2019年9月17日火曜日

GAICAを契約

何年か前にGAICAなるサービスについて
手数料が高くて使う気になれないとか書きましたが、
最近また円安に傾いてきていて、
大昔の超円高のときに米ドルに替えた分なら
その手数料がかかったとしても今のレートよりだいぶお得、
ということに気がついたものでさくっとGAICAを契約。
もちろん新生銀行の口座と連動するflex機能付きです。
それの申込みがいろいろ分かりづらかったので
せっかくなのでここで紹介します。

まず紹介ページから[ログインして申し込む]で
新生パワーダイレクトにログインします。
実はその先どうすればいいのか全くわからなかったのですが、
[ローン/カード]タブの[海外プリペイドカードGAICA(申込)]を
クリックするのが正解でした。
2つのチェックボックスにチェックを入れて
[同意して次に進む]をクリックすると、
個人情報の入力ページとなりますが
すでに入力されているので[申込]をクリック。
ここでサイトが変わりますが[新規申込]をクリックし、
6つのチェックボックスにチェックを入れて[次へ]、
メールアドレスやユーザーID等の入力して先へ進みます。
[登録]のクリックで登録メールアドレスにメールが届くので、
そのメールの情報に基づいてとあるサイトにログインし、
個人情報の確認と追加事項を入力して[確認]で本契約です。
カードが届くまで多少待つことになります。

2019年9月16日月曜日

Gmailで返信時に件名を編集

GmailのWebメールを使い始めて早十数年。
新規にメールを送る時には普通に件名をつけていますが、
返信時はというと件名など気にしたことはありません。
ところがいざ返信時の件名を編集したいとなると…方法がわからないorz

しかし色々いじくって発見しました。
通常通り任意のメールを開いて
送信元メールアドレスの右の方にある[返信]アイコンをクリックし、
表示される返信メールの返信先メールアドレスの左にある
[返信の種類]アイコンをクリックして表示されるメニューの中に
[件名を編集]メニューがあり、これをクリックすると
返信メールがポップウィンドウ表示されるので、
そこで件名が変更できます。
面倒臭い…

2019年9月12日木曜日

NFL 2019シーズン開幕

近年私が唯一興味のあるスポーツ、アメリカンフットボール。
その最高峰リーグNFLがいよいよ開幕しました。
昨年はネガティブな話題を振り撒き
すっかり認知度の上がったアメリカンフットボールですが、
今となってはあんなことは世間からすっかり忘れ去られ、
ますますマイナースポーツに成り下がりました。
それに伴い日本におけるNFLの視聴環境は
ひどいことになっており、もはやテレビではなくネットの
ストリーミングビデオサービスに頼らざるを得ません。

その第1選択サービスはやはりGAMEPASS
年会費を見るとちょっとビビる高額料金ですが、
全試合ライブや録画で視れますし、
月額換算すれば許せないことはない価格です。
とはいえNFLって5ヶ月間しかやってないんですけどね。
あと日本語解説がないのも欠点です。

他にはDAZN
こちらは全試合ではないものの多くの試合が視られ、
日本語解説もあります。
NFL以外のスポーツも色々視られます。例えばF1とか。

NFLが日本でももっとメジャーになって、
地上波でも放送…なんて夢物語は諦め、
BS/CSにももう何も期待せず、
素直にネットサービスに頼ればいいでしょう。

2019年9月11日水曜日

ブルーレイレコーダを4Kにするかしないか

消費税増税まであと僅か。
この機会に買っておくものって何かないかと見渡してみて
目に止まったのがブルーレイレコーダ。
現役のDIGA BZT710の購入からすでに7年。
まだ視てなくて消すのが惜しい番組がHDDを圧迫し、
残容量が極小のまま運用していること以外は特に問題ないものの、
ここらで購入検討してみることに。

調べてみていろいろわかってきたことが。
まず最近よく唱えられている4K。
4Kチューナー内蔵機器はこれまで親しんできたB-CASカードは使えないらしい。
代わりにACASなるコンテンツ保護システムを使うのだそう。
これは4KだけでなくこれまでのBS/CS有料放送の契約にも利用するとか。
で、このACASは内蔵チップでB-CASカードのように差し替えできない。
つまり、1枚のB-CASカードに紐付けて有料放送を契約し、
必要に応じてテレビやレコーダーに差し替える、
というような使い方ができなくなるということ。
まあ私は個人的には普段そういう使い方をしているわけではないのですが、
いざというときの対応方法が狭まることになります。
あまり嬉しくはない。

ただし4K非対応機だからといってB-CAS問題はないことはない。
数年前に登場したmini B-CASカードです。
B-CASカードとmini B-CASカードの違いは大きさのみとはいえ、
mini B-CAS対応した機器にはB-CASカードは挿さりません。
一応アダプターも存在はしますけど。

それでは4Kのコンテンツはというと、
昔からの互換性を保つ4K右旋で放送するのはNHKと在京キー局5局のみ。
NHK以外は通常BSとのサイマル放送で
4Kとはいえアップコンバートしたものが多いよう。
NHKはほとんどガチ4Kのようだが、
コンテンツ数の少なさから再放送が多いらしい。
アンテナ等に投資して左旋対応したとしても…
無料コンテンツは通販番組系のみ。
有料放送を契約するつもりもなし、というか金がない。
冷静に分析すると男のロマン臭がする4K。
そして4K対応機はそれなりに価格が高い。
それでも4Kにするのか…

いや、やめとこ。
というかブルーレイレコーダも急いで買う必要はないか。
たとえ10万円くらいの高級機を買うとしても、
2%の消費税増税で増えるのは2000円程。
この手の機器は時間が経てば2000円の値下がりなんて日常茶飯事。
待てば海路の日和ありです。

2019年9月10日火曜日

自動車保険の走行距離

自動車を持つようになってから早十数年。
自動車保険については長く三井住友海上と契約してましたが
いろいろ事情があって何年か前からそんぽ24へと変更。
事故等してないのでそれら対応への満足・不満足は
特にありませんが、価格についてはまあ満足かな。

ところでそんぽ24に申し込むにあたり、
自動車のオドメーターの走行距離を申告して
年間走行距離区分を選択する必要があります。
私はそんなに長距離は運転せず、走っても高々5000km、
ということで7999kmまでの区分を選択しているのですが、
今年は契約後に突如慢性的な事情が発生し、
想定よりも走行距離がかさんでしまいました。
残りの期間と距離を考えると、
もしかしたらぎりぎりオーバーするかも。
距離超過したらどうなるんだろう?

ということで調べてみました。
そんぽ24のFAQによると、
年間走行距離区分を超えて走っているが、連絡は必要か?
に対する答えは
保険期間の中途での連絡は必要ありません。
弊社の年間走行距離区分は、今後1年間の予想距離ではなく、過去1年間の実績距離による区分です。
となっています。
つまり超えても何かをする必要なく保険は有効なようです。
調べてみると国内の損保については走行距離オーバーの
自己申告の通知義務を課しているところはないようです。
外資系はそうでもないようですが。
ただし、翌年は距離区分を上位にせざるを得ず、
結果保険料は高くなるようです。
やはり走行距離は節約したほうがよさそうです。

ところで[そんぽ24]は今年
[セゾン自動車火災保険]に吸収合併されたそうです。
保険内容に影響が出なければいいのですが…

2019年9月9日月曜日

コンビニで宅配便発送

インターネット通販の商品受取のため宅配便はよく利用していますが、
発送となるとだいたい郵便局から。
とは言え発送することなんてめったにありませんが。
ところがちょっとした事情で小包を送ろうとしたところ、
受け取る側の都合で「クロネコヤマト」を指定され、
仕方がないので近くのコンビニへ。

そこはファミリーマートなのですが、
とりあえず店員さんに「クロネコヤマト」で発送したい旨伝えると、
[Famiポート]なる電子端末に案内されました。
何年も前に送ったときは普通に伝票に記入した記憶がありますが、
そういうのの省力化が図られたんだな、
とか思いつつメニューを探るもそれらしい項目がない。
あるのはメルカリのようなサービスに発送するようなののみ。
店員さんに訊いてみるとメニュー内を探してくれたものの拉致があかず。
で、店の奥に下がって他の店員さんに訊いてきて、
普通に発送する場合は伝票に手書きすればいいとのこと。
ここの省力化はなされていなかったようです。

2019年9月5日木曜日

フッ素コーティング剤

とある特殊用途のためにダメ元で購入したフッ素コーティング剤ですが、
予定どおり期待していた効果を得ることができなかったため、
本来の用途に近いかたちで使ってみることに。

現在サブのスマートフォンとして使用中のAlcatel IDOL3は、
何度かアスファルト上で意図せず落下試験してしまって、
[戻る]キーあたりのカバーガラスにヒビが入っており、
それでも普段は大して問題はないものの、
雨の日は誤入力が激しくほとんど操作できません。
と言っても雨で濡れるからとか言うことではなく、
湿度が高いと操作できないのです。
防水ケースにでも入れれば問題は解決するのですが、
そんなもの常に持ち歩くわけもない。
ということでヒビにフッ素コーティングを塗りたくれば
なんとかならないかと淡い期待を。

実際にはIDOL3の画面上に純正の保護シートを貼っているので、
保護シートと本体の接触面のヒビ付近と
保護シートからはみ出しているガラスのヒビに、
毎日一滴ずつフッ素コーティング剤を垂らすこと数カ月。
フッ素コーティング剤の容器が空になった頃に
ちょうど雨が降ってきたので使ってみると…
普通に操作できます。フッ素が効いてるっぽい!!

しかし別の問題が降って湧いてきました。
背面のケースとLCD部分になんだか隙間ができてきて、
とか思っていたらかなり大きな隙間に。
って、よく見たらバッテリーが膨らんできてる!!
その膨らむ力で隙間が開いているのでした。
おまけに背面の金属製ケースも変形している。
さすがにこれ以上使い続けるのは…
こんなの持って飛行機に乗ろうとしたら搭乗拒否とかされそう。

ということでせっかくのフッ素コーティング剤が
完全に無駄になりました。結構高かったのにorz

2019年9月4日水曜日

TAG Heuerの電池交換

前回TAG Heuer Caliber Sの電池交換をしてからだいぶ経ちましたが、
実は2018年3月には電池切れで止まっていました。
電池寿命は5年程度のようです。
ともかく1年半放置していたことになります。
ではその間はどうしていたかというと、
同じくTAG HeuerのS/elの自動巻きを使っていました。
こんなことでもないと古いのを使う機会がないので。

さて、自動巻きだと困るのはよく遅れること。
古くてここ数年メンテナンスにも出してないというのもありますが、
そもそも3日間放置していると確実に止まります。
時刻が完璧に正確でないと困るのは試験。
最後の1秒まで悪あがきしないといけないので。
交通機関の出発時間なんかよりよほど切実です。

さて、この度この止まった腕時計を電池交換に出しました。
なぜって来月には消費税の税率が上がるから。
Caliber Sの電池交換って結構高いんです。
今月は他にもいろいろ修理・購入をする予定にしています。
って、本当に10%に上がるんだよなあ、消費税。

2019年9月3日火曜日

落石

先日富士山で落石があり、直撃された登山客が亡くなったそうです。
非常に悲しい出来事です。
私は山男ではありませんが、1年か2年に1回
まあまあの高さの山に登ったりするので他人事ではありません。

ところで中学生のころ学校の行事でわりと高い山に登ったのですが、
前もっての説明の中で、落石があったら大きな声で
「落石!!」と叫ぶようにとの指示がありました。
英語だと"Rolling stone!!"なんでしょうかね。知りませんけど。
この一声があれば今回の死亡事故も最悪の事態は防げた可能性も。
最近のカジュアルな登山客にはそういう知識がないのかもしれません。

2019年9月2日月曜日

ハリポタGO開始から2ヶ月

[ハリポタGO]こと[ハリー・ポッター:魔法同盟]のサービス開始から2ヶ月。
コツコツ地味に遊び続けて現在レベル18。もう少しで19に上がりそうです。
感想は開始1ヶ月後の時と大して変わりませんが、
だんだんとコツがつかめてきた気はします。面白さも若干わかったような…
でも全体的にはそんなに面白くありません。
まあPokémonGOだってそんなには…

ともかく私の居住地域では過疎っているようで、
他のプレーヤーに出会ったことはありませんし、
砦で共闘したこともありません。
初期の頃は時々温室に種が植えてあったりもしましたが、
最近はとんと見かけません。
アクティブプレーヤーが奴隷くらいいるのかはわかりませんが、
かなり寂しいことになっている予感はします。
かわいそうなのでとりあえずプレーはし続けようかと。