様のメールは
昨年には受け取っている方がいるようで、
なぜ突然送られてきたのかよく分かりません。
いろんな所に行ったからかなぁ?

果たして来月も届くのでしょうか?
ちなみに[Googleマップ]の[タイムライン]の[設定](歯車)アイコンから
[タイムライン設定]を開いて[タイムラインのメール]を無効にすると
送られてこなくなる気がします。

2018年4月11日水曜日

Googleの短縮URLサービス終了

Googleのサービスが突然終了発表されるのは珍しくもありません。
今回は"goo.gl"ドメインを使った短縮URLサービスが終了の運びとなりました。
短縮URLサービスと言えば"p.tl"も昨年停止したのではなかったでしょうか。
まあサービスの性質上、日々増えていくレコードは、
一定期間過ぎれば参照されることはほぼなくなるとはいえ、
サービス側の都合で勝手に削除する訳にもいかず、
設備も管理の手間も増えるのに金にならないとなれば、
もう終了するしかありません。仕方ないでしょう。

代替サービスとして同社のFirebase Dynamic Linksが推薦されてはいますが、
ちょっと触ってみたところ、サービス内容が壮大過ぎて、単に長いのが面倒だから
URLを短くしたいだけの用途には向いてないような気がします。
大は小を兼ねるとか言いますが、嘘ですね。
そんな方向けには他社サービスですが公式にbitlyを勧めたりしています。
bitlyは私も以前少しだけ独自ドメインで使っていたことがありますが、
そういえばここのところご無沙汰ですね。

最近国税庁のサイトの構成が変わり、
以前のURLが全滅したなんて話もあり、
URLは永続的なものではないということを思い知らされます。
私個人が運用するサービスはこのブログ含め、
その辺り一応気を遣ってはいるのですが、
もしおかしくなっていたらごめんなさい、
と言いつつ指摘されても面倒なので多分直しません。

2018年4月10日火曜日

オレオとノアール

以前お菓子のオレオについて書いたことがありますが、
実はオレオの権利がヤマザキナビスコからモンデリーズ・ジャパンに
移った後まだ食べてないのでした。
ということでモンデリーズ・ジャパン社製のオレオを食べてみることに。
ついでにYBC(旧ヤマザキナビスコ)社製の
対抗商品ノアールと食べ比べです。
Noirはフランス語で黒の意ですね。それくらいは知ってます。
なお今回購入したオレオのフレーバーは最もオーソドックスなバニラクリームです。

食べてみた結果、値段もサイズも味もほぼ同じです。
表面の模様が違うのでよく見れば区別がつきますが、
私のバカ舌では味は全く同じに感じます。
オレオは中国製でノアールは日本製なので、
製造工場が同じということはありませんが、
かつて提携していた時に両社間で
レシピのやりとりでもあったんでしょうかね?

2018年4月9日月曜日

Public DNS

DHCPをはじめとする自動化の恩恵はあるにしても、
クライアント機器においてネットワーク接続設定の項目と言えば、
IPアドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートです。
それにインターネット接続設定として追加される項目が
DNSサーバ(通常正副2つ)です。
今はどうか知りませんが、昔はプロバイダーと契約すると
通知書類にDNSサーバのIPアドレスが書いてあったと記憶しています。

DNSサーバを設定しないとホスト名からIPアドレスが引けず、
実質インターネットが使えないため、
昔はいざというときのために使えるDNSサーバのIPアドレスを
メモしていたりしていましたが、
パブリックDNSサーバが登場してからはとりあえずは
そちらを利用するようにしています。
私がよくお世話になるのはGoogleのもので、
何がいいってIPアドレスが覚えやすい。
"8.8.8.8"と"8.8.4.4"なのでメモする必要などありません。
まあ大体は前者だけで問題ないので、
8ばっかりと心の片隅に留めておけばいいだけです。

それが今後変わりそうな予感。
この度なんと"1.1.1.1"のDNSサーバが爆誕しました。
これはさらに覚え易い。
セカンダリは"1.0.0.1"なのでうろ覚えだと
微妙に間違えそうですが、プライマリは文句なしです。
しかも処理は早いし、プライバシーに配慮して
アクセスログは残さないみたいですし。
実はこのDNSサーバ、4月1日の発表だったので、
最初エイプリル・フールのネタかと思ってしまったのですが、
そんなことはなく現実でした。

ところでこのDNSサーバはIPv6でも運用されており、
そのIPアドレスは"2606:4700:4700::1111"と
"2606:4700:4700::1001"となっております。
覚え易い数字の並びではあるものの私には無理な桁数です。

ここで疑問に思ったのはGoogle Public DNSのIPv6対応です。
Googleの事なので当然していると思いつつ調べてみると、
"2001:4860:4860::8888"と"2001:4860:4860::8844"で、
努力の跡は感じられますが、覚えておくのはやはり厳しめです。

便利なPublic DNSではありますが、
あくまでも非常用として利用するべきでしょう。
CDNではアクセスしてくるDNSサーバによって
配信サーバの最適選択をしていたりするみたいなので、
ISPの指定するDNSサーバを設定しておくのが最善です。

2018年4月5日木曜日

Amazon内田康夫特集

先日、作家内田康夫氏の訃報をお伝えしましたが、
現在Amazonにて内田康夫特集と称し、
氏の作品の割引販売中です。
テレビドラマ化された作品が多いので
そちらでのみ知る方も多いでしょうが、
この機会に原作を読んでみることもおすすめします。
映像化作品でもストーリーを辿ったり、
登場人物に思いを馳せることはできますが、
言葉の綴り方は小説でないと味わえませんから。

まあそういう話は置いておくとして、
せっかくなので私は遺譜 浅見光彦最後の事件【上下 合本版】(Kindle版)を購入しておきました。
まだ孤道読んでないので
こちらを先に読むつもりです。

2018年4月4日水曜日

あべのハルカス

何とかと煙は高いところに上るとかいいます。
大昔、初めて東京(方面)に行ったとき、
観光したのは東京タワー、東京都庁、横浜ランドマークタワーです。
文字通りの「お上りさん」でした。
もちろん他にも行きましたよ。浅草とか。
書いてるうちに思い出しましたが、
シカゴのシアーズタワーにも上りましたね。

そんな私の高い所遍歴に先日新たに加わったのが、
東京スカイツリー、ではなく「あべのハルカス」です。
ここ何年か毎年のように大阪の天王寺を通る機会があり、
下からは見上げてはいましたが、
大阪城の満開の桜を見に行ったついでに展望階まで上ってみました。
1500円/大人1人というなかなかの料金にもめげることなく。

さて、高速エレベーターであっという間に展望階に着いてみると、
係の方が真の屋上ヘリポートへ登るツアーの案内をしていました。
500円/人と大した追加料金でもなく、しかももうすぐ出発という
待ち時間のなさに引かれてとりあえず参加してみました。
ちなみに免責の書類への署名が必要でした。

何階分か階段を上って屋上のヘリポートに到達しましたが、
遠くがガスって眺めはいまいち、
かと思ったらそれでもかなりいい方のようで、
ひどいときは相当ひどいみたいです。
案内の方の説明に目線を導かれながら、
北の遠方に見える山の麓あたりに太陽の塔と思しき
白い米粒みたいなものも見えました。
ちなみに新アトラクション(?)のエッジ・ザ・ハルカスは、
ヘリポート横の鉄骨の骨組みみたいな所でやってました。
私としてはああいうのはVRで十分です。

ヘリポートには黄色の枠線が引かれ、
それより外側には手に何も持たずに出なければなりませんが、
内側ではカメラを持って写真を撮って構いません。
ツアーの参加者はさかんに自撮りしてましたが、
どう考えても背景は何もない空にしかならない訳で、意義がありません。
こういうのは手を上にいっぱいに伸ばして下界を撮るのが一番です。
が、さすが大阪商売人の街。
ツアー客を仲間ごとに撮影し、印刷して枠つけて売ってくれます。
カメラマンが長い三脚を持ってかなりの俯角で撮るので
いい感じで下界が背景になり、なかなかの思い出にはなりますが、
その日はずっと帽子をかぶっていたものの、
風で飛ばされるとまずいので脱いで上がっており、つまり髪はムチャクチャ、
しかもヘリポート上は風があってまた髪がムチャクチャで、
正直あまり残したくない写真ではあります。
そしてテンション上がってないと出せない金額です。
まあ買っちゃいましたけど。

2018年4月3日火曜日

PokemonGO激重

昨年12月にレベル36、今年3月11日にはレベル37と
順調にトレーナーレベルが上がっていくPokemonGO。
3月末には累計取得XPが10000000と、
現在の最高レベル40になるまでに必要なXPのちょうど半分となりました。
先はかなり長いですが、Ingressよりはだいぶマシな設定です。
順調に行けば2年後にはレベル40になれるでしょう。
その前に飽きなければ、ですが。

この4月に入りポケモンリサーチ導入と遊び方も増えていて、
ぼちぼちプレーし続けるかなぐらいの気持ちだったのですが、
このアップデートによりアプリケーションの動作が
もっさりと遅くなりモチベーションはダダ下がりです。
alcatel IDOL3ではアプリケーションの起動に
失敗する事が多々あり、突然落ちてしまうことも珍しくありません。
とりあえず使っていないアプリケーションを片っ端から
アンインストールすると、症状は幾分マシになった気がしますが、
それでも落ちますし、あらゆる操作が重くてストレスがたまります。
時代的にはもっと古いものの当時ハイエンドだったau isaiだと
落ちることはありませんが、やっぱりもっさりです。
ただこちらにはバッテリーの劣化という致命的な問題が。

2つのスマートフォンとももうすぐ購入から2年、4年経ち、
そろそろ引退は近いとは言え、アプリケーションを
もう少し軽快に動作するように気を使ってほしいものです。
どうせソフト開発は最新のハイエンド機でやってるんで、
そんなの気にもしないのでしょうけど。

2018年4月2日月曜日

Microsoftアカウントと共有

先日Windows10に接続したプリンタを共有して
Macから利用する方法について書きましたが、
MicrosoftアカウントでログインしているWindowsでトラブルに直面しました。
Macからネットワーク越しにプリンタを利用する際、
認証でMicrosoftアカウントとパスワードを入力しても全く印刷できません。
で、調べてみると、これ入力すべきはMicrosoftアカウントではなく、
そのWindows内で使用されているユーザー名なんです。
そんなの気付かねーよ!
具体的には"C:¥ユーザー¥"フォルダにある個人用フォルダの名前がそれで、
私のは漢字になっています。面倒くさすぎ。

とにかく、Macからログインするときにこのユーザ名と
Microsoftアカウント用のパスワードを使用することで
無事印刷できるようになりました。
もう絶対Microsoftアカウントなんて設定してやんない!

2018年3月29日木曜日

コンタクトを交換

1年弱前に眼科医院で購入したハードコンタクトレンズ。
半額で予備が買えるサービスがあったので、
十分使い込んでレンズのスペックに問題なさそうなことを
確認した上で半年後くらいに買いに行ったら
そのサービス何ヶ月か前になくなったとつれない対応。
しまった、もっと早く買うんだった。損した。

と思っていたところ、先日片側を割ってしまいました。
保証規程を確認すると購入後1年以内なら無償で交換してもらえるとのこと。
早速その眼科医院に行って確認すると、対応してもらえることになりました。
交換用レンズを取り寄せて、割れたのと物々交換してもらえました。

もし半額で両側とも購入していたら
無償交換してもらえなかった可能性もなきにしもあらずで、
半額購入サービスが終了していて助かったのかもしれません。
禍転じて福となすとはこのことかも。

2018年3月28日水曜日

ぎっくり背中

春の足音が聞こえ三寒四温の日々が続く今日この頃。
寒い朝、小雨をやり過ごそうと小走りしていたところ、
突如背中がピキーンと。
ぎっくり腰、いや場所はもうちょっと上か。
調べてみると「ぎっくり背中」と呼ばれる症状があるそうで、
多分これですね。

まあ動けない程痛いと言うほどではなく、
1日経てば振り返るのが辛い程度となり、
3日もすれば自然治癒しました。

しかし気がついたのが体の硬いこと。
日々スポーツジムで筋トレと有酸素運動をしていますが、
柔軟ってやったことないんですよね。
もともと体は柔らかくもなかったのですが、
年を重ねるにつれ硬化が進んでいるような…
先のことを考えて何か考えたほうがいいような気がしてきました。

2018年3月27日火曜日

PayPalでドル口座からドル払い

昨年PayPalでドル払いしようとしたところ、
デビットカードでドル口座から引き落としたいにもかかわらず
ショッピングサイト側の都合でその辺の変更が不可能で、
結局PayPalのボッタクリレートで支払うより他に方法がなく
かなりの損を被りました。

直後にそのサイトに苦情を申し立てたものの放置プレイ。
10ヶ月程経ち忘れた頃に申し立てが残ってることを
通知するメールが5分に1通届くという嫌がらせを受け、
やむなく苦情を取り下げたところメールの嵐は止みました。
なんというクレーム対策。ですがその発想は見習いたくもあります。

さて、今年もそのサイトへの支払いの時期がやってきました。
正直全く期待していなかったのですが、なんと直ってました。
支払いページに[通貨換算オプションを表示する]リンクがあって、
そこで[PayPalで換算する]から[カード会社による換算]に
変更することで希望どおりデビットカードの
ドル口座の残高が請求金額だけ減っていることが確認できました。
もちろんPayPalでもデビットカード側でも手数料は取られていません。
来年以降もきっと大丈夫でしょう。

2018年3月26日月曜日

MacからWindowsで共有したプリンタを使う

私が自宅でプリンタを使うことは滅多にないのですが、
いざ印刷となるとMacBook ProMultiWriter 5600C長めのUSBケーブルでつながねばならず、
面倒なのでなるべく印刷せずに済むようにはしています。
しかしどうしても印刷しなければならない時だってあります。
もうちょっと何とかならないかと考えていたとき目に止まったのが、
2年ほど前に気の迷いで購入したWindowsタブレットONDA V820w
こいつをプリントサーバとして使うことにします。
これならWiFi経由で印刷できるのでプリントまでの障壁が減らせます。
どうせ使ってないタブレットですし。

さて、Windows同士だとプリンタの共有など
当然のごとくサポートされていますが、
WindowsとMacだとどうなるのか。bonjourとかいるのか?
と言うことで実際にやってみました。

まずはWindows10にUSB接続したプリンタを共有します。
あらかじめローカル印刷できるようにセットアップした後で、
トップメニューの[歯車]アイコンをクリックして
[デバイス]-[プリンターとスキャナー]メニューから
共有したいプリンタを選択してその[管理]ボタンをクリックし、
[プリンターのプロパティ]ウィンドウの[共有]タブで
[共有オプションの変更]ボタンを押し、
[このプリンターを共有する]チェックして[OK]で完了です。
ネットワーク上の別のWindows10からならこのプリンタが
使えるようになっているはずです。

ではMac側です。詳しくはサポートサイトにありますが、
[林檎]メニューの[システム環境設定]から[:::]をクリック後
[プリンタとスキャナ]メニューを起動して[+]ボタンを押し、
[Windows]を選択して希望のプリンタを階層から選択します。
特に細工も必要なく、先のプリンタが見えているはずです。
[使用]ボタンをクリックするとネットワーク越しに
Windowsを利用するためログインするように促されるので、
[登録ユーザ]でログインし、
[ドライバ]で適切な[プリンタソフトウェア]を選択して[OK]、
[追加]すれば完了です。すでに印刷できます。

ところでMacの適当なアプリケーションからこのネットワーク後しの
プリンタで印刷しようとしてもなぜかできません。
その時起動されているプリントジョブをダッシュボードから開くと
「認証のために保留中」とか表示されています。
よく分からないのでリロードアイコンをクリックすると、
ログインダイアログが。いちいちログインが必要なんですね。
まあ仕方ないか。でも不親切。
ログインダイアログは必要な時すぐ出してほしい。

そしてもう一つ問題なのがWindowsタブレットONDA V820wの仕様。
唯一のUSBポートが充電ポートと兼用なのです。
つまり充電しながらUSBデバイスが接続できない。
機種によって状況は違いますが、Windowsタブレットを
サーバにする場合には注意が必要なんですね。

2018年3月22日木曜日

桜切る馬鹿梅切らぬ馬鹿

今年も桜の季節がやってきました。
しかし今年はちょっと残念な状況に。

自宅の目と鼻の先にある公営団地の入り口に
ソメイヨシノが1本植えてあり、
我が家の標本木などと呼んで長年見ていたのですが、
昨年末からのその団地の大規模な改築に伴い、
バッサリ切られてしまいました。
仕方ないこととは言え寂しいものです。
まあ近くの複数の公園には植えてありますし、
自宅の庭には八重桜が1本ありますし。

ところで、世に広まっているソメイヨシノは挿し木で増殖したため、
DNAが全部同じだと聞いたことがあります。クローンですね。
その辺にあるソメイヨシノを見つつ、
ポトマック川の桜に思いを馳せるのも風流かも。

ちなみにタイトルにしてる「桜切る馬鹿梅切らぬ馬鹿」は剪定の話です。
桜を切った方をdisってる分けではありませんので、念のため。

2018年3月21日水曜日

Ingressのプレーが4年目に突入

2015年3月にプレーし始めたIngress。丸3年経過し4年目に突入です。
現在Sojournerが900日オーバーとなっており、何となくこれを継続するため、
そしてスポーツジムでの手持ち無沙汰解消のために立ち上げている
といってもいいくらいしかプレーしていません。
遠出したときには割と積極的にポータルをハックしてますが。

さて、ほぼ1年前にExplorerでゴールドを獲得しLV12に上がりました。
そしてAP的にはつい先日LV13になりました。
メダル不足でLV11から12に上がれなかった時期を含めると、
LV12からLV13に上がれるまでのAPを稼ぐのに少なくとも1年半、
多分2年くらいはかかっています。
しかしやはりゴールドメダルが1つ足りてなくLV13はお預け状態です。
今現在ゴールド獲得に最も近いのがHackerで約22000。
必要数は30000なので7割越え。
これまでのペースならあと1年程で達成ということになります。
しかしプレー開始当初と現在ではまるで熱心さが違うので、
少なくとも2年は必要でしょうね。

もはやモチベーションも大してなく惰性でプレーしており、
やっぱりゲームはだらだら続くより、
明確なエンディングがあってきっぱり止められる方が私向きですね。
とりあえず今年登場予定のバージョン2.0的なIngress Primeが
もしかしたら超絶おもしろいかもしれないので、
期待しつつこのまま続けていこうかなと。

2018年3月20日火曜日

匂い立つ食べ物

最近新幹線で他人の食べている豚まんの匂いに苦情が出たりして、
近い将来持ち込み禁止になるかもというような話があるそうで、
世知辛いとは思うものの、強い匂いの苦手な私としては禁止歓迎です。

そもそも私はタバコ(喫煙者の喫煙後の匂い含む)はもちろん、
香水の類も嫌いで、他人の放つ匂いに対して敏感であるため、
自分でも気をつけています。

公共の交通機関内での飲食はしないようにしていますが、
長時間乗るような場合では飲み物はなるべく冷たいものを選択し、
ホットコーヒーのような香りが漂いそうなものの場合は特にですが、
缶ではなくペットボトルのものを買うようにして、
口につける瞬間以外はふたを閉めるようにしています。
寝台車や長距離フライトを除けばアルコール飲料は避けます。
食べ物についても、飴やガム以外のものなら
ちょっとしたチョコレートスナックにしたり、
乗る前に食べ損なって本格的にお腹が空いているときでも、
温かい弁当やハンバーガー等は避け、常温の菓子パンや
おにぎりを持ち込む程度にしています。
それでもさっさと食べてゴミはカバンにしまってしまいます。
皆がこれくらい気を使えばトラブルなんて起きないでしょうに。

ところで、まだ若かりし頃の飛行機での出来事。
隣に座った50代くらいのビジネスマンが靴を脱ぎました。
その足の匂いがキツくって…
一時間ほどのフライトでしたがどうにも耐えられそうもなかったので、
その方に靴を履くようにお願いしたことがあります。
その方のトラウマになってるんじゃないかといまさらながらに
心配ではありますが、そのときは本当に耐えられなかったので。
それ以来、たくさん歩いた後や夕方以降等臭いそうな時は、
たとえ長距離移動の交通機関内で脱いですごしたくっても、
自分でも靴は脱がないようにしています。

2018年3月19日月曜日

内田康夫さん死去

病気療養のため休筆宣言をしてから約1年、
作家の内田康夫さんの訃報が届きました。
代表作である浅見光彦シリーズの未完小説「孤道」は、
来る4月末日まで完結編となる後半を一般から公募しておりますが、
その選考に氏が関わることがないというのは辛い現実です。

一応私も可能なら書いてみようとは思いつつも、
結局まだ「孤道」を10ページも読まずに積んだままとなっております。
今から応募できる体裁に書き切ることなどできるとも
思ってはおりませんが、せめてこれから前半を読もうかと。
それにしても素人探偵の物語が素人作家により完結するのなら、
それはそれもよいのかもしれません。

2018年3月15日木曜日

マリオの日

降って湧いたように設定されたかに見える「マリオの日」。
別に任天堂が決めたのではないようですが、
3月10日がアメリカで"Mar 10"と表記されることから
"10"を"io"に見立てて"Mar io"ということで、
3月10日は「マリオの日」なのだそうです。
まあ厳密には"Mar. 10"とすべきでしょうが、
そこまで突っ込むこともないでしょう。
これによりAndroid版の[Super Mario Run]が半額
購入できたので、個人的には恩恵はあったということになります。

さて、アメリカでは"Mar 10"ですが、
イギリスをはじめとするヨーロッパの多くの国では"10 Mar"、
世界的に見るとこちらの方がメジャーなようです。
月を"Mar"のように表記するなら実害はありませんが、
"3"とかかかれているとどっち表記なのか判断できない場合もあり、
このあたりなんとか国際的に統一できないんでしょうかね。
一応国際基準としてISO8601で日本と同様の表記が定義されてはいますが、
これは工業系の規格ですからねぇ。
文化や慣習が絡むとなかなかに難しい。

日付の形式以外にも国際的に統一してほしいものは多々ありますが、
その筆頭は単位でしょう。
アメリカは頑なにマイルやガロンを使っていますが、
これが国際単位系に移行する日は果たしてくるのでしょうか。

ちなみに国際単位系では温度の単位にKを使うことになっていますが、
さすがに普段の生活では使いにくい。
我々が慣習で摂氏を使っているのなら、
アメリカが華氏を使うのも責める筋合いにありません。

2018年3月14日水曜日

Androidアプリケーションを買う

初代iPadを使っていたとき、
辞書系やツール系など結構アプリケーションを購入していて、
多分総額で1万円ぐらいは使っていたように思います。
ただしゲーム系は買ってません。
まあその後iOSデバイスはほぼ使っていないので、
まるまるとは言わないまでもかなりの無駄金でした。

そんな反省があってか、
Androidでは有料アプリケーションは一切購入していません。
ゲームなどで行われるアプリケーション内課金も含めてです。
しかし今回ちょっと買ってみようかなと。

というのも、現在[Super Mario Run]が半額キャンペーンなんです。
支払い形式はアプリケーション内課金ですが、
実質買い切りで追加費用は発生せず安心です。
登場時にダウンロードして無料分をちょっと遊んだ後、
立ち上げもしていませんが、
Nintendo3DSでこれ以上やることがなくなりそうな今、
買っておいてもいいかなと。

ところがちょっとトラブルです。
Googleにお金を払ったのってGoogle Voiceのプリペイド通話料と
Chromeアプリケーションの開発者登録だけで、かなり以前のことです。
で、今回[Super Mario Run]内で購入しようとしたところ、
すでに解約したものや有効期限切れのクレジットカードしか登録しておらず、
すんなり支払うことができませんでした。
それらの管理は[Google Play]アプリケーションで設定でき、
有効期限切れカードの更新手続きは、
[三]メニューの[アカウント情報]-[お支払い方法]から、
新規カードの登録は同様に
[アカウント情報]-[クレジットカードかデビットカードを登録]で可能です。
ただしクレジットカードの削除はちょっと面倒で、
[アカウント情報]-[支払いに関するその他の設定]から
ウェブブラウザを立ち上げた先で行う必要があります。
ともかく無事購入できました。

暇つぶし程度には遊べるゲームですので、
興味のある方はキャンペーン期限の2018年3月25日までに
購入してみてはいかがでしょうか。

2018年3月13日火曜日

一眼VR

以前両眼で別々の画像を観て立体感を味わう
二眼立体視VRを体感すべく
ハコスコ タタミ2眼を購入しましたが、
今回ハコスコ タタミ1眼を購入しました。
両目で見るのに1眼とはこれ如何に、
ということでちょっとネーミングがおかしな気もしますが、
両方の眼で同じ画像を観る迫力重視のVRゴーグルです。
というか幼い子供でも使えるというところが二眼との違い
と言ってもいいでしょう。ただ今回私が購入したのは、
大きなフレネルレンズが欲しかっただけといっても過言ではありません。

ただこのフレネルレンズ、どうも期待した性能とは異なるのか、
片眼ずついろんな位置から観る分にはまともに見えるものの、
鼻を本体にくっつけるような近距離では片眼がぼやけて使い物になりません。
レンズの中央付近に何かあるような気がします。
スマートフォンの位置を奥行き方向で移動させてみても改善は見られません。
眼の方をレンズから離すとわりといい感じにはなりますが、
今度は穴から覗き込んでる感が強くなってしまい、
視野的な迫力が失われてしまいます。
鼻の邪魔にならないようにする切り欠きがないので、
もしかすると距離を取って使うのが多々しく、
二眼品とは設計思想が違うのかもしれません。

2018年3月12日月曜日

DropboxとGoogle提携

私が個人的にプライマリーストレージとして活用しているDropboxが、
Googleとの提携を発表しました。
ニュースリリースをザクッと見た感じでは、
DropboxにログインしてDropboxのリモートストレージにあるファイルを
Google Docs等のアプリケーションで直接開いたり、
GmailやHangouts Chatで渡せるようになったりできるのが売りのようです。

ただ文脈的にもHangouts Chatとか名指しされているところからも、
連携するのは有料サービス版であるG Suiteだけっぽく見え、
きっと企業向けってことなんでしょうね。
まあ株式市場に上場しようとしている今、
お金が取れそうな行動をすることこそが同社には必要なのかもしれません。
しかし私個人としては費用を払ってまでDropboxを使おうとは思いません。
こんなユーザが多いからなかなか儲からないんでしょうね。

2018年3月8日木曜日

Bloggerの[Google+で共有]から一般公開ができない

私のブログはGoogleのBloggerサービスを利用しており、
新規に投稿した時はGoogle+にその旨表示するようにしています。
この連動機能が[共有]です。
これまでは投稿時に現れる[共有]ボタンを何も考えずに押し
よろしくやってもらっていたのですが、
今週初めから仕様が変わったのか
「この投稿の共有相手を選択してください」とか言われるように。
ものすごく久しぶりにGoogle+にログインして見たところ、
過去の投稿では[一般公開]扱いとなっているものの、
Blogger側では[一般公開]の選択肢がありません。
いろいろと試してみるもどうにもならず、結局諦めました。
そしてもうGoogle+で共有しないことに。

まあGoogle+はお世辞にも流行っているとは思えず、
Googleも見切りをつけたのでしょうかね。
何年が後には事業仕分けの対象となって
いきなり終了とかあり得ますね。前科もありますし。
別に私は困りませんが。

2018年3月7日水曜日

Nintendo Switch 1周年

発売日に購入してなかったのであまり気にしてなかったのですが、
Nintendo Switchが1周年を迎えました。
世間では好意的に受け取られているゲームラインアップも、
一所懸命プレーしなければならないようなゲームは個人的には辛く、
稼働時間はお寒い状況です。

ではどんなゲームが出してほしいかというと…
やっぱりピクミンシリーズですかね。
あと戦略面を重視したアメリカンフットボールのゲームが出てもうれしいです。
日本では期待薄ですけど。
他には古典的な縦/横スクロールのシューティングゲームとか
アクションゲーム。例を挙げるなら2Dマリオ。3Dはしんどいんです。

というか、それより開発環境を一般公開してほしいかも。
Nintendo Developer Potalでは、
未だWiiU3DSだけなので、
早いとこNintendo Switchも対応して欲しいところです。
開発用の機材の価格が5万円までなら即買いしますし、
Unityも勉強しますから。
Nintendo Labo Variety KitRobot Kitでも
プログラミングっぽいことができるようで楽しそうではありますが、
ガチの個人開発者のことも是非考えてもらいたいものです。
って、私はガチではありませんが。

2018年3月6日火曜日

Google Docsのダブルクォーテーション

オンラインのワープロソフトGoogle Docs。
ウェブアプリケーションなのでよほどの事がない限り
その辺のブラウザで使え、複数デバイス使いには本当に便利です。
Google Driveに保存しているドキュメントを直接編集できるので、
プライベートなファイルはもはやローカルには置いてなかったりしますし、
プライベートなPCにオフィスソフトなど必要ありません。
まあ私のメインPCであるMacBook Proには
一応LibreOfficeを入れていますがこれは保険にすぎず、
起動することなどほぼありません。
そして手元にある複数のWindows10環境にいたっては
オフィスソフトは全く入れてません。

ただGoogle Docsは文章を書くためのツールという側面があり、
HTMLやC等のコードを入力するには激烈な不便があります。
ダブルクォーテーションが勝手におしゃれにされてしまうのです。
そしてこのおしゃれなダブルクォーテーションは、
伝統的な系では見た目がダブルクォーテーションなだけで、
文字コード的にダブルクォーテーションとして認めてもらえません。
したがって、Google Docsに書いたコードを他に張り付けて
処理すると酷いことになります。
ただし、他のテキストエディタ等で入力したダブルクォーテーションを
Google Docsに貼り付ける分にはそのまま扱ってくれます。
これまではこれは仕様で仕方ないと割り切っていました。

しかし改善方法があったのです。
Google Docsの[ツール]-[設定]メニューで
[スマート クォートを使用]を無効にすると
見慣れた野暮ったいダブルクォーテーションを入力できます。
なんだよ、もっと早く知りたかった。

これでGoogle Docsでも不自由はなくなりましたが、
できればオンラインのプレーンテキストエディタとか
コードエディタをリリースしてもらいたいんですけどね。
まあ全体としては大した需要はないでしょうが。

2018年3月5日月曜日

道を尋ねられる

先日地元の駅近くを歩いていると、
見るからに欧米系の2人連れが
ここにバスで行きたいんだけどとスマートフォンで
Google Mapの画面を見せながら尋ねてきました。
私結構道尋ねられるんですよね。外国人日本人問わず。
今回も他に人がいない訳ではないのに私の所に来ました。
きっと人畜無害に見えるんでしょう。

閑話休題。
その2人が行きたい場所は知っていたものの、
歩くにはちょっと距離があり、
地元でバスなんかほぼ乗らないもので路線について知識がなく、
見通せるところにバスステーションの建物があったので、
そこのインフォメーションセンターで訊くのがいいと教えてあげました。
ちなみに英語は一切使っていません。
話しかけられた時もスマートフォンの画面も日本語だったためです。

以前日本語ペラペラの英会話の先生が、
道を尋ねたときに、日本語で尋ねているにもかかわらず、
見た目で判断して英語で答えてくるのはウザい
とか言っていたことがあり、
今回は日本語で通しました。相手もきちんと理解してましたし。
ちなみにもし英語しか話せないような方だったら、
多分バスステーションまで連れて行き、
路線図を調べて教えたあげてたでしょうね。
なにしろ昔米国で親切な方に助けてもらった経験がありますので。
少しは借りが返せたかな?

2018年3月1日木曜日

右旋と左旋の受信の謎

大昔大学の講義で円偏波の右旋と左旋は
同一周波数でも別々に使えると放送系の講義で習った記憶はありますが、
なぜ別々に使えるのかは教えてもらった記憶がありません。
まあそんなものだと覚えただけのような気がします。

時は流れ、2018年12月から始まるBSの4K/8K放送では左旋も使うと聞いたとき、
右旋と左旋の受信分けってどうやってするのという疑問が。送信は分かるけど。
で、インターネット上で調べてみるものの参考になるような説明は見つかりません。
まあいいやと放っておいたのですが、
かなり時間が経ってからヒントらしきものを手に入れ、
自力で考えることで理解ができました。
せっかくなのでここで簡単に説明しておくことにします。

電波は進行方向と電界の向きで構成する面、
偏波面が大地と平行だと水平偏波、
垂直だと垂直偏波と呼ばれます。これらはアンテナの向きで決まります。
受信する際は偏波面とアンテナの向きを合わせる必要があります。
円偏波は偏波面を電波の周波数と同じ速度で回転させており、
すなわちアンテナをバトントワリングの要領で高速回転させることで
実現することができます。ただ周波数が高いと回転速度が早すぎて
物理的にはアンテナを回せないため電気的に回します。
すなわち、出力する信号を二等分し、一方はそのまま、他方は位相を90°遅らせ、
互いに垂直に配置した2つのアンテナでそれぞれを送信することで、
空間上偏波面が回転しているように見え、これが円偏波です。
2つのアンテナのどちらで、どちらの信号を送るかで
右回りか左回りかが決まり、これが右旋と左旋となります。

受信についても同様です。
互いに垂直に配置した2つのアンテナで受信した2つの信号のうち、
位相が90°進んでいる方を90°遅らせ、もう一方と足し合わせることで
信号強度を高めることができます。
円偏波の電波を1つのアンテナで受信すると
パワーが半分の信号が受け取れることになります。
この場合は右旋と左旋の区別はつきません。

それでは右旋と左旋はどう受信分けするのでしょうか?
先の直交した2つのアンテナで受信した2つの信号を
A*sin(wt)とA*sin(wt-90°)と表すとして、
適切な処理、すなわち前者を90°遅らせて加算すると
A*sin(wt-90°)+A*sin(wt-90°)=2*A*sin(wt-90°)
となります。しかし誤った処理、つまり後者を90°遅らせて加算すると
A*sin(wt)+A*sin(wt-180°)=A*sin(wt)-A*sin(wt)=0
と消えてしまいます。
ここでいう適切な処理は、
送られてきた右旋を右旋として受けることを意味し、
誤った処理は送られてきた右旋を左旋として受けることを意味します。
したがって、右旋と左旋が混じった電波から右旋、または左旋を
選択的に取り出すことができるということです。

ところで特定の周波数帯で一律に位相を90°遅らせるような位相シフタは
低周波だとOPアンプで構成できますが、
BS放送などの高周波では導波管を用いて偏波変換するようで、
前述のとおりに行われているわけではなさそうです。
あまり詳しく知らないんですけど、
BSのLNBメーカーのページを見るとセプタムがどうとかこうとか。

2018年2月28日水曜日

右旋と左旋

2018年12月からBSでの4K/8K放送が始まるそうです。
個人的には4Kテレビは持っていますが4K放送には興味がなく、
ましてチューナーを購入する必要があるとなるとなおさらです。
そしてパラボラアンテナも…決定的です。

ところで、日本のBS放送はチャンネルが奇数しかありませんでした。
これは奇数チャンネルと偶数チャンネルは周波数帯で重なっているのを、
奇数を右旋の円偏波、偶数を左旋の円偏波にすることで
互いに干渉しないようにし、
日本は奇数、韓国が偶数チャンネルを使う事になっていました。
これは遠い昔、大学在学時の放送に関する講義で知りました。
ただこれは大昔のアナログBSの頃の話で、
放送衛星の位置の関係だか、アンテナの指向性が改善したからか、
それともデジタルになったからなのかは知りませんが、
最近は日本でも左旋の偶数チャンネルも使えるようになりました。
そしてBSの4K/8Kについて奇数チャンネルだけでは
放送業界の需要を満たせないということで、
偶数チャンネルも使うということになったようです。

ところがここで問題が。偶数チャンネル受信のためには
それに対応したパラボラアンテナが必要なのです。
で、対応したパラボラアンテナって何が違うのか調べてみると…
アンテナメーカーのページにありました。
なるほど、右旋の受信ができることは当然のこととして、
ケーブルに流す時の周波数を右旋と左旋で変えているんですね。
でないと混線してしまいます。
BSの高周波数な電波はより低周波に変換して
ケーブルに送るのでした。

2018年2月27日火曜日

スーパーフライデーで大迷惑

先週の2月23日(金)。年中行事の検査のため朝から病院へ行き、
やっと終わって昼食を取ろうと牛丼の吉野家に行ったときのこと。
12時半を過ぎた頃でしたが、駐車場が空いてない。
ここまで混んでいることは珍しいなと思いつつ、
運良く出て行く車があったため入れ違いに駐車できました。
そして店内に入ってビックリ。レジに長蛇の列が。
ソフトバンクのスーパーフライデーだったのですねorz
先日のauの三太郎の日に続いての大迷惑に遭遇です。

店内も混雑していてなんとか席につけたもののメニューを見て愕然。
スーパーフライデーの混雑対策で種類が簡素化されています。
ついでに店員さんがなかなか捕まらず注文できない。
牛すき鍋膳を頼みましたが、いつもより味が落ちている気も。
私が食べ終え会計する頃には、ほとんど1時頃だったということもあり、
なかなか途切れなかったレジの列もだいぶ減ってはいましたが、
もう本当に止めて欲しいですね、こういう妙なイベントは。
なお会計時に渡されたレシートにウェブでのアンケートの案内があったので
しっかりその旨書いておきました。
誰か株主総会でこのイベントにやる価値があるのか質問して欲しいですね。
まあJAFメイトに付いていた50円引き券と株主優待券だけで
支払いを済ませた私に、とやかく言う資格はないのかもしれませんが。
ちなみにその日の夕方前に店の前をもう一度通る機会があったのですが、
駐車場に警備員さんがスタンバイしていました。
本当の地獄はその後だったのかもしれません。

ところでその日その後ミスタードーナツに行くと…
また三太郎の日かよ!
何て日だ!!

2018年2月26日月曜日

Nintendo3DSが7周年

Nintendo3DSが発売開始から7周年となりました。
もうライフサイクルで言えば末期と言って差し支えないでしょう。
私はと言うとこの一年も新しくゲームを買うこともなく、
ほぼ[ポケとる]専用機と化しています。
ただ一応[すれちがい通信]も続けてはいるので
1年前の状況からの進展を書き残しておくことにします。

[サクッと! スロットカー]は昨年3月に最終対決に初勝利。
その後散発的にさらに3度程エンディングを見ることに。
[スピード]の強化パーツ×2を持った状態でミスなしでないとクリアは難しい気が。
今はもう遊んでいません。
[サクッと! 株トレーダー]は記念品集めはコンプリート。
先月末で資産1000億を越えたのでもういいかなと。
[サクッと! 勇者食堂]はレシピは98%集まっていて、
あとは伝説の勇者ランチのみです。
勇者新聞はすれちがい伝説2の[ふきつなほこら](40/50)まで進んでおります。
[サクッと! 大砲忍者]は昨年7月に2周目(むずかしい)をクリア。
スコアアタックモードはちょっとやって止めてしまいました。
[サクッと! 探検隊]は任天堂株主総会時に歩数多い方とたくさん出会って
かなり進み、7月後半には1周目をクリアできました。
11月末には2周目もクリアし、それによって開放された
ジャングル島、遺跡島もクリアしました。
雪の島も残すはあと1コース。もうすぐ殿堂入りです。

[すれちがいフィッシング]は[さまよいの魚]の1つである黄金のサケを
なかなかゲットできませんでしたが、昨年12月中旬についにゲット。
頻繁にすれちがう方とのすれちがい160回目に
初の黄金のサケに出会いましたが、
残念ながらエサに恵まれずゲットまではならず。
これじゃ260回目まで待たないとだめかと絶望していたところ、
ある日すれちがった方が条件を満たしていて
2度目のチャンスがもたらされました。感謝。
比較的エサに恵まれたこともあって無事ゲット。
これで全種釣り上げることができたので殿堂入りとしました。

その他については、お祝いリストは達成数66、
[すれちがいマップ]は国内46都道府県まで到達し、
海外はアメリカ(5州)、カナダ、フランス、ドイツ(2州)、
オーストラリア、ベルギー、ニュージーランドです。
[すれちがい誕生日]は330日でまだ埋まった月はありません。
すれちがい回数は3582回で、
すれちがった回数が最多のMiiは202回です。
[ピースあつめの旅]は2016年8月24日以降新パネルなしなので、
もう終わりなんでしょうね。

[サクッと! 勇者食堂]と[サクッと! 探検隊]ももうすぐ終わりそうで、
遊べるミニゲームがなくなった後
いつまですれちがいを続けるのか、悩みどころです。

2018年2月22日木曜日

ヘリコプター墜落

しばらく前の話になりますが、
佐賀県で自衛隊の攻撃用ヘリコプターが墜落しました。
墜落現場で民間への被害が出たこと、
搭乗員2名が死亡したことは非常に残念です。

ところでこのヘリコプター、主要部品のローターを交換し、
点検飛行の最中だったようです。
自動車で言えばタイヤ交換の直後に走行中タイヤが取れた
くらいのイメージとも思えるのですが、
そんな点検飛行で民家のあるような方に飛んで行くのって
どうなのかと思ったりします。

私は自動車のタイヤ交換を冬前と春頃の年2回は行うのですが、
交換直後は10km/hほどの低速で近所の路地を走行し、
その際すべての窓を全開にして異音がしないか確認し、
徐々にスピードを上げていって、周囲に特に施設がなく
道幅が広くて交通量のほとんどない道で、
40km/hぐらいで走行したあとタイヤの立て付けを確認します。
その後数日間は自動車を使用する前後でタイヤの確認は怠りません。

飛行機やヘリコプターは自動車と違って発進のしきい値が高いので、
徐々に動かして様子をみるなんていうのは難しいでしょうが。
もうちょっとやりようがあったのではと考えてしまいます。
素人考えなので他にもいろいろ事情があるのかもしれませんが。

以前おもちゃのドローンを操縦してて感じたのは、
ヘリコプターは超低空飛行だと地面による風の跳ね返りで
不安定になるような気がするということです。
なので少なくとも落ちてもダメージがないほどの超低空で
ホバリングして試運転というのは厳しいのかも。
って、本物もドローンと同じですよね?違うのか?

2018年2月21日水曜日

SUPERBOWL LII 後半実況

先日の総評前半の実況に続いて、
SUPERBOWL LIIの後半を実況をしてみます。
なお、解説には私の独断と偏見が混じっていますので間違ってるかもしれません。

イーグルスが22-12とペイトリオッツをリードして後半へ。
イーグルスのキックオフはタッチバックで
ペイトリオッツは自陣25yからO#開始です。
ドロップバックからのパスはTEグロンコウスキーキャッチできず2&10。
ショットガンからのTEグロンコウスキーへのパスは成功して
一気にフィールド中央へ。1&10。
ショットガンからのハンドオフフェイクのあとまたもグロンコウスキーへの
パスが通り敵陣29yへ。1&10。
目先を変えたドロップバックからのランで2&6。
ショットガンのノーバックでは投げ捨てて3&6。
ショットガンからサイドライン付近へのグロンコウスキーへパス。
敵陣8y。1&G。
ドロップバックからのランで2yゲイン。2&G。
最後もショットガンからエンドゾーンのグロンコウスキーへのパスがヒット。
TDとトライフォーポイントでペイトリオッツが22-19と3点差に迫ります。
Q3の残り時間は12:15。

ペイトリオッツのキックオフを自陣25yまでリターンしたイーグルス。
しかしお馴染みのイリーガルブロックインザバックの反則で10y罰退。
ショットガンからのランパスオプションのランで2&6。
ショットガンからハンドオフフェイクを入れてパスは失敗。3&6。
ショットガンからのショートパスが通ってタックルミスもあり
自陣35yまで進む。1&10。
ドロップダウンからのランで2&5。
ショットガンからのランパスオプションのランで敵陣49yへ。1&10。
ドロップバックからピッチフェイクを入れてのパスは失敗。2&10。
ショットガンからのランで3&1。
ドロップバックからのハンドオフフェイクからミドルパスが通って
敵陣34y。1&10。
ショットガンからピッチしてのランで2&6。
ショットガンからパスを狙うもレシーバーが空かず投げ捨て。3&6。
ショットガンからエンドゾーンへパス。
ダブルカバーされるもRBがキャッチしTDパス。
ボールが手の中で遊んでいて2歩目が怪しい気がするも
オフィシャルレビューでひっくり返らず。
直後のポイントアフタータッチダウンで1点も追加し
スコアは29-19。突き放します。
Q3の残り時間は7:18。

イーグルスのキックオフをペイトリオッツがリターンして自陣25yからO#。
ドロップバックからのランで2&9。
ドロップバックからハンドオフフェイクを入れてミドルパス。
CBがカットするもD#のホールディングで5yゲイン。1&10。
ドロップバックからのランで2&9。
ドロップバックからハンドオフフェイクを入れてミドルパス。
16yゲインして1&10。
ショットガンからのランで2&7。
ドロップバックからのランで3&1。
ショットガンからのミドルパスが通って敵陣26y。1&10。
ショットガンからエンドゾーンのWRホーガンへTDパスをヒット。
エクストラポイント入れて29-26とO#対決の様相に。
Q3の残り時間は3:23。

ペイトリオッツのキックオフはタッチバックで
イーグルスは自陣25yから攻撃。
ショットガンからプレイアクションで一気に自陣49yへ。1&10。
ショットガンからランパスオプションのパスで敵陣34y。1&10。
ドロップダウンのランで2&8。
ドロップダウンのジェットスイープからランで敵陣28y。1&10。
ショットガンからエンドゾーンへのパスはレシーバーがおらず2&10。
ショットガンからスウィングパスで3&3。
Q3タイムアップ間近でセットはするものの
単なるオフサイド誘いでそのままQ3終了。

続くQ4はイーグルスが敵陣16yで3&3。
ドロップバックからセイフティバルブへパスするもロスして4&11。
堅実にFGを決めてで32-26。
残り時間14:09。

イーグルスのキックオフはタッチバックで
ペイトリオッツは自陣25yから攻撃。
ドロップダウンのランで2&5。
ショットガンからのランで自陣39yへ。1&10。
ドロップバックのランで外に展開するもロスして2&6。
スナップから横へのクイックパスで3&3。
ショットガンから外へのパスで敵陣37yへ。1&10。
ドロップバックからハンドオフフェイクを入れてミドルパスで
レッドゾーンへ。敵陣17y。1&10。
ドロップバックから短いタイミングパスで2&1。
ドロップバックからのランで敵陣4y。1&G。
ショットガンでノーバックにシフトしてRBへのパスは通らず。
またショートバンド。2&G。
ショットガンから1:1になったTEへパス。ミスマッチが功を奏し
TDパス成功。エクストラポイントも成功で32-33。
ついにペイトリオッツが逆転。
残り時間9:22。まだ波乱がありそうな予感。

ペイトリオッツのキックオフはタッチバックとなり
イーグルスの自陣25yからのO#。
ショットガンからのランで2&6。
ショットガンから超ロングパスはインコンプリートで3&6。
ショットガンのノーバックでプレーしようとしたところで
D#のペイトリオッツ側がタイムアウト。
ショットガンからRBをモーションさせてノーバックにし、
そのRBへショートパス成功。自陣36y。1&10。
ドロップバックからのランで2&8。
ドロップバックからプレイアクションでRBへのパスを通し3&1。
ショットガンのランパスオプションから横パスで展開するも
ロスタックルを受けて4&1。
ここで4thDownギャンブルを選択。
ショットガンからプレッシャーを受けつつ放ったパスはギリギリ1stDown更新。
プレイコールが遅れたのかディレイオブゲームを避けるためQ#のタイムアウト。
ショットガンからのランで2&9。
ショットガンでプレッシャーから逃げながらのランニングパス。
これが通って敵陣42y。1&10。
ショットガンからのパスで敵陣24y。1&10。
ショットガンからの横パスでギリギリ1&10。
レッドゾーン内の敵陣14yへ。
ショットガンからのランで2&7。
ここでペイトリオッツはタイムアウトで時計を止める。残り2:30。
ショットガンからハンドオフフェイクを入れエンドゾーンへ投げ込むも長すぎ。3&7。
ショットガンからTEへパス、キャッチしてエンドゾーンに飛び込んでTD。
通常TDはボールがゴールラインの上空に少しでもかかった瞬間に成立しますが、
このプレーではTEがキャッチしてから2、3歩だけ走ってからゴールラインを越えており、
さらにエンドゾーンに飛び込んで着地した時点でボールが地面に付いていることから、
そもそもゴールラインを越えるときに確保が完全でなかったとみなして
パスインコンプリート扱いに変更される可能性も考えましたが、
オフィシャルレビューでconfirmされTDが認められました。
confirmということは、TEは飛び込む前にボールを確保していたことになり、
パスキャッチ時のボールの確保は取ってからの歩数が問題になることもあり、
確保って一体何なんだと少々疑問も沸きます。
このあたりルールをもうちょっとわかりやすくし、
審判間で解釈の違いがないようにお願いしたいところです。
ともかくイーグルスが38-33と逆転に成功。
その後の2ポイントコンバージョンは
ドロップバックからロールアウトしてランニングスローするも通らず。
まあD#のインターフェアっぽかったのですが。

残り時間は2:21。点差は5点。
ペイトリオッツO#なら逆転は十二分に可能です。
イーグルスのキックオフはタッチバックとなり自陣25yからのドライブ。
盛大なクラウドノイズのなかショットガンからアウトへのパスを
TEグロンコウスキーがキャッチしそのまま外へ出て時計を止めます。2&2。
しかし次のプレー、ショットガンからQBブレイディが投げようとしたところを、
DLが手をかけてファンブル。こぼれたボールをD#が確保しターンオーバー。
これまで届かなかったパスラッシュがこの土壇場で届き
イーグルスは勝利に王手をかけました。
プレー後ブレイディが座り込んでいたのが印象的です。

残り時間は2:09。ペイトリオッツの残りタイムアウトは1つ。
イーグルスはすでにFG圏内の敵陣31yからの攻撃。
リスクの低いランで1stDownを更新できれば
ニーダウンで時間を流し安全に勝利できます。
ペイトリオッツとしてはできればターンオーバー、
最悪3&outでFGに追い込めば、得点差は8点しか開かないので、
返しのO#で同点に追いつきオーバータイムのシナリオもあり得ます。
なにしろ昨年の例があるので。

イーグルスO#は定石どおりドロップダウンからのランで2&7。
ペイトリオッツが最後のタイムアウトを取って残り2:03。
続いてドロップダウンからのランで3&5。
2ミニッツワーニングで時計が止まり残り1:56。
ドロップダウンからのランで4&6。
残り時間は1:46あるももはや時計を止める術がないペイトリオッツ。
カウントダウンは続きます。
時間をギリギリまで流してタイムアウトを取ったイーグルスは
46yのFGを決めて41-33。その差は8点に広がります。
残り時間1:05。

イーグルスのキックオフを自陣6yで受けたペイトリオッツ。
バックパスで打開を狙うも自陣9yまでしか進めず。あと58秒。
ショットガンからプレッシャーがかかってロングパスは通せず2&10。
ショットガンからスクランブルそしてサイドへのパスが失敗で3&10。
残り48秒。
ショットガンからサックされかけながらも投げ捨てて4&10。
残り42秒。絶体絶命。しかし諦めない。
ショットガンからのミドルパスで辛くも1stDown更新。
しかしフィールド内でダウンしたのでスパイクして時計を止める。
2&10。自陣22y。残り26秒。
ショットガンからTEグロンコウスキーへのショートパスが通り
ギリギリ1stDown更新。そして外へ出て時計を止める。
自陣33y。残り20秒。
ショットガンから奥を見るも空いておらずやむなく再度TEへパス。
ここでも外へ出て時計を止める。
1&10。自陣49y。残り13秒。
ここでイーグルスはタイムアウトを取って体制を立て直す。
ショットガンからアウトへのパスはD#にカッとされ2&10。
残り9秒。
ショットガンからサックされそうになりつつも体勢を整えて
残り4秒でエンドゾーンへとヘイルメイリーパスを投げ込みます。
TEグロンコウスキーがドンピシャのところにいますが
D#6人ほどに囲まれておりさすがに取れず。
これにて試合終了となりました。
スコアは41-33。まさに死闘でした。

最後まで手に汗握る展開で、歴史に残るゲームでした。
来シーズンの開幕が待ち遠しいですね。

2018年2月20日火曜日

SUPERBOWL LII 前半実況

先日の総評に続いてSUPERBOWL LIIの実況をしてみます。
まずは前半です。
なお、解説には私の独断と偏見が混じっていますので間違ってるかもしれません。

コイントスでペイトリオッツが勝利し後半の攻撃を選択、お約束ですね。
ということで試合はペイトリオッツのキックオフからの開始。
イーグルスは自陣26yまで返してQBフォールズの登場です。
手始めにドロップバックからパスを投げ2&6。
ショットガンからのクイックパスで3&4。
ショットガンのバンチフォーメーションから一番手前のWRへ長めのパスを通し、
ランアフターキャッチで自陣49yまで進んで初の1stDown獲得。
Q1の残り時間は13:12となります。
ドロップバックから決め打ちのランで攻めるもこれはロス。2&12に。
ショットガンからランパスオプションでパスを選択するもこれも通らず3&12。
ショットガンからプレッシャーを受けつつも
決め打ちの長めのパスを中央に放って敵陣38yへ。これで1&10。
Q1の残り時間は11:46。
ショットガンからランフェイクしてパスし2&3。
ショットガンからランパスオプションでランを選択し敵陣27yへ。1&10。
ショットガンからランパスオプションで中央のラン。2&4。
ショットガンからロングパスを狙うもQBへのプレッシャーと
レシーバーへのカバーによりセーフティーバルブへパス。
それでもランアフターキャッチが出て敵陣5y。これで1&G。
ドロップバックからランを繰り出すもゲインは3y。
続くプレーはフォルススタートの反則で5y罰退。2&G。
ショットガンからRBへピッチフェイクしつつQBは逆方向に走って
TDパスを狙うもこれは投げ捨てぎみのオーバースロー。3&G。
ドロップバックからプレイアクションでエンドゾーンに投げ込むも
相手CBにカットされ4thDown。
これでFGを決めて3-0。イーグルスがリードを奪います。
Q1の残り時間は7:55。結構時間を使えました。

イーグルスのキックオフはタッチバックとなり
ペイトリオッツは自陣25yからの攻撃。
ドロップバックしてのショートパスは低すぎてショートバウンド。
QBブレイディは絶好調ではないようです。2&10。
ショットガンのノーバックからRBホワイトへミドルパス。
ランアフターキャッチで稼いで敵陣39yへ。これで1&10。
D#の選手交代が遅くフィールド上に12人いることに気づいて
すぐにスナップし反則をもらって5yゲイン。
ドロップバックからプレイアクションでWRホーガンへパスを通し、
ランアフターキャッチも出て敵陣28yへ。1&10。
ドロップバックからファンドオフフェイクして横から走り込むWRに後ろパス。
リバースっぽくなり2&8。
ドロップバックからプレイアクションでミドルパス。
TEゴロンコウスキーへのパスが通り敵陣14y。1&10。
ショットガンから全レシーバーがエンドゾーンへ走り込み
中央へのパスが通って2&4。
ドロップバックからランで中央突破を図るも止められて敵陣8y。3&4。
ショットガンからモーションでノーバックとなり投げたTDパスはDBにカット。
4thDownからFGを決めてペイトリオッツは3-3の同点に追いつきました。
Q1の残り時間は4:17。

ペイトリオッツのキックオフで試合再開。
イーグルスは自陣24yまでリターンして攻撃開始。
ショットガンから決め打ちのミドルパスで2&2。
ショットガンからランパスオプションでランが炸裂し敵陣34yへ。1&10。
ドロップバックのプレイアクションからエンドゾーンへのロングパス。
1:1でCBがパスカットできず決まってTD。得点は9-3とイーグルスがリード。
ただしその後のポイントアフタータッチダウンがミスキックとなり追加点はなし。
Q1の残り時間は2:34。
イーグルスは先ほどとは打って変わって時間をかけない攻撃です。

イーグルスのキックオフをリターンしてペイトリオッツは自陣18yから。
ドロップバックから中央のランで2&2。
フォルススタートを犯し5y罰退で2&7。
ドロップバックからロングパスもコントロールがよくなく3&7。
ショットガンのノーバックからRBを戻し、
プレッシャーをうまくかいくぐってロングパス。
ワイドオープンのWRアメンドラがキャッチし敵陣30y。1&10。
Q1の残り時間は1:05。
ノーハドルでドロップバックからプレイアクションでミドルパス決まり
レッドゾーン内の敵陣18y。1&10。
ドロップバックからの中央のランを2回続けて3&1。
これでQ1終了。

Q2は続きから。
ドロップバックからジェットスイープしてきたWRクックスにハンドオフ。
一番後ろのSがクックスのモーションの走り出しから猛ダッシュで止めにいき
クックスのジャンプに合わせてジャンプして止める。これで4thDown。
素直に当たりに行けば1stDown取れてた気も。
ともかくFG。しかしロングスナップが乱れ、ホルダーも対応に時間を要し、
辛うじてキックはできたものの決められず。
得点は9-3のまま。ペイトリオッツは痛恨のミス。

返しのイーグルスO#は自陣19yから。
Q2の残り時間は14:13。
ショットガンからRBにピッチして2&8。
ショットガンからロングパスを狙うもサックされかけて投げ捨て。3&8。
またもショットガンからロングパスを狙いでサックされかけるもショートパス。
しかしD#がカバーしてインコンプリート。4&8。
この試合両チーム通じて初めてのパントに変わります。
フェアキャッチでペイトリオッツのO#は自陣37yから。
Q2の残り時間は13:11。

ドロップバックからプレッシャーをかいくぐったQBブレイディは
WRクックスへ長めのパスを通し、クックスはさらに進むために
意図的に少し下がって前を伺うも死角からタックルを受けて脳震盪。
負傷退場となります。このタックルに対してフラッグはなし。
このプレーから分かったのは、QBのブーツレッグの様に
後ろにD#がいないことが分かっているケースでなければ、
不用意に後ろに下がったり止まったりすべきではないということです。
後ろからタックルされるリスクが高くなります。
まあプロなら指導されていることでしょうけど。
ともかくキャッチは成立し、ファンブルもしていないので
敵陣40yから1&10です。
ショットガンからのミドルパスはDBにカットされ2&10。
ドロップバックからの中央のランで3&5。

この3rdダウンコンパージョンの場面の場面で
ペイトリオッツはスペシャルプレー繰り出しました。
ショットガンのノーバックから大外のレシーバーの位置にいた
RBホワイトを呼び戻しモーションさせ、RBへハンドオフ。
RBとすれ違ったQBブレイディはやる気なさそうにとぼとぼと歩き続けます。
そしてRBはスイープして後ろを横切るWRアメンドラにバックパスしてリバース。
それにつられたLBをやり過ごした瞬間QBは猛ダッシュ。
完全にワイドオープンになったQBへWRからふわりとパス。
しかしパスがバックショルダー気味になり本職でないQBはキャッチならず。
WRのパスが長めになったとのQBがキャッチ下手だったことが悔やまれます。
ただQBブレイディがあんまり悔しそうにしてないことがちょっと気になります。

これで4&5。パントかと思いきやなんとギャンブル。
ショットガンからサイドライン際へのロングパスは
DLの手がかかったのかショートしてTEグロンコウスキー取れず。
CBの手がTEの左手にかかっていた様に見えましたが
パスインターフェアランスではなかったよう。
これで攻撃権が移ります。

Q2の残り時間は11:53。イーグルスO#は自陣35yから。
ショットガンからランパスオプションで走らせるも2&11。
ほぼ同じプレーでRBが横に流れて3&7。
ショットガンからワイドオープンのWRにミドルパスを通し、
さらにランアフターキャッチで敵陣43yまで侵入。1&10。
ショットガンからランパスオプションで投げるも高く浮いて通らず。2&10。
ショットガンのノーバックからダブルカバーされたWRへパス成功。
敵陣21y。1&10。
そしてドロップバックからのラン。D#止められずTD。
しかし2ポイントコンバージョンには失敗して得点は15-3。
Q2の残り時間は8:48。

イーグルスのキックオフはタッチバック。
ペイトリオッツは自陣25yからのO#。
ドロップバックからRBバークヘッドへハンドオフフェイクし、
外から入ってきたWRにもハンドオフフェイクし、
パスコースに出ていたバークヘッドへショートパス。
キャッチ後走りに走って46yゲイン。
これで敵陣29yへ。1&10。
ドロップバックからのプレーアクションはプレッシャーかかって投げ捨て。
ショットガンからスイングパス成功で3&8。
ショットガンからタイミングパスを投げるも
予定どおりRBがパスコースに出れず失敗で4&8。
FGで15-6と追いすがります。
Q2の残り時間は7:24。

ペイトリオッツのキックオフはタッチバックで
イーグルスは自陣25から。
しかしフォルススタートで1&15に。
ショットガンからランパスオプションのランで2&14。
ショットガンからショートパスで3&4。
ショットガンからランパスオプションのランでD#止められず
敵陣43yへ。1&10。
ショットガンからエンドゾーン手前へ超ロングパスを投げるも、
1:1で競り合ったWRがお手玉しSSがインターセプト。
ターンオーバー発生。

ペイトリオッツO#は自陣10yから。残り時間は5:01。
ドロップバックからのランで2&6。
ショットガンからのTEへのパスは一旦キャッチはするものの
インコンプリートで3&6。
ショットガンのノーバックからのパスは失敗するものの
D#のホールディングで救われ、5yゲイン+オートマチック1stDown。
ドロップダウンからのパスで2&5。
ドロップダウンからのパスで自陣31yまで進んで1&10。
ショットガンからのパスはコントロールがよくなく2&10。
ショットガンからの超ロングパスで敵陣26yまで侵攻。1&10。
ドロップバックのランからD#を突き抜けそのままエンドゾーンへ。
ようやくのTDで15-12とするものの
キック失敗でエクストラポイントはなし。
前半残り時間は2:04。

ペイトリオッツのキックオフを自陣30yまで返したイーグルス。
ショットガンからミドルパスで2&3。
ショットガンからミドルパス失敗で3&3。
一旦キャッチするもきちんと手に収まってない。
ショットガンからのミドルパスは後ろから走り込んだRBがキャッチして
D#を振り切り一気に敵陣9yへ。1&G。
ショットガンからのランは止まったかと思いきやさらにゲイン。
エンドゾーンまで2y。2&G。
ペイトリオッツがタイムアウトをとり時計を止める。残り時間0:45。
ここでスペシャルっぽいプレー。
ガチのラン隊形からフォーメーションチェンジし、
ドロップバックからランするもこれはノーゲイン。3&G。
ペイトリオッツがタイムアウトをとり時計を止める。残り時間0:41。
ショットガンからTDパスを狙うもCBにはたかれ4thDown。
ショットガンのバンチ隊形でギャンブルを匂わすも
自らタイムアウトを取って一旦中止。残り時間は0:38。

この場面イーグルスはギャンブルを強行。
ショットガンのバンチからQBがOLに近づいてオーディブル、
と思いきや、QBがTEの辺りに行ったとき
CがRBにダイレクトスナップ。なんとスペシャルプレー。
QBはモーションしてたのね。
そしてRBからTEへのバックパスでリバース。
しかし狙いはそれではなかった。
WRがD#を奥に連れて行ったのをいいことに
QBはダッシュしエンドゾーンでワイドオープン。
TEはQBへやさしくとりやすいパスを投げるのでした。
DLが気づいたものの時すでに遅し。
TDパスコンプリートとなりました。これでスコアは21-12。
トライフォーポイントも決まって22-12と引き離しにかかります。
演出も場面も異なりますが、さっきのペイトリオッツの
スペシャルプレーとまるで同じです。

前半残り時間0:34。
イーグルスのキックオフはタッチバックになり
ペイトリオッツは自陣25yからの攻撃。
QBブレイディならまだ十分得点できそうです。
ショットガンからの超ロングパスは長すぎてインコンプリート。
むしろインターセプト失敗といった方がいいような。
やはり今日のブレイディはあまり調子がよくなさそうです。
ショットガンのロングパスで自陣44yまで進んで1&10。
最後のタイムアウトで時計を止めます。残りは22秒。
ショットガンからのパス狙いはレシーバーがカバーされているのか
QBスクランブルで前進してダウン。
時計が動いているためすぐにスパイクして止めます。
残り3秒。あと1プレー。
ショットガンから外側のWRに投げてランアフターキャッチを狙うも
止められてタイムアップ。
22-12のイーグルスリードで折り返すことに。

スペシャルプレー以外で派手さはありませんが、
締まったいいゲームと感じます。
両QBのパス獲得ヤードがすごいことになっていますが、
ペイトリオッツの場合はランO#が出てない裏返しのような気が…

後半に続きます。

2018年2月19日月曜日

SUPERBOWL LII 総評

SUPERBOWL LIIから早2週間。
まだ結果を知りたくない方はさすがにもういないだろうということで、
試合結果を含めていろいろ書いてみることにします。

まずゲーム開始前の話。
国歌斉唱で歌手のP!NKが口から何か吐き出して捨てたように見え、
後でこれがのど飴だったと分かるのですが、
これって米国人からしてもどうなの?とか思ってしまいました。
あんまり大騒ぎしてないことを見ると、
特に問題なかったということなんでしょう。
日本でやったらきっと非難囂々でしょうね。文化の違いです。

それからハーフタイムショー。
今年の主演はジャスティン・ティンバーレイクでしたが、
そちら方面はよく知らないのでノーコメントとします。

さて試合結果から書いてしまうと、
アンダードッグ呼ばわりされていたフィラデルフィア・イーグルスが、
2連覇を目指すニューイングランド・ペイトリオッツに辛勝しました。
後半の接戦はまさに手に汗握る展開で、
昨年の大逆転劇とはまた違う意味で見応えのあるゲームとなりました。
ややペイトリオッツ側で観ていた私は、
最後のヘイルメイリーパスの場面では息を止めてましたね。
DRモードでBD-R DLに録画したので、
いつの日にか見返そうと思っています。

ところでこのゲーム、ペイトリオッツがいろんな意味でよくありませんでした。
D#では終始QBにプレッシャーをかけられない、ランを止められない、
ショートパスヒット後にタックルできずランアフターキャッチを許す、
WRとCBの1:1で抑えられない、と崩壊。
いつもだと前半ボロボロでもアジャストしてなんとかするのですが、
今回はむしろ後半がひどかったですね。
って、後で気づいたのはCBマルコム・バトラーが出ていなかったこと。
だからロングパスでやられてたんですね。
愛国歌中と試合WRクックスが脳震盪で退場した時に号泣しているのが
カメラに抜かれていましたが、
直前の2週間の何かしでかしたらしく干されていたみたいです。

ではO#はというと、ランがほぼ出ない。
となればQBブレイディのパスに頼る事になるのですがコントロールが今ひとつ。
ショートパスのショートバンドが2回はあったと記憶しますが、
ロングパスでも長すぎ短すぎありのブレイディらしからぬパフォーマンスでした。
他の選手でも余計な動作で死角からタックルされたり、
しなくていいジャンプで止められたりもしました。
STではスナップがよくなくFGを外す大きなミスも。
ちぐはぐさが目立ちます。
AFCチャンピオンシップで勝利したのと同じチームとは思えません。

そしてもっとも大きかったのがスペシャルプレー。
奇しくも両チームともQBへのパスプレーを準備しており、
演出と場面に違いはあるもののほぼ同じ戦術。
ペイトリオッツが失敗したのに対してイーグルスは見事成功。
しかも前半終了間際の4thDownギャンブルでのTDパスと
これ以上ないモメンタムの掴み方です。
正直この時点でイーグルスが勝利するような気がしてきました。

後半は壮絶なパスゲームではありましたが、
最後にゲームを決めたのはずっと届かなかったファンブルフォース。
フィラデルフィアDLが投球モーションのQBブレイディに襲いかかり、
ボールを叩き落としてそれをカバー。
ターンオーバーとなって。イーグルスの勝利濃厚。
直後QBブレイディが座り込んでいたのが印象的です。
数年前のAFCチャンピオンシップ(だったと思う)で
ペイトン・マニング率いるブロンコスに破れたときもこんなでしたね。
ただ今回はいろいろ後悔の残る試合だったように感じます。

この試合最終盤のターンオーバーで勝負はほぼ決したかと思われました。
しかしQBブレイディは再度、そして最後の攻撃のチャンスに、
自陣深く、残り42秒、4thDownという絶体絶命から
ヘイルメイリーパスを投げられるところまで持っていってしまいました。すごい。
そしてそのパスはエンドゾーンへ走り込むTEグロンコウスキーへドンピシャ。
しかし6人ぐらいのD#に囲まれていてさすがにキャッチできず。
これにて本当のジ・エンド。イーグルスの勝利となりました。
直後TEグロンコウスキーが座り込んでいたのが印象的です。

MVPはイーグルスのQBニック・フォールズ。
他に特に目立った選手もいませんでしたし、まあ妥当でしょう。
しかしフォールズは控えQB。
エースQBのカーソン・ウェンツが来シーズン怪我から復帰すれば
状況と年齢から考えてフォールズがエースに昇格することはありえません。
果たしてSUPERBOWL LII MVPのフォールズは
来シーズンどういう扱いを受けることになるのやら。かなり心配です。
なお、後日プレーの実況記事をアップする予定です。

2018年2月15日木曜日

邪魔なWiFiアクセスポイント

先日面倒なWiFiアクセスポイントについて書きましたが、
ついでなので邪魔なWiFiアクセスポイントについても書いておこうかと。

ここ数年スマートフォンを持ちながら街を歩いていると、
中途半端に接続されるWiFiアクセスポイントに出会うことがあります。
多分WiFiへの接続にはパスワードが必要なく、
勝手につながった状態にはなるものの、
それ経由でインターネットへアクセスしようとすると
ウェブブラウザで認証ページに飛ばされてしまい、
それをクリアしないとアクセスできないタイプと推察されます。

通常スマートフォンでは3G/LTEよりもWiFiを優先するので、
前述のような中途半端な状態に陥いると、
ブラウザでネットサーフィンしているときならともかく、
それ以外のアプリケーションを使っていると
それに気づかないことすらあり、非常に迷惑なんですよね。

素性の分からないアクセスポイント経由で通信するのに
抵抗があるということもあり、
私は外出時にはWiFiをOFFで使うことも多いのですが、
WiFiをONにしておかないと位置情報の取得で
問題を起こすケースもあり痛し痒しです。
それに自宅でWiFiをOFFにしているのを忘れていて
アプリケーションのアップデートをしてしまい
3G/LTEのデータ通信量の無駄使いをしてしまうことも。
あちらを立てればこちらが立たずです。

2018年2月14日水曜日

面倒なWiFiアクセスポイント

行きつけのスポーツジムでは最近になって
無料で使用できるWiFiアクセスポイントが設置されました。
携帯電話キャリア等絡まないジム独自のサービスです。
私はいつもエアロバイクを漕ぎながら
[PokemonGO]や[Ingress]や[ポケとる]をプレーしているので
この対応は非常にありがたいのですが…問題ありです。

通常スマートフォンが登録済みのWiFiアクセスポイントを捕捉すると、
3G/LTEよりも優先してWiFiで通信しようとします。
自宅に帰ると意識せずとも自宅のWiFiにつながることは
多くの方が体験していることと思います。
ところがこのジムのWiFiアクセスポイント、
スマートフォン側が自動的に接続しようと試みるもダメな場合が多く、
なぜか毎回パスワードを設定し直さないと接続できないんですよね。
この頃はIPアドレス貰えなくって全く接続できませんが。
で、もう面倒なのでこれまでどおりLTEで通信することに。
どうせデータ通信量はわずかですから。

2018年2月13日火曜日

ショートソックス

スポーツジムで運動するときと夏の普段にしかはかない
くるぶし丈のショートソックス。
3足1000円ぐらいのを6足でローテーションして、
10年以上経ってもまだ使えています。物持ちがいい私です。
一足は引っ掛け破れみたいな穴が開いてますけど。

先日処分価格で厚い靴下を購入した際、
隣に有名メーカーのロゴの付いた派手目なデザインの
セット物でないショートソックスもあり、
処分価格というにはちょっと高い気がしましたが、
わりと安めだったので6足購入しました。
でも今履いているのがさらにヘタるまではそっちを履き続けるでしょうね。
やはり10年以上着ているスポーツジム用のウェア。
2、3年前に新品のものをセール品で購入したものの、
古いのがまだ使えるとあってそのまま寝かせています。
物持ちのいい私です。

2018年2月12日月曜日

歯ブラシの寿命

十数年前に行きつけの歯科医院で貰ったのをきっかけに
今でも歯ブラシはDENT.EX SYSTEMA 44Hを使い続けています。
値段は高めですが使い心地がよく、非常に気に入ってます。
ただどうも歯科医院専用モデルらしく、
使い始めた当初ドラッグストア等の店頭で探したものの見つからず、
今でもその歯科医院で買っています。
まあ大手通販サイトでも買えるんですけどね。

この歯ブラシ毛先が非常に細く加工されていて、
歯と歯茎の間にも毛先が入って気持ちいいのですが、
その分耐久性が弱く、気がつくと毛先がなくなってます。
通常同じ歯ブラシを長く使っていると外側の毛が外はねし、
この歯ブラシももちろんそうなのですが、
油断していると内側の毛は先端がなくなって、
太くて短くて固い毛だけが残ってしまい、
歯を磨いているつもりが全然磨けてないなんてことに。
経験的には1ヶ月毎での交換が理想で、
長くても2ヶ月毎には買い替えたほうがいいかなと。
消耗品ですからね。

2018年2月8日木曜日

行政書士試験惜しかった

いつの頃からか年中行事で受験している行政書士試験。
何だかんだ言いつつ勉強を始めるのが
本番の1ヶ月前ぐらいならまだマシな方で、
ひどいときは1週間前から本を一冊読み返すだけだったりするので
合格する可能性はかなり低いことは試験前から分かっており、
だいたいいつも惨憺たる結果が返ってきます。

昨年秋に受けた試験も、後で自己採点とかしないので
漠然とまあ不合格だろう程度の印象しかなく、
先日届いた合否通知書も何の期待もなく開いたのですが…
いや不合格ではあったのですが、あまりの高得点に驚愕しました。
さすが俺様。って、不合格なんだから高得点のわけないんですが。

そもそも行政書士試験は運がいいと受かるマークシート方式で、
法令等(民法中心で憲法や商法等含む)の5択が40問(各4点)、
20個の解答候補の中から問題文中の4つの穴を埋める多肢選択が3問
(計12個の解答欄があり各2点)、40文字記述式が3問(各20点)、
それに政治・経済・法律はもちろん時事やITをも含む
一般知識等が14問(各4点)出題されます。
ちなみに昨年は話題のビットコインについての設問もありました。
で、合格ラインは法令等で122点以上、一般知識等が24点以上、
それら合計で180点以上です。

さて、私の得点ですが一般知識等が52点と、
1問しか間違えていないという奇跡が起きました。
法令等は114点と5択をあと2問正解してれば…というレベルで、
合計は166点で法令等の5択をさらに1問取っていれば合格でした。
いやー非常に惜しい。
法令等の内訳は5択が40問中19問、多肢選択がちょうど半分正解で、
記述は26点と半分には足りませんでした。まあとにかく惜しい。

いままで合格できる気など全くなかったのですが
もしかしたらいけるかもしれない気がしてきました。
しかしこんな奇跡がまた起きるとも限らない。
マークシート方式ながらも5択が意地悪過ぎてそうそう正解できません。
なにしろ合格率は10%程度ですから。

2018年2月7日水曜日

iPhoneのバッテリー劣化

しばらく前のことになりますが、
iPhoneを長く使用していてバッテリーが劣化してくると、
それにからむ問題を意図的に性能を引き下げて回避する
動作をすることが明らかにされました。
世間ではこれで大騒ぎとなり、メーカーであるアップルは
対応におおわらわとなったのでした。
しかしこの仕様ってそんなに問題なのか?
Appleを全面的に擁護するつもりはありませんが、
ユーザーからするとそんなに目くじらを立てることとも思えませんし、
この仕様によっていろいろ救われてた部分もあると考えます。

使用開始から3年半経った私のAndroidスマートフォン
isaiはバッテリーの劣化が激しく、
[PokemonGO]などプレーしようものなら1時間持ちません。
そして最近はバッテリー残量が50%以上あっても
突然電源が落ちることがあります。
先日など、[PokemonGO]のレイドバトルに参加して
バトル開始のカウントダウンの最中に電源OFFとなり、
非常にあせるという体験をしました。
こんなことになるくらいなら、性能を落としつつも
何とか動作してくれる方が相当マシです。
むしろそういう機能を入れておいてほしいですね。

まあiPhone使ってるような方は
長くとも2年毎には買い換えているのでしょうから、
致命的なバッテリーの劣化を体験することなどないのかも。
劣化したスマートフォンを使い倒すセコい私の気持ちはわからないか。

2018年2月6日火曜日

三太郎の日で大迷惑

Googleカレンダー超便利、とか言いつつも、
ないと意外と困るのが紙のカレンダー。
もう長いこと株主優待で貰うANAのカレンダーを
自宅のメイン用に供出しております。
で、個人的に使っているのがミスタードーナツのカレンダー。
年末年始の福袋に入ってるやつです。

私はわりとドーナツ好きななのですが、
昨今コンビニのレジ横で売られているような
菓子パンと何ら変わらないドーナツには興味がなく、
専ら基本店舗で作りたてのミスタードーナツで購入します。
一番好きなのは溶けた砂糖まみれのオールドファッションですかね。

さて、先週末ミスタードーナツに行ったところ長蛇の列。
見ると「三太郎の日」とか行って携帯電話のauの
キャンペーンでドーナツを配っているようです。
わざわざ買いに着たのに最悪。諦めて帰りました。

後で知ったところによると、時期を同じくして
ソフトバンク+吉野家で牛丼を配っていて
いろいろ問題が発生していたようで、
普通に来店する客にとっては迷惑千万。
ほんと、こういうおまけ商法みたいなのは止めてほしいです。
ちなみにMVNO使ってて何も貰えないやっかみではないですからね。
一応念のため。

2018年2月5日月曜日

厚い靴下

寒い日が続く今日この頃。
朝夕自動車の運転をするとき、ヒーターのモードをブロワーにして
窓ガラスが曇らないよう温風を当てるのですが、
それにより足元への温風が疎かになり、足が冷たくて。
雪の中長靴履いてても足が冷たくなってしまいます。
去年まではそれほどは感じなかったのですが、今年はひどい。
冷え性になったのか?まさか老化?

そんなときショッピングセンターの冬物在庫処分で
裏起毛の靴下を見つけ、即刻購入。
使ってみると部屋の中等の普段は暖かい。
しかし屋外や自動車の中など寒い環境になるとやっぱり足が冷たい。
自動車の運転にも支障がなく脱ぎ履きしやすく防寒できそうな
ミドルブーツでも買おうかと思うのでした。

ただこの靴下には思わぬ利点が。
やけに滑るので普段使っているウォーキングシューズが履きやすくなりました。
まあ滑りすぎてフローリングなんかで転びそうになりますが。
おっと、この言葉、この時期特定の方向けには禁句ですね。

2018年2月1日木曜日

イオンのオーナーズカードを再発行

長らく小売り大手のイオンの株式を保有していますが、
その動機は何といっても株主優待です。
イオン(直営店)での買い物時にオーナーズカードを提示すると、
半期に1度、買物金額の何パーセントかがキャッシュバックされます。
まあキャッシュバックを含めても他の方が安けりゃそちらで買うので、
そんなに大した金額が返ってくるわけでもないのですが。

ところでこのオーナーズカード、
株主になった(権利確定日を過ぎた)ときに貰ったっきりです。
クレジットカードと同様のプラスチックカードなので、
長年使っていると曲がったり割れてきたりと
結構なダメージが蓄積されてきます。
そしてこの正月にはついにほとんど割れてしまいました。

きっとタイミングよく現有の株式を売って株主でなくなり、
また新たに買って株主になれば、
新しいオーナーズカードが送られてくるのでしょうけど、
そのためだけに売買するのはバカらしいし、
とか思いつつ調べてみると、
オーナーズカードは申し込めば再発行してくれるとのこと。
FAQにちゃんと書いてあります。
ただし、連絡方法は電話のみ。今時面倒くさい。
まあしかたがないので電話で頼んでみました。
その際そのカードは本人用か家族用か訊かれ、
新カード到着予定時期を通知され、
新しいのが届いたら古いのは破棄するようにと言われました。

予告の3週間より早い2週間強で新カードが普通郵便で届きました。
それでも旧カードも使えているので、
旧カードが完全に割れてしまうまではこちらを使おうかと。

2018年1月31日水曜日

いっしょにチョキッとスニッパーズプラス

いやー、最近のゲームって難しい。
Nintendo Switchを購入したものの、
Splatoon2は個人的にそんなに楽しくないですし、
スーパーマリオ オデッセイは爽快感がなくってやる気が起きないし、
ということで購入したスーパーボンバーマンR
ごてごてしてて、かつ妙に難しく、先に進めません。
私にできるゲームは思考系のパズルとかアドベンチャーぐらいなのかもしれません。
でもクラシック横スクロールシューティングとか遊びたい。
グラディウス3あたりがSwitchで遊べるようになりませんかね。
というかNintendo Switch Online(有料)サービスをとっとと開始して
[クラシックゲームセレクション]が早く遊べるようにしてほしいものです。

それは置いておくとして、せっかくのSwitchを休眠させるのは忍びなく、
購入したのはいっしょにチョキッと スニッパーズ プラスです。
比較的財布にやさしい価格です。
多人数協力プレーにも対応した、時間制限のないアクションパズルで、
プレーヤーキャラクターの形を変化させることで、
各ステージのお題をクリアしていくゲームです。
クリアするためには工夫や試行、あるいはひらめきが必要で、
ステージによってはタイミング的に厳しい場面もあって軽くパニックになったりします。
複数人プレーだと、下手すれば怒号が飛び交うことになるかも。
ともかくわりと面白いゲームです。
[Human Resource Machine]の続編である[7 Billion Humans]が出るまでは、
ちびちびと遊んでおこうかと思ってるところです。

2018年1月30日火曜日

Nintendo Labo

突如発表され話題となったNintendo Labo。
いろいろなところでいろいろな視点で記事になっていますが、
私も独自の視点を交え考察してみようかと。
ただし、現時点で公開されている情報はニュースリリース紹介ページ内の紹介ビデオと個々の製品の内容物くらいのものです。

さて特筆すべきはIRカメラ。
その機能は任天堂のサイトでわかりやすく説明されています。
Nintendo Switchのスペックについて明らかになったとき、
非常に不思議だったのがこれです。
特別な用途はないにしても、とりあえずカメラを付けるとすれば、
通常の可視光対応のものを本体上部に、というのがもっとも無難です。
これなら多くのスマートデバイスと互換がとれ、ビデオチャットにも使えます。
本体をドックにセットしても本体上部が顔を出しているところからも、
選択肢として存在していたと推定されます。
またSwitchのプレースタイルからすると、
Joy-Conに普通のカメラやマイクを付けて、
そこから遊びを広げることもできたはずです。
ただ、任天堂はNintendo 3DSWiiUの失敗から学んだのか、
Switchでは余計なもの、最悪外付けで対応できるものは排除し、
他の機器でできることはそちらに譲り、あるいは連携する、
これまでとは違った方針を立てた様に見えました。
それはつまり、有効活用できずコストの高止まりを招くカメラの
非搭載を決断したり、ウェブブラウザを搭載しなかったり、
Joy-Conにスピーカーを付けなかったり、というところから感じ取れます。
そんな任天堂がIRカメラって…
しかし具体的なアイディアがあったからこそ、
わざわざJoy-Conに搭載したことに勘付いてしかるべきでした。
そしてIRカメラを補完するのが再帰性反射材シートです。

バラエティキットロボットキット
内容物を確認すると[再帰性反射材シート]があります。
これは受け取った光すべてを180°反転させて発光部へ返す光学部品です。
まるで北斗神拳の二指真空把。
同じ機能を実現するのにコーナーキューブミラーなんて物もあります。
つまり、外部光が入らない環境でIRカメラで発光された赤外光は
再帰性反射材シートによりIRカメラにそのまま返され、
IRカメラは容易に再帰性反射材シートの位置を認識できることで
現実世界の出来事がデジタル世界のゲームに反映されます。
現実世界ではピタゴラスイッチよろしく
最終的に再帰性反射材シートの動きに変換されればよく、
あとはソフトウェア次第でどうにでもなります。
任天堂はIRカメラで実現できる遊びを入念に研究し、
アイディア自体はSwitch開発開始よりも前に固まっていたのかもしれません。
IRカメラを使うとすれば、[だるまさんがころんだ]とか、
もっと実用的には赤外線リモコンの代わりにしてテレビ等を操作
とかいうような貧困な発想しかできなかった私としては、ともかく感服です。

Joy-Conについている加速度センサーやジャイロセンサーも
Laboではフル活用されます。
ただそんなに驚くべき使い方をされているようなことはなく、
まあ今のところは想像の範囲内かなと。
Switch版太鼓の達人の太鼓型コントローラは
これを応用してダンボールで自作することになるかもしれません。
きっと今年末までにはリリースされるでしょう。

Joy-Conはセンシングに使用されるだけではありません。
駆動力をも提供します。
HD振動でJoy-Conを振るわせ、ダンボール工作を動かします。
何かと紐で結んだJoy-Conを高所から落下させるトリガーにすれば
派手なこともできそうですが、任天堂は危ないことはさせないでしょう。
となるとかなり地味な扱いになりそうです。

ところで私がバラエティキットやロボットキットを購入するかと訊かれると…
買わないだろうな。
別売りでセンサーやモーターが充実したJoy-Conの代わりになるモジュールや、
Joy-Conストラップの代わりに付ける機能拡張パック、
それにそれらをコントロールするようなSwitchのプログラミング環境
なんてものを出してもらえると喜んで買うんですけどね。
一応期待しておきます。

2018年1月29日月曜日

SUPER BOWL LII プレビュー

いよいよ一週間後にせまったNFLの頂上決戦、SUPER BOWL LII。
フィラデルフィア・イーグルスとニューイングランド・ペイトリオッツの対決です。

その前に今シーズンのプレーオフについて。
判官びいきの私としては、AFCではタイタンズかビルズ、
NFCではバイキングスあたりが勝ち残ると面白いかなと思いつつも、
それより、個人的にあまり好きではないスティーラーズとパンサーズが
どこかで負ければまあいいかなという気持ちの方が強く、
両チームとも敗退したのである意味満足です。
ペイトリオッツについても以前は強すぎて嫌いでしたが、
最近はそれほどではなくなっています。
昨年のスーパーボールや今年のAFCチャンピオンシップなんかでは、
試合開始からO#もD#もどうにもなりそうになかったペイトリオッツが、
最後には相手のO#もD#もどうにならなくする戦い方に関心しきりです。

さてSUPER BOWL LIIについて。
私の予想はペイトリオッツの勝利かな。
一番の注目はイーグルスの繰り出すラン・パスオプションを
ペイトリオッツがどう封じるかという点でしょうか。
そしてペイトリオッツの最強O#をイーグルスD#が
ゲームを通じて抑えることができるのかという点も。
いずれにしろ接戦の好ゲームになることを期待します。

2018年1月25日木曜日

Miitomo終了

2016年3月17日にサービスが始まった
任天堂初のスマートフォン向けゲームMiitomo。
2018年5月9日に終了することが発表されました。
スマートフォンゲームのサービス停止はその世界の消滅を意味します。
課金した分を料金ではなく代金と考え、その世界での所有資産と見るなら、
プレーしていた方は大きな損失を被ることになります。
まあ儲からないからサービス止めるんでしょうから、
課金していた方も少ないということなんでしょうけど。

さて、このMiitomo、私は開始初日にインストールしたものの、
ほぼ毎日ログインボーナスを貰うだけで、
他には何もしていませんでした。
その結果、Miitomoコインが206275、キャンディが80、
ゲームチケットが243と溜まりに溜まっております。
しかし特にやりたいこともないのでこのままで
サービス終了日を迎えることになるでしょうね。

ところでWiiから始まったMiiは
最新のNintendo Switchでは表立って採用されていません。
Miiの終了も間近だったりして…

2018年1月24日水曜日

eneloopが充電できない

今でも便利に使っている充電池eneloop
今は亡き三洋電機のレガシーですね。

私はいろいろあって大量保有しているのですが、
先ごろ純正充電器で充電しようとしたところ、
充電器のLEDがチカチカ点滅します。色々試したところ、
ある特定の1本を混ぜると点滅することが分かりました。
ずいぶん長く使ってきましたし、きっと寿命だろうと。
一応大昔に買った消費電力が大きいLEDじゃないペンライトで 一度完全放電してからもう一度充電してみましたが、
点滅は収まりません。やっぱり寿命ですね。
ということで捨てることにしました。

捨てることにはしたものの、電池を捨てるのって意外と面倒。
私の居住地域では乾電池は頻度は低いものの回収ゴミ扱いですが、
充電池やボタン電池は販売店の回収箱に持っていく必要があります。
となるとその気になるまで放置というのがお決まりのパターン。

そして今回その放置の期間中に、
100円ショップのDAISOの充電器で一度充電すると、
純正充電器で充電できなくなったeneloopが復活する、
とかいう情報を小耳にはさみました。
早速買ってきて…と思ったもののすでに販売してない模様。
どうやらすでに過去の情報のようです。残念。
まあ廃棄するのはまだ先になりそうですが。

2018年1月23日火曜日

HDMIミニディスプレイ+Miracast

先日話題にしたHDMI入力なミニディスプレイ
OSOYOO HDMI 3.5インチLCDディスプレイ
実は昨春購入したLGのテレビ43UH6100
Miracast受信機能(sink)がすでに内蔵されていて、
あまったMiracastアダプタAndoerドングルレシーバー
有効活用を模索する中で昨夏購入したものでした。
ミニディスプレイ+Miracastアダプタ+モバイルバッテリ(2ポート)
モバイルワイヤレスディスプレイが実現できます。
実際に試してみても問題なく使用できます。
実用性はともかくとしてですが。
何しろ画面サイズが小さくいもので。

2018年1月22日月曜日

分配器の空き出力端子にはダミー抵抗を

地デジにしてもBS/CSにしても、
テレビアンテナは普通一家に一種につき1つしかないわけで、
テレビが複数台ある場合分波器で信号を分けて
各テレビまでアンテナケーブルをつなぐことになります。

ところでこの分配器、使っていない出力端子をそのままにしていると
反射で信号品質が劣化するのでダミー抵抗(終端器)
付けるべきなのですが、これ私つい最近知りました。
まがりなりにも大学の電気電子工学科で高等教育を
受けた身としては、恥ずかしい限りです。
まあよく考えれば理論的にそれは当然のことなのですが、
あまり考えてないと気づけません。

大は小を兼ねるとか言いつつ4出力の分配器を買ってきて
2端子空けたりしているので、悔い改めることにします。

2018年1月18日木曜日

LabとLabo

日本時間の本日朝、任天堂からNintendo Switch用の
新しい概念のゲーム[Nintendo Labo]が発表されました。
その内容については後日考察するとして、今回はちょっと別の話。

[Nintendo Labo]の“labo”は研究室を意味する“laboratory”の略と思われます。
まさか違うなんてことはないよね?
まあそれはともかく、私の直感的には略としては“lab”の方がふさわしい気がし、
このブログのタイトルもそれに沿って名付けています。
この認識は欧米では正しいようで、
例えばIBMのワトソン研究所(Thomas J. Watson Research Center)の
トップページでは”lab”となっています。
ところが日本では“labo”の方が一般的に使われているようで…

で思いついたのは、日本では[Nintendo Labo]ですが、
もしかしたら欧米では[Nintendo Lab]かも、ということです。
しかし米国任天堂のサイトで確認すると[Nintendo Labo]の表記が。
どうやら全世界統一で[Nintendo Labo]が採用されているようです。
多分欧米向けローカライズの時にそういう話は出たと推察されますが、
日本側が貫いたんでしょうね。多分。

2018年1月17日水曜日

HDMIミニディスプレイ

私がHDMIに出会ってからもう10年ほど経つでしょうか。
今でこそHDMI端子が標準となっていますが、
当時はD端子等が幅を利かせている中で、
個人的にHDMI至上主義を掲げ、
PCでも何でも映像を扱うのにHDMI端子がない製品は
基本的に購入対象から外してきました。
それなりにHDMI機器が手元に集まると、
HDMI入力付きの小さいディスプレイって欲しいと思うようになりましたが、
ここ数年で登場してきたものの値段が高すぎて
購入に踏み切れませんでした。
明確な目的がなかったのが理由の1つです。

さて、ここ1~2年、Raspberry Pi用の小さなディスプレイが出回っており、
もしかしてこれが汎用的に使えるじゃないかと考え、試しに購入してみることに。
わりと廉価なので使えなかったとしても諦めがつきます。
選んだのはOSOYOO HDMI 3.5インチLCDディスプレイです。

早速このディスプレイに適当にHDMI信号を与えてみます。
まず接続したのはNintendo Switch
TVモードで接続すると問題なく表示できます。
ゲームによってはこの小ささでも遊べないことはありません。
細かい字が読めないことは仕方ないにしても、
やや縦長に表示されてしまうのでちょっと気持ち悪いかも。
まあこれは他機器を接続しているときでも言えることです。
なおこのディスプレイにはイヤフォンジャック(ラインアウト端子?)がついており、
適当なイヤフォンを接続すると音も出ます。
ただしディスプレイ側では音量調整できず、
耳元で爆音で鳴ることになるので注意が必要です。

次にChromecast。普通に表示できます。YouTubeも再生できます。
一眼カメラ(LUMIXのGF3)でも撮影した写真を表示できました。
AndroidスマートフォンではSlimPortで有線接続できるau isaiでは表示できました。
同じくSlimport対応のAndroidタブレット Nexus7(2013)でも表示はできるのですが、
表示できない時もあり、なんだか不安定です。

MacBook ProについてはmacOSでも
Windows10でも表示可能ですが、
2台持っている廉価なWindows10タブレットと、
廉価なWindows10のドングル型PCでは表示されるものの
色が変(黄緑とピンク)になってしまいます。
YUVデータで何か齟齬があるのかもしれません。
色がおかしいだけなので操作はできないことはありませんが、
実用には厳しいものがあります。
これら3台はIntelのAtomプロセッサベースなので、
チップ(チップセット)かデバイスドライバの問題なのかも。

BDレコーダーのDIGA BZT710でも録画した番組が表示できますし、
ポータブルBDプレイヤーAPBD-F1050HKでも適当なDVDが表示できます。
PS3でもメニュー画面はもちろん、
torneの録画番組やゲーム画面も表示できます。
(ゲームは唯一所有している旧機種向けのダウンロード版[POLICE NAUTS]で確認)
どうやらHDCPに対応しているようです。
こんなRaspberry Pi用の小さなディスプレイがHDCPに対応しているとは
全く期待していなかったのですが、試験結果からすると対応してますよね。

あっそうだ。Raspberry Piはどうかというと…
ちゃんと表示できました。

2018年1月16日火曜日

Nintendo Switchのプレー動画

昨今ゲームをプレーするのではなく、
他人がプレーする動画を視るのが流行ってると聞きますが、
私には正直意味不明です。
大昔に5面より先に進めなかったアーケード版GRADIUS IIIの
ノーミスプレービデオを友人から借りて視たことはありますが、
基本、ゲームはプレーしてなんぼでしょう。
まあその考え方がすでにオッサンなのかもしれませんが。

さて、大ヒット爆売れ中のNintendo Switchには、
発売当初から標準でゲーム画面の静止画を
撮影する機能がついていましたが、
しばらく前のバージョンアップにより
最大30秒の動画も撮影できるようになりました。
ただしゲームソフト側が対応している必要があります。
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドSplatoon2
スーパーマリオ オデッセイあたりの任天堂製ゲームは
対応しています。

撮影は任意のゲーム中にJoy-Con(L)についている
撮影ボタンを押すだけです。
スーパーマリオ オデッセイで試してみたところ、
単に押すとjpeg形式の静止画として保存されますが、
長押しすると動画になります。
動画の保存処理には多少の時間が必要ですが、
その間ゲームのプレーに支障が出るようなことはありません。
また基本的には押した時から遡って30秒前からの動画が
記録されるようになっていますが、
連写制限があり、静止画含め撮影しまくっていると
それより短くなったりします。

撮影した静止画・動画はmicroSDXCカードを挿していると、
そのSDカードの"Nintendo/Album/<年>/<月>/<日>/"
ディレクトリに保存されます。年月日は撮影日で、
2018年1月1日に撮影したなら"Nintendo/Album/2018/01/01/"となります。
ファイル名は"yyyyMMddHHmmssff"形式の撮影日時で始まり、
‘-’に続くのは32バイトのハッシュ値っぽいゲーム識別コードです。
拡張子は静止画は”jpg”です。
動画については”mp4”ファイルで映像のエンコード形式はH.264、
音声はAACです。映像のフレームレートは30fpsです。
静止画・動画ともに解像度は1280×720で、
これは携帯・テーブルモードでの本体のディスプレイと同じです。
TVモードにすると表示は1920x1080になるものの、
静止画・動画は1280×720のままです。

ちなみに動画ファイルのサイズは30秒で20MB程度なので、
ビットレートは数Mbpsですね。
となると映像のBPP(Bits Per Pixel)は0.17ほどでしょうか。
品質はわりと高めかも。

2018年1月15日月曜日

また受けてたITサービスマネージャ試験

昨秋受けたきりすっかり忘れていたITサービスマネージャ試験。
IPAの高度試験では秋季でとり損ねている唯一の試験だけに、
早く合格してコンプリートしたいところですが、
他に優先度の高い試験が同時期にあるため
毎年ほとんどぶっつけ本番。
ということで今回も合格証書が届くことはありませんでした。
不合格の通知は来ないので、次の試験申し込みが
近くなったころに思い出して確認するのが定番です。

まあ年が明けても何も来てないので不合格なのは確定として、
どれぐらい得点できたかは一応知っておきたい。
ということで成績照会してみると…
予想通り午後IIがB判定で落とされていますね。
って、テーマが何で、どんな事書いたか全く覚えていませんが、
どうせその場ででっち上げたものなので、程度は知れてます。
ちなみに午前IIは80点、午後Iは68点とまあまあです。

ところで先ほどIPAの秋季開催の高度試験で未合格なのは
ITサービスマネージャ試験と書きましたが、
逆に言えばこれだけなので何年か連続で受けてれば
いつか奇跡が起きるでしょう。多分。
ということで結構気楽です。
受験代金が痛いのに目を瞑ればですけど。

なお春季試験の申し込みは2018年2月19日までとなっております。
詳しくはIPAのサイトをご覧ください。

2018年1月11日木曜日

Ubuntu 14.04でBDが焼けない

久しぶりにUbuntu 14.04でデータをBD-Rに焼く用があり、
以前と同様に[Brasero]アプリケーションで焼こうとしたところ、
何やら警告が。
2GB越えのファイルがあると保存形式がISO9660のlevel3じゃないとだめとのこと。
実際単一ファイルで10GBオーバーなものが含まれています。
まあlevel3でも構わないということでそのままスルーです。
後に試してみるとmacOSでは読めませんでしたが、
WindowsとUbuntuなら読めましたし。
ところがいざ書き込もうとするとメディアが排出されてエラー。
何度やってもダメです。
もしかして一旦ディスクイメージを作ったら焼けるかも、と考え、
$ genisoimage -J -r -R -allow-limited-size -o <書き出すイメージファイル> -V "<ラベル>" -v <書き込むファイルを置いたディレクトリ>
を実行し、さらに
# mkdir bd
# mount -o loop <書き出したイメージファイル> bd
でイメージファイルが正しいことを確認してから
それを[Brasero]で焼こうとしても状況は変わらず。
詰んだかと思いつつ調べていると[K3B]なるライティングソフトがあるらしく、
# apt-get update
# apt-get install k3b
でインストールしてからターミナルで”k3b”を実行するとGUIが現れました。
焼きたいファイルを下のペインにドラッグ&ドロップして
焼いてみるとなんか書き込んでるっぽい。
ところが最後の最後にエラーが発生してしまいましたorz
しかし確認してみると焼いたデータに破損は見られません。
決してすっきりはしませんが結果オーライということで。
今後BDを焼くときは[K3B]を使う事にします。

2018年1月10日水曜日

リモコンの大掃除

使い始めて数年が経つBDレコーダーDIGA BZT710
長く使っているのでリモコンのボタン上の印刷が消えてきたりしますが、
より都合が悪いのは接点が劣化してボタンを押しても反応しなくなることです。
私の場合一番最初にダメになったのは録画した番組を削除するのに使う
[黄]ボタンだったりするのですが、その後も順調に調子が悪くなり、
この冬の寒さも手伝ってか、電源ボタンが反応しないことが多々ある
末期的症状に到達してしまいました。
手垢がついて汚いですし、別売りの専用リモコンに買い替え、
という手もあるにはありますが、
単純に掃除すれば直るだろうということで、
この正月休みに分解掃除を試みました。
リモコンの電池蓋を外すとわかりやすくネジが4つあります。
また送光部の脇にも2つネジがあります。これら6つの+ネジを外し、
送光部あたりの隙間を広げ、マイナスドライバーで
強引に爪を外しつつ3枚に下ろします。
そして綿棒
エタノールをふりかけて
電子基板の全体を拭いてカーボン接点部を綺麗にします。
ボタンの裏のカーボン接点に接触する部分も同様に掃除します。
ついでにその他のゴミ等拭き取り、組み立てて完了です。
掃除前までの反応の悪さが嘘のようにサクサク操作できます。
面倒ですけど時々はやるべき作業ですね。

2018年1月9日火曜日

ttyACM0につながらない

とある機器をUSBでUbuntu 14.04なPCに接続したところ、
“/dev/ttyACM0”として認識されたのですが
うまくアクセスできません。なぜ?
実はttyACMって携帯電話系ネットワークへ接続する
モデムデバイスなんだそうで、
つまり、その機器はモデムとして認識されているということです。
そしてModemManagerがそいつを先にガメてしまっているのです。
ということで
$ ps axf | grep Modem
を実行してみると"/usr/sbin/ModemManager"が起動していました。
これを一時的に止めるには
# stop modemmanager
を実行すればよいのですが、
OS起動時に立ち上がらないようにするには
# echo manual > /etc/init/modemmanager.override
の実行で可能です。
もしModemManager自体いらないのであれば
# apt-get remove modemmanager
または
# apt-get purge modemmanager
でアンインストールしてもいいでしょう。

2018年1月8日月曜日

Windows10のbashは遅い

先日セットアップしたWindows10とUbuntu14.04のデュアルブートPC。
もしかしてUbuntuを立ち上げなくても
Windows on Linuxで代替できるかも、
と思い立ちちょっと試してみたものの、どうも遅い気が。
そこでちょっと調べてみました。結果は下表となります。
もちろん同じ物理マシンでデュアルブートで環境を切り替えています。
またキャッシュは効かないように工夫しているつもりです。
 Windows on LinuxネイティブUbuntu
約1GBの.tar.gzファイルの展開約5分26秒
約1GBのファイルコピー15秒16秒
約1GBのファイルのmd5ハッシュ値計算7秒9秒
約150MBの.tar.gzファイルの展開6分30秒12秒

うーん、この結果だけでは何が悪いのか不明ですが、
Windows on Linuxには大きなボトルネックが存在してそうです。
時間を測定したわけではありませんが、
Cのソースコードからのビルド時間も
Windows on Linuxのほうが圧倒的に遅い気がしますし、
どうやら万能というには無理がありそうです。
まあしかしcygwinを入れなくていいのは助かります。
もっと高速に、そしてWindowsネイティブと
シームレスになると便利になるでしょうね。

2018年1月4日木曜日

Windows10で拡張子を表示

インストールしたばかりのWindowsの何が嫌って
ファイルの拡張子が表示されないことです。
過去Windows7への表示のさせ方を書いたことがありますが、
今回はWindows10についてです。

この辺方法が変わっていてWindows10では
[エクスプローラー]の[表示]メニューにある
[ファイル名拡張子]チェックボックスで制御可能です。
ずいぶんお手軽になりました。

また別の方法もあって、
[エクスプローラー]の[ファイル]メニューから
[フォルダーと検索のオプションの変更]メニューを選び、
[フォルダーオプション]ウィンドウの[表示]タブで、
[詳細設定]の[登録されている拡張子は表示しない]をチェックを外す
ことでも実現可能です。以前のWindowsっぽいです。
またここからならWindows7等と同様にもっといろいろ設定可能で、
例えば[フォルダーオプション]ウィンドウの[全般]タブで
[エクスプローラーで開く]を[クイックアクセス]から[PC]に変更すると
古き良き時代のスタイルに戻せます。
個人的にこっちの方がしっくりきていいです。

2018年1月3日水曜日

デュアルブート環境でデータ共有

先日作成したWindows10とUbuntu14.04のデュアルブートPC。
相互にデータをやっぱり相互にデータをやりとりできないと不便です。
もっとも汎用性が高いのは別にFAT系のパーティションを作って
を経由する方法でしょうか。
あるいはFAT系でフォーマットしたUSBメモリを常時挿して、
そこを共有ドライブにする方法です。
これなら気軽に取り外して他のPCに持っていくのも容易です。
最近のUSBメモリは非常に小型だったりしますし。
今時はオンラインストレージを使う方法もありでしょう。
ただこれらの方法は共有したいデータを意識して
共有ドライブにコピーする必要があり面倒です。

まあわざわざそんなことしなくても、
WindowsのNTFSはUbuntuから読み書きできます。
リードしかできなかったのはもはや過去のことです。
ところがUbuntuのext4はWindowsで読めもしない…
と思っていたらext2fsdなんていう便利なフリーソフトがあったんですね。
これをWindowsにインストールして設定すれば、
ストレージ上のext4パーティションに
好みのドライブレター(Dドライブとか)をつけて普通にアクセスできます。
ext4側のパーミッションがどう扱われるのか詳細は把握していませんが、
普通に一般ユーザーで作業しているようなファイルなら
あまり気にせず読み書きしても問題なさそうです。
パーミッションの話ならUbuntuからのNTFSへのアクセスだって
大して変わりませんからね。
その辺り心配なら書き込みはしないようにすればいいだけですし。
なにしろ相互に読み取り可能なんですから。

2018年1月2日火曜日

Intel NICとSecure Bootの呪い

新しめのPC(サーバー含む)に
古めのLinux系OSをインストールしようとしてよく問題になるのが
Intel社製ネットワークインターフェイス。
多くの場合OS標準ドライバでは動いてくれません。
先日触ったLenovo ThinkPad L570もそうでした。
しかしどうすればいいのかは既に分かっています。

Windows10とUbuntu14.04のデュアルブートにしていたため、
Windows側で[Windows]ボタンを右クリックし、
[デバイスマネージャー]から[ネットワークアダプター]を調べると
Intel(R) Dual Band Wireless-AC 8265
Intel(R) Ethernet Connection (4) I219-V
となっています。
Ubuntu側では"lspci"を実行してその結果を抜粋すると
Ethernet controller: Intel Corporation Device 14d8 (rev 21)
Network controller: Intel Corporation Device 24fd (rev 78)
と表現が異なっていますがまあ気にしないことに。
で、これらをサポートしてそうなデバイスドライバを探すと、
有線の"e1000e-3.3.6.tar.gz"と
無線の"iwlwifi-8265-ucode-22.361476.0.tgz"が見つかりました。
早速インストールです。

まずは有線から。以下を実行します。
# tar zxf e1000e-3.3.6.tar.gz 
# cd e1000e-3.3.6/src/
# make install
リブートすればつながるかと思いきや残念ながらだめ。
その後も散々試して諦めかけたとき、modprobeの以下の結果に着目。
# modprobe e1000e
modprobe: ERROR: could not insert ‘e1000e’: Required key not available
これを手がかりにネット検索していると、
Secure Boot を無効にしないとダメとか言う情報をキャッチ。

そこでPCの起動時に[Enter]押して[F1]でセットアップに入り、
[Security]タブの[Secure Boot]メニューから
[Secura Boot]を[Disabled]に変更して[F10]で保存して終了すると…
有線LANが動き出しました。
呪いがかかっていたんですね。はたはた迷惑な機能です。

ところで無線LANの方は諦めました。
どうもUbuntu14.04ではダメで16.04にアップグレードする必要がありそうです。
事情があって14.04に留まりたいためそれは却下です。
まあちょっと古めのLinux対応USB-WiFiアダプタ
挿せば使えるので気にしてはいません。

2018年1月1日月曜日

EFIマシンにUbuntu 14.04を追加

私がこれまで使用してきたPCはMacBook Proを除くと
古き良き(?)BIOS搭載マシンです。
しかしどうやら最近はWIndows PCでもBIOSの代わりに
EFIを搭載したマシンが出回っているようで、
先日Windows10プリインストールのEFIマシンLenovo ThinkPad L570
Ubuntu 14.04をデュアルブートできるようインストールした時は
結構おっかなびっくりでした。
ということでインストール記を書き残すことに。

まずはデュアルブートするにあたりWindows10の設定を変更します。
Windows10の[設定]の[システム]メニューから[電源とスリープ]タブを選び、
[電源の追加設定]リンクをクリックして[電源オプション]ウィンドウを開きます。
[電源ボタンの動作を選択する]の
[現在利用可能ではない設定を変更します]をクリックし、
[シャットダウン設定]欄にある[高速スタートアップを有効にする(推奨)]を
無効にしてから[変更の保存]をクリックします。

次いでUbuntuのためにストレージを空けます。
Windows10のデスクトップ左下の[Windows]アイコンで右クリックし、
[ディスクの管理]を開きます。
[Windows(C:)]のボリュームで右クリックして[ボリュームの縮小]を選び、
[縮小する領域のサイズ]を調整します。
これがUbuntu用のパーティションになります。
通常はWindows用のパーティションの半分程度までしか増やせん。
復元ポイントを削除したりするともっと大きくとれるらしいので、
必要に応じてやってみるとよいでしょう。

あとはUbuntu14.04のインストールDVDから起動して
インストールをしていくだけですが、ここでちょっと問題が。
ThinkPad L570ではIntel社製の新しめのネットワークチップを搭載していて、
Ubuntu14.04の標準ではドライバーが対応できないということです。
よくあることです。
回避するのも簡単で、古めのUSB-Ethernetアダプタを使うことで、
これを挿してからOSを起動すれば大体通信可能です。
これならインストール作業の最中の
[インストール中にアップデートをダウンロードする]を有効にできます。

さて実際のインストールですが、起動DVDのブートメニューでは
安全のため[Try Ubuntu without installing]を選択し、
正常に起動してからデスクトップ上の
[Install Ubuntu 14.04 LTS]アイコンを実行して作業を開始します。
途中[インストールの種類]では、
[ディスクを削除してUbuntuをインストール]ではなく[それ以外]を選択し、
パーティション編成では[空き容量]部分(サイズが十分大きなもの)から
2つのパーティションを新規に作ります。
1つ目は数GB程度のスワップパーティションです。
昔は搭載メインメモリ(DRAM)と同容量か言われてましたが、
今はどう言われてるんでしょうか?
私は今でも同容量にしてます。
2つ目は残りすべてをext4でフォーマットしてルート(‘/’)にマウントします。
その他は…特に特筆すべきことはないですね。

インストールの完了してPCがリブートすると、
まずブートローダー(grub2.02)が立ち上がります。
ここで[Ubuntu]を選ぶと先にインストールしたUbuntu14.04が起動します。
[Windows Boot Manager (on /dev/sda1)]を選ぶと
Windowsが立ち上がるはずです。
もし立ち上がらなかったら…エラいことです。
昔ならWindowsのインストールDVDから起動して何とかしてましたが、
今はどうするんでしょうか?
起動時にBIOS、じゃなくてEFIのメニューに入って、
Windows修復用のソフトの入ったパーティションから起動するんでしょうか。
こういうときMacの方が修復が楽なんですよね。