2018年1月8日月曜日

Windows10のbashは遅い

Windows7への表示のさせ方先日セットアップしたWindows10とUbuntu14.04のデュアルブートPC。
もしかしてUbuntuを立ち上げなくても
Windows on Linuxで代替できるかも、
と思い立ちちょっと試してみたものの、どうも遅い気が。
そこでちょっと調べてみました。結果は下表となります。
もちろん同じ物理マシンでデュアルブートで環境を切り替えています。
またキャッシュは効かないように工夫しているつもりです。
 Windows on LinuxネイティブUbuntu
約1GBの.tar.gzファイルの展開約5分26秒
約1GBのファイルコピー15秒16秒
約1GBのファイルのmd5ハッシュ値計算7秒9秒
約150MBの.tar.gzファイルの展開6分30秒12秒

うーん、この結果だけでは何が悪いのか不明ですが、
Windows on Linuxには大きなボトルネックが存在してそうです。
時間を測定したわけではありませんが、
Cのソースコードからのビルド時間も
Windows on Linuxのほうが圧倒的に遅い気がしますし、
どうやら万能というには無理がありそうです。
まあしかしcygwinを入れなくていいのは助かります。
もっと高速に、そしてWindowsネイティブと
シームレスになると便利になるでしょうね。

0 件のコメント:

コメントを投稿