2021年9月23日木曜日

グッド・ワイフ

米国テレビドラマの法律事務所ものって結構当たりが多くって、
古いですが「アリー・myラブ」(Ally McBeal)は面白かったですね。
近年だと「スーツ」も良かったです。
「スーツ」の(確か)ファイナルシーズンで、
ルイスが「男女兼用トイレ」の話をしていて吹き出してしまいました。
これって「アリー・myラブ」ネタですよね。
米国テレビドラマって別のドラマのネタを
ぶっこんでくることが結構あって、
(たしか)「CSI:NY」で「リゾーリ&アイルズ」を
引っ張ってきたりしてましたね。

さて、最近の私のお気に入り米国リーガルドラマは「グッド・ワイフ」。
かなり面白い。
最近になって主演のジュリアナ・マルグリーズが
実は「ER緊急救命室」の看護婦長キャロル・ハサウェイと知ったのですが、
いや全く気付きませんでした。
キャロルといえばジョージ・クルーニー演じるダグ・ロスと結婚して
ERから引退してましたね。

閑話休題。
「グッド・ワイフ」のシーズン5の最終話の最後の場面
(シーズン6の第一話の最初の場面)での会話。
A 「<呼びかけ>」
B 「何?」
A 「<意外な提案>」
B 「は?」
これ英語ではどうなってるのか気になったもので確認してみると
A "<呼びかけ>"
B "Yes."
A "<意外な提案>"
B "What?
となってました。
通常英語の"What"と日本語の「何」は同列なのですが、
ここでは使われている場所が異なります。
ちょっと面白いな、と思ったのでした。
えっ、全然おもしろくないって?

2021年9月22日水曜日

ハコヅメ

日本のテレビドラマを視ることは殆ど無い私ですが、
先日まで放送していた「ハコヅメ」はずっと視ていました。
正直本線となるストーリーについてはそう面白くもなかったのですが、
コメディ部分は腹を抱えて笑ってました。
なおその笑える部分はYouTubeで公式公開されています。

って、それだけならここで取り上げることもないのですが、
最終回にとてもめずらしいことが。
なんと「相棒」と「科捜研の女」という別ドラマのネタを
あからさまにぶっこんできていました。
この手のことは米国ドラマでちょくちょく視ていますが、
日本のドラマでこんなに露骨に入れてくるとは。
ちょっとおちょくったような感じだったので
本家から一言言われそうな感じはなきにしもあらずですが、
芸能人の誇張されたモノマネくらいの感じなので、
真似された方はちょっとムッとするかもしれないもののそれだけの話で、
日本の芸能界では多分大きな問題にはならないのでしょうね。
よく知りませんけど。

2021年9月21日火曜日

月餅

本日2021年9月21日は中秋節です。
そういえばこのところ月が丸いなと思ってました。

さて、大昔香港在住だった頃、
中秋節の時期に月餅というものを食べました。
が、まったく美味しくありませんでした。
木の実や何かの種を含む餡が妙に油っこくて一口でギブアップ。
月餅にはあまりいい思い出はないのです。

その後日本に戻ってきて何年かすると、
なぜか日本でも月餅が売られるように。
ただ日本の月餅はかなり日本人好みに変えられていて、
普通の饅頭と大差ありません。
中の餡に胡桃か何かの木の実が入っていますが、
普通の小豆餡です。
月餅らしいところといえば表面のデザインくらいでしょうか。
ちなみに日本の月餅は私は好きです。

こういう海外のものを日本向けにアレンジして
日本で普及しているいるものってたくさんあります。
多くの日本人はそのことを気にしてないと思います。
ところがテレビなんかで海外でアレンジされた日本食に
物申すような企画があったり、
政府の単位で海外の日本食を是正するような
取り組みがあったりします。
私から見るとそういうのは余計なお世話で、
海外の方は好きにすればいいことですし、
日本人としては尊重すべきことと思っています。
広い視野を持つことが重要とか言いつつも、
この部分では言動が一致しておらず、
日本って心が狭いななんて思ったりします。

2021年9月20日月曜日

キャッシュレス使えない飲食店

あまり外食することはなく、
しても全国チェーン店っぽいところばかりな私ですが、
先日FP3級試験を受験した時、午前の試験が半分の1時間ほどで全部解け、
午後の試験まで2時間以上空いたものでどこかでランチすることに。
本当は持参したパンで済ませるつもりだったのですが、
ベンチのような座るところも少なかったというのも理由です。
それにしてもあの試験に2時間取るってどういうこと?
2級や1級と時間を合わせるためとか?

さて、ネットで検索して見つけたのは個人営業の担々麺屋さん。
行ってみると微妙に混んでる感じでしたが、
食べ終わって店を出たときには長蛇の列が。
どうやらかなりの人気店で、運良く空いている時間に来たようです。
ちなみにうまかったです。

それはともかく、その店には[Paypay]ののぼりやシールもなく、
今時現金だけなのかなとか思っていたのですが、
店に入って納得。支払いが券売機方式でした。それもシンプルなやつ。
都会の方だと結構あるのでしょうが、
私の居住地区だとあまり出会うことがありません。
これだとぽっと出のキャッシュレスになんか対応できませんよね。
様々な方式のキャッシュレスに対応した券売機もあるでしょうし、
〇〇payとの併用なら運用できなくはないかもしれませんが、
見たところ2人で切り盛りしているような店なので
面倒は避けたいというのもあるでしょうね。
流行っているなら客の都合に合わせず強気にしてればいいですし。

ただ懸念はもうすぐ出てくる新札。
少なくとも券売機に何らかのアップデートが必要でしょう。
メーカーからすれば特需ですが利用者からすればいい迷惑です。
まあメーカーも古い機種のサポートについては悪夢かもしれませんが。
ただキャッシュレス対応のいいタイミングという見方もできます。

ところで前述のFP3級試験。
多分午後の実技試験は問題ないでしょう。
午前の学科試験は…どうだろ。
まあ落ちてたら来年1月にもう一度受ければ、
確率的には合格できるでしょう。ぶっつけ本番でも。

2021年9月16日木曜日

Nintendo SwitchがネイティブでBluetoothヘッドホンに対応

ゲーム機Nintendo Switchで常々残念だと思っていたのが
Bluetoothヘッドセットに対応していないこと。
折角Bluetoothを搭載しているのに。
ただBluetoothはコントローラーとの通信に使用されており、
これが不安定だとゲームには致命的です。
また特に音ゲーは音声遅延でゲームにならない可能性も。
Bluetoothオーディオは常時広めの帯域を必要としますし、
意図的にサポートから外されたんだと考えていました。
現状でもBluetoothオーディオトランスミッターを使うソリューションはありますし、
どうしても必要な機能というわけではありません。

しかし任天堂は予想外に本体更新により対応してきました。
13.0以降ならBluetoothヘッドホンに対応しています。
使い方は公式サイトをご覧ください。

しかし以下の注意書きが。
  1. Bluetoothオーディオ使用中は、接続できる無線コントローラーが2個までとなるほか、ローカル通信との併用はできません。
  2. Bluetoothオーディオ機器のマイク入力には対応していません。
  3. Bluetoothオーディオ機器によっては音声の遅延が目立つ場合があります。
Nintendo Switch本体にマイクは内蔵されておらず、 ヘッドホンジャックに繋いだヘッドセットのマイク (USBマイク除く)を使う形になっており、 多分これとの切り替えの実装や設定が面倒だから
2番目の制約が生まれたのでしょう。
それに現状の使われかたからして2番目は多くのユーザは許容するでしょうし。
3番目はBluetoothの特性上ある程度は仕方ありません。
製品により遅延量はまちまちですが、映像付きコンテンツの視聴時に、
リップシンクに違和感があり気持ち悪くなることがあります。
そもそもBluetoothのA2DPプロファイルやSBC(コーデック)は
音楽鑑賞のために設計されたものでしょうから。

問題は1つ目。後半はローカル通信に2.4GHz帯の
WiFiを利用しているからでしょうか。
これはBluetoothと周波数帯がかぶっており、
Bluetoothオーディオの電波が常時干渉するのを嫌っているのかも。
そんなに気にしなくてもいいような気もしますが、
フィールドテスト時に何かあって制限に加えたのかもしれません。
なおWiFiの5GHz帯は場所(屋内/屋外など)や国によって
いろいろ対応が必要なので、適切に運用されているWiFi APから
情報を得られないローカル通信では使いにくいんでしょうね。

1つ目の前半については、通常時コントローラは8台まで接続でき、
8台すべて無線でも問題ないのが、
Bluetoothオーディオ併用によって2台に制限されるとのこと。
おそらくですが、Bluetoothヘッドホン1つを接続するということは
プレーヤーは1人と考えていいわけで、
それならコントローラーは最大でもJoy-ConのL/Rの2台だけでよく、
それなら操作の確実性を考えてコントローラー2台に絞っちゃえ、
という理屈なのではないかと推測しています。

Bluetoothオーディオトランスミッターはちょっと邪魔にはなりますが、
2台のヘッドホンを接続できるタイプもありますし、
1つ持っておくのがいいのではないでしょうか。
で、本体の機能は保険ということで。

最後に実際に試してみた感想について。
心配された遅延については気になりません。
YouTubeで動画を視たり、アクションゲームを
プレーしてみたりしましたが問題ありません。
それより問題なのが本体をスリープさせると
接続が切れてしまうこと。
再接続するには[設定]アプリを開かねばなりません。
仕様的にそうせざるを得ないのでしょうが
どうにかならなかったんでしょうかね。

2021年9月15日水曜日

AliExpress

食料品、日用品、衣料、大物(大型家電、自動車関連等)以外は
Amazonでネット通販するのがデフォルトの私。
価格等によっては楽天市場のような他のサイトを使わないこともないのですが、
正直楽天市場って使い勝手が悪いし、たくさん買うと受取がめんどくさかったりで
楽天モバイルでもらったポイントを使い切ったら見に行くこともなくなりました。
もっとも、Amazonでも一度にたくさん買うと複数配送になって受取が面倒なんですが。
ただたいがいのものを扱っているAmazonでも
電子部品のようなマニアック過ぎるものはないことも多く、
秋月電子マルツRSコンポーネンツ共立エレショップあたりは利用経験があります。
未利用ですがモノタロウも扱っているようです。

さて本題。昔から知ってはいましたが最近初めて使ったのがAliExpress
基本的に中国からの国際発送になるので送料が高くなり、
送料を抑えると届くまでの期間が相当に長くなるということで
よほどのことがない限り使うつもりはなかったのですが、
どうしても欲しいMacBookの修理部品を見つけたもので
初めて利用することに。

AliExpressには日本語サイトもあるのですが、
中途半端な日本語化も散見され使いやすいとはいい難いです。
個別の商品ページは英語表示なこともあるようです。
支払いは日本円でも可能ですが為替レートが
US$基準で考えると高め(手数料が4%くらい?)。
クレジットカード等の為替手数料も似たようなものなので
日本円払いが不利とまでは言いませんが、
US$建てで直接支払うデビットカードなど持っているのなら
そちらを使ったほうがお得かもしれません。
ログインはGoogleアカウント等で可能ですが
配送先の宛先等は入力する必要があります。
これが微妙に不親切。英語での入力ではあるものの
都道府県や市区町村はリストから選ぶようになっており、
あまり戸惑うことはないでしょう。
住所の最後の部分を"Chiyoda 1-1"と
"1-1 Chiyoda"のどちらのスタイルにするかは迷いましたが、
普通に後者にしておきました。
問題は名前。
Please fill in Japanese if you can, and add a space between 1st name and last name
と注意書きされているのですが、
これって"山田 太郎"形式にすべきなの?それとも"太郎 山田"形式?
おそらくここは配達員のための日本語表記でしょうから
取り敢えず前者にしておきました。
ただ経験上、名前が英語表記でも普通に届くのでそれでもよかったかなと。

さて注文したときには45日かかるみたいな記述があり
長いなと思っていたものの2週間後には届き拍子抜け。
高価格早期配達オプションなどよほどのことがない限り
選ぶものではないですね。
ちなみに宛名については名前は"山田 太郎"形式が正解で、
住所の最後は"Chiyoda 1-1"形式が正解のようです。
ただし日本国内に入ってからは"Chiyoda"の部分も日本語化された
伝票での配送となるみたいで、
名前は案内どおり英語ではなく日本語で書いたほうが良さそう。

最後に、届いた製品に問題がないことを確認した上で
AliExpressにログインし、[人型]アイコンの[私の注文]メニューから
該当する注文の[Confirm Goods Received]ボタンをクリックし、
商品を選んで[Confirm Goods Received]ボタンをクリック。
元のページから[Confirm Goods Received]ボタンが消えていれば手続き完了。
どうもこれで初めて発送主に料金が支払われるみたいです。
商品が部品関係だと動作確認に面倒ですが、
例えばICに関して言うと、昨今の半導体不足の状況をいいことに、
偽ICを売りつける業者もいるようなので
確認は怠らないほうが良さそうです。

2021年9月14日火曜日

先日の楽天ひかりのトラブルはIPv6?

2021年9月8日の夜にぶち当たった楽天ひかりのトラブル
楽天ひかりが公開している報告によると
アルテリア・ネットワークス株式会社が提供するIPv6通信サービスにおいて障害が発生
とのことです。
楽天ひかりを含めたNTTの現役のIP網では、
IPv4とIPv6の経路やゲートウェイが異なっており、
IPv6についてはIPv6イネイブラー経由になるので
他社のせいにするのは別に間違ってはないのですが、
如何にも他人事感を出しているのが信頼の欠如につながる気がして。
AmazonなんかAWSにトラブルがあると
結構詳細なところまで一般公開していたりしますが、
それと比べるとなんだかなという気がします。

さて、今回のトラブル、私の手元のPCのDNSサーバ設定は
HGW(ホームゲートウェイ)となっていますが、
このリゾルバーがアクセスしているのが
楽天ひかりから通知されたDNSサーバと思われます。
通常DNSサーバは複数(多くの場合2つ)通知され、
1つから返事がもらえなくても他でカバーするのが当然です。
詳しく確認していませんが、
楽天ひかりから通知されているのはIPv6アドレスのものだけ
だったということなんでしょうね。
つまりIPv6を完全に優先しているということか。

今回のトラブルでIPv6が全滅していたのか、
IPv6上のDNSサーバのみのトラブルなのかは
今更確認できないのでわかりません。
事情があって取り敢えず早くつなぎたかったので
安易にDNSサーバ設定を"8.8.8.8"にして回避しましたが、
この時IPv6アドレスのを指定していれば
もうちょっと切り分けられたとちょっと後悔。

それはともかく、今回の出来事から
やはり保険の意味でIPv4はIPoEに変えずに
PPPoEのまま使い続けるのが正解かな、とか思うのでした。
経路は複数持つべきです。
あとHGWがDHCPで配るDNSサーバのアドレスを
ちょっと工夫しておくのがいいのかもしれません。