2019年10月16日水曜日

今年のNISAロールオーバーは悩む

昨年から発生するようになったNISAの期間満了。
今年もロールオーバーの申込みが始まったようです。
昨年の場合は対象銘柄すべてが大きめの含み益を持っており、
迷わずすべてロールオーバーしたところ、
この1年間に1銘柄は期待通りに伸長し、
もう1つは芳しくない曲線を描きつつも、
始点と終点は同じ水準になったので、
結果オーライといったところでしょうか。

今年末に期限切れを迎える2銘柄は、
ざっくり言うと一方は2倍、他方は半分になっています。
両銘柄の合計で言えば結構なプラスになっていますし、
後者も翌年以降のNISA分で値下がりしたところを買い増して、
銘柄単位ではすでにプラスになっているので、
あまり気にせず取り得る選択肢のうちどうしてもいいのですが、
後者は割と上げ基調であり、非NISA口座に移してしまうと、
NISAのデメリットがもろに出てしまうため
そのままロールオーバーしようかと。
評価額が購入時より下がっているので
来年のNISA枠をそれほど使わないというのも隠れたメリットです。

問題は前者の儲かってる方をどうするか。
こちらもロールオーバーしてしまうと
来年のNISA枠は使い切ってしまいます。
株主優待の面では売ってしまっても影響ありませんし、
この辺りが株価の極大点と見れば売却も良手なのでしょうが、
どうもそうでもない気が。
では非NISA口座に移してしまうか。
ただ株価が大きくなって円単位で見る上下動幅が大きくなっており、
単価の高いものをNISAに置いた方が得のような気も。
うーん、難しい。

ロールオーバーするには12月初旬に
手続きを完了する必要があるため
そう悠長なことは言っていられませんが、
あと1ヶ月悩もうかと。
なお、みなさんもロールオーバーするなら申請を忘れないように。

2019年10月15日火曜日

Ingressのreconメダルが金になった

先日やっとのことでレベル13になったIngress。
最後のピースであった金メダル1つはHackerで獲得しましたが、
その後Reconも金メダルに。まあもはや必要ないんですけど。

ところで1年以上ポータル候補を審査していて、
「私はロボットではありません。」という質問に
答えさせられたことが何度かありました。
連続して似たような評価をしていると
ボットではないかと疑われるようです。
その疑惑が確信にかわると
クールダウンがアクティブになりました。

ポータル審査で異常信号が検出されました。一つ一つの候補を審査しているわけですから、各質問を慎重に考えて投票のような回答パターンに陥らないようにしてください。ショートカットや事前に用意した応答の使用も避けるべきです。約24時間後にポータルの審査を再開することができます。
とか言われてしまい、これは1度体験しました。

とはいえ評価って結構一定になってしまうことも事実です。
歴史的・文化的に重要なものや、
見た目にインパクトがあるものはすでにポータル化され、
今更申請されるものにそういうものはあまり見られません。
田舎でポータルが少ないようなところは
判定も甘くなりがちにはなりますが、
それでもポータルのふさわしさとして★5はつけ辛く、
また密集地域でこんなもの申請するな的なものでも
明らかな規約違反やよほどひどくない限りは★1はつけにくく、
結果★2~4、多くは★3をつけてしまいます。
行ったこともない土地にある候補の審査ともなれば
ますますそうなります。
評価はボットのように一定になる傾向にはなります。

さて、Reconメダルを金からプラチナにアップするには
2500から5000まで+2500が必要です。
審査には結構時間を取られるのでこれでもうやめにしようかと。
現在審査済みが4155を数えますが、
あと1000するのさえかなりの根気が必要ですから。
モチベーションがなくなれば根性無しの私には無理な作業です。

2019年10月14日月曜日

TVerが役に立った

ラグビーワールドカップが日本で開催され、
ラグビーに対する認知度が上がっているのを尻目に、
アメリカンフットボールはある事件(もうみんな忘れてる)を
きっかけにネガティブなイメージが付き、
それが理由ではないのでしょうが、
その最高峰NFLは日本では省られ気味です。
数年前はCS放送でたくさん試合を放送していたものの、
もうNFLのためにCSを契約するのは割に合いません。

CS契約がないと困るのは
「オードリーのNFL倶楽部」が見れないこと。
関東圏に住んでいれば地上波で見られるようですが、
昨年はあったBSでの放送も今年はないようで、
完全に詰んでしまいました。結構楽しみにしてたのに。

などと思っていたら、なんと地上波の見逃し対応的な
ストリーミングビデオサービスTVer
無料で見られるではありませんか。過去1回分だけですけど。
テレビ局系のストリーミングサービスなんて
全く縁がなかったのですが、初めて役に立ってくれました。

考えてみればテレビ局としては放送枠は限られているわけで、
放送枠を捻出するのが辛いニッチな番組は
ネットに回してしまうのがお手軽です。
まあ、電波で放送している番組がすべていいかと言うと…

2019年10月10日木曜日

Paypayはどこで使える?

派手なキャンペーンにつられて
Andoridスマートフォンにアプリケーションを
インストールしてしまったPaypay。
私が使う準備をしている唯一のQRコード決済サービスです。

このPaypayが利用できる店舗は、
のぼりが立っていたりポスターが貼られていたりと
アピールされていてわかりやすいのですが、
そういうのって行ってみないとわかりません。

まあPaypayアプリケーションには対応店舗を
地図上にオーバーレイする機能があるので、
現在位置近くを探すには事足ります。
しかし市町村内の登録店舗のような広い範囲を
小さな画面でざっと見るのは苦痛。
と思っていたら最近Yahoo!地図
"paypay"を検索することで探せるようになったとのこと。
これならPCの大画面で眺められます。
まあわざわざ探して行こうとも思わないんですけど。

2019年10月9日水曜日

キャッシュレス・ポイント還元事業

この10月から消費税が10%に上がり、
同時に始まったのが政府主催のキャッシュレス・ポイント還元事業。
この制度に登録済みの店舗等でクレジットカード等の
現金以外での支払いを行うと、税金を原資とする
買い物で現金相当として使えるポイントがもらえる、
というなんとも金がかかってそうなシステムです。
率直に言えばセンスが悪い事業です。

しかし悪法もまた法。
制度があるのならしゃぶり尽くさねば。
ということで、対象店舗を探すため、
ポイント還元対象店舗検索アプリ
Androidスマートフォンにインストール(iOS用も存在)。
店舗を地図上にオーバーレイしてくれるので、
現在位置近くを探すにはいいのですが、
市町村内の登録店舗のような広い範囲を
小さな画面でざっと見るのは苦痛。
と思っていたらウェブブラウザ版もあるではありませんか。
これならPCの大画面で眺められます。
まずこれを案内するのが筋な気がするのですが、
もう世の中の主IT機器はスマートフォンなんでしょうかね。

2019年10月8日火曜日

ポータルキーが消えた

昨年12月はじめにオーナーとなったポータル、
といってもIngressの話です。
山奥といえばそうですが、人里離れているわけでもなく、
人通りというか車通りもそれなりにあるはずで、
すぐ焼け落ちるかと思いきや10ヶ月経った今でも健在。
何日かに一度はチャージして今でもオーナーを維持しています。

さて、最近Ingress Primeを使うようになり、
先のポータルにチャージしようとしたところ、
そのポータルキーがない…?
もしかして何らかの事情でポータルではなくなったのかと思い、
Intel Mapで確認してみると…まだある。

ポータルキーを捨てた記憶はないのですが、
もしかして慣れないPrimeで私が操作ミスし、
ポータルキーを捨ててしまった可能性もあります。
あるいはPrimeのバグとか?
ともかくもうリモートチャージできません。
自宅から車で1時間半ぐらいかかるところなので
わざわざハックしに行こうとは思いませんし、
近日中にその辺りに用が発生することは期待できません。
これまで他の誰かがチャージしてくれた形跡もなく、
しばらくして中立に戻ってさよならですね。
1年持たなかったか…残念。

2019年10月7日月曜日

壊れたレンズの修理

登場初期の頃から使っているマイクロフォーサーズ規格の一眼カメラ。
数年前に小型のGF3を購入してからは、
電動ズームレンズH-PS14042と組み合わせて
いつも持ち歩いているカバンの中に入れています。
しかし今年の春頃レンズが壊れていることに気づきました。
いつどうして壊れたのかは定かではありません。
その1ヶ月前くらいには動作していたので
その間に何かあったのでしょう。多分。

ボディの電源を入れてもレンズ内のモーターが動かず
沈胴式レンズが伸びなてこなくて、
LCDは真っ黒でしばらくすると以下の表示が。
レンズが正しく動作しませんでした。
電源を入れ直してください。
幸いボディもレンズも複数所有しているので
いろいろ組み合わせて調べたところ、
このレンズが壊れていると判断できました。
すぐに修理に出せばよかったのですが面倒で放置。
しかし今月の消費税増税の前に直してしまおうと一念発起しました。

修理方法を模索したところメーカーに送付する方法を発見。
早速パナソニックの修理申し込みページ
[修理のお申し込み専用フォームへ]をクリックします。
[製品品番]を入力して[宅配修理]を了承し、
入会した記憶はないもののCLUB Panasonicの会員だったので
[会員の方のお申し込み]を選んで説明に従って進みます。
最終的にメールが届くのですがこれには送付先が書かれておらず、
後ほど送付先が書かれたメールが届くと書かれています。
で、数時間後に最寄りの受付拠点からそのメールが届きました。
どうやら受付拠点は全国各地にあるようです。
ちなみに最初に申し込んだのが夜で、届いたのが翌日の朝だったので、
昼間に申し込めばもっと早く2番目のメールが来るのかも。

さて、その2番目のメールによると
ヤマト運輸の元払いで送付せよとの指定が。
元払いなのはすでに保証期間外だからでしょうが、
業者指定されるとは考えてませんでした。
しかもその2番目のメールを印刷して同梱しろと。
プリンタを持ってなかったらどうするんんだろ。
ちなみに返送時は着払いなのは仕方ないとしても
支払い方法が現金のみってなんて前時代的な。

ともかくレンズが先方に到着してから4営業日ほどで
メールで修理見積が届き、
修理するかしないかを返信を要求されました。
これはこちらで指定した修理金額を超過したための措置で、
超えなければ黙って修理して返送されてくるよう。
前もって費用が知りたかったので低めに設定していましたが、
そんなこと気にする必要なかったぐらいの高額修理費。
まあ送付時の送料を含めても新品を市場価格で
買うよりはまだ安いので修理することにしました。

修理許諾のメールを送ってから9営業日後、
修理完了のお知らせメールが。
そして宅配便でものが帰ってきました。
今後は壊さないように使わないと。

2019年10月3日木曜日

ハリポタGOを3ヶ月

本当の名前は[ハリー・ポッター:魔法同盟]ですが、
もう面倒なので[ハリポタGO]でいいでしょう。多分通じるし。
ともかく[ハリポタGO]を登場当日からプレーし始め、
現在に至るまで継続的にプレーしております。
先月サービス開始した似たジャンルの[ドラクエウォーク]の
影響もあるのかもしれませんが、
現状完全に過疎っている雰囲気です。
まあ正直言って特に面白いとも感じないので、
何かきっかけがあればやめてもいいかなと思いつつも、
まだ毎日少しずつは遊んでおり、現在レベル22になったばかり。
これが高いのか低いのかはともかく、
次のレベルまでの必要XPがレベルに対し
線形に増加している感があるため絶望感はそうありません。

完全無課金でプレーしてはいるものの、
毎日コツコツやっているとゲーム内通貨が貯まっていき、
それによって開始当初よりは
プレーの制限を緩めることができています。
とはいえ魔法薬の材料を捨てるのが
主な作業であることに変わりはありませんが。

それにしてももうちょっとおもしろくならないと
過疎るばかりでしょうね。

2019年10月2日水曜日

Ingressが本当に終わった

以前からの予告どおり2019年9月30日をもって
Ingressの旧アプリケーションが動作しなくなりました。
翌10月1日の朝に起動してみたところもう使えませんでした。
これで[Ingress Prime]アプリケーションの使用が
強制されることになります。
これ非常に使いにくい、というか重いんですよね。
とはいえこれを機にエージェントを
引退しようと思っているわけでもなく、
今後もゆるくプレーし続けようかと。
ゲームのフィールドを見る限り、
私の生活圏内ではすでに過疎っており、
運営会社がかわいそうなので。
そういえば2,3年前まで鬱陶しいほど活動していた
エージェントたちは今どうしてるんでしょうね。

2019年10月1日火曜日

Paypay使えない

スマートフォン決済サービスのPaypay。
操作が面倒なのであまり使う気が起きないのですが
貯まっているポイントを使わないともったいないので
時々行くドラッグストアでのみ利用しています。

さて、昨日2019年9月30日は消費税増税の前日、
その店で久しぶりにPaypayを使おうとしたら…
見たことのない画面が出てきてチャージしろと。
仕様変わってる?

店員さんが待ってるし、画面の中に
なにやらごちゃごちゃ書かれていて
それを読む時間も心の余裕もないし、
ということで別の決済手段に変えてその場をしのぎました。

あとで調べてみると、今年の2月頃に
Paypay残高不足時の動作に仕様変更があったようで、
以前は登録済みのクレジットカードから
自動的に支払われていたのが、エラーで弾かれるようになり、
その場で残高にチャージするか支払い方法を変更するかを
選ばなければならないようになったよう。
この半年ほど特に気にしなくても支払えてこれたのは、
ポイント還元等で貯まっていたPaypay残高で
十分処理できるくらいしか買ってなかったということ。

そもそもクレジットカードでのチャージは
ヤフーカードからのみの対応なので、
それを持っていないとPaypay残高はポイント還元でしか貯まらず、
常に残高不足エラーに流れてしまいます。
そんなときは支払い時に[コード支払い]メニューから
クレジットカード払いを選択すればいいようなのですが、
それはつまり手間が増えるということで、
面倒だった決済手順がますます面倒になって
もはや使う気が失せてしまいました。

まあ私の生活圏内ではだいたい電子マネーWAONが使え、
それでだめでもクレジットカードを使うことが多いので、
Paypayを含めたなんとかpayなど使う必要などありません。
今は無料にしていることも多い店舗側から徴収する手数料を
何年かして取るようになれば単なる中間搾取とも捉えられますし、
あるいは政府のポイント還元事業が終了すれば、
自動的に廃れて行くような気がします。
それに将来に渡ってスマートフォンが今のような
バーコード決済しやすい形であるとも限りません。
結局徒花で終わるんじゃないのかな。